懸賞・小遣い ちょびリッチ


リサール切手集・切手雜感

目的はづれの切手デザイン

日本切手の繪柄について


消印の文字が讀めない切手の例

東川吉嗣


  と  爲  便  と  當  う  そ  る  手  切  う  投  へ  と  て  る  郵     
  が  の  物  よ  事  に  の  こ  を  手  に  函  往  で  お  者  便     
  意  實  が  り  者  す  切  と   ┐ を  し  し  く  郵  き  が  切  郵  
  味  行  い  も  が  る  手  で  消  貼  た  て  こ  便   `  ` 手  便  
  を  に  つ   ` い   ° が  郵  印  つ   ┐ 郵  と  物  そ  そ  と  切  
  持  着  受  そ  つ  こ  再  便 └   た  前  送  無  な  の  の  は  手  
  つ  手  け  の  買  の  び  物  で  郵  拂  申  し  ど  證  料  郵  と  
  の  し  付  證  つ  前  使  の  汚  便  ひ  込  に  を  書  金  政  は  
  で  た  け  券  た  拂  用  受  し  物  證  み  郵  郵  を  を  事  何  
   ` か  て  を  か  ひ  さ  付  て  は  券  を  便  便  貼  予  業  だ  
  現  と   ` 貼  と  證  れ  を  無   `└   出  ポ  局  付  め  を  ら  
  在  い  郵  つ  い  券  な  確  効  そ  で  來  ス  の  す  支  利  う  
  の  ふ  送  た  ふ  は  い  認  に  の  あ  る  ト  窓  る  拂  用  か  
  消  こ  行  郵  こ   ` よ  し  す  切  る  や  へ  口  こ  つ  す   ° 
                        `        °                      
  消  き  や  額  郵  の  便  請  果  は  成  便  な  止  お  て  月  印  
  印  さ  す  面  便  で  消  に  た   ` り  物  か  の  い  ゐ  日  に  
  の   ` く  や  切  極  印  お  し  消  う  そ  つ  た  て  る   ` は  
  文  扱   ` そ  手  め  の  い  て  印  る  の  た  め  は   ° 時   ┐ 
  字  ひ  郵  の  は  て  日  て  ゐ  の  こ  も  が  の   ` 郵  間  受  
  の  易  便  切  前  重  付  は  る  日  と  の   `  ┐ 單  政  帯  付  
  讀  さ  物  手  拂  要  が  郵   ° 付  が  の  郵  券  に  事 └   け  
  み   ` に  の  ひ  で  申  送  例  が  認  差  便  面  切  業  な  た  
  易  そ  貼  發  證  あ  請  申  へ  重  め  し  局  汚  手  開  ど  郵  
  さ  れ  付  行  券  る  日  請  ば  要  ら  出  の  し  の  始  が  便  
  が  に  し  元  と   ° と  書   ` な  れ  し  消 └   再  の  表  局  
  大  加  易  が  し  從  さ  類  特  役  て  證  印  で  利  時  示  名  
  切  へ  い  判  て  つ  れ  の  許  割  か  明  が  し  用  代  さ   ` 
  で  て  大  り   ` て  る  郵  申  を  ら  に  郵  か  防  に  れ  年  
      `           `                                     
  拒  濃  が  行  ザ  で  る  思  讀  る  著  い  み  郵     さ  造  あ  
  否  く   ` が  イ  發   ° へ  み  臨  し  も  易  便     れ  さ  る  
  す  て  い  予  ン  行  現  な  と  時  い  の  さ  切  と  よ  れ   ° 
  る  消  づ  定  切  さ  在  い  り  發  の  が  を  手  こ  う  に  更  
   ┐ 印  れ  さ  手  れ   ` も  を  行  は  多  無  の  ろ   ° く  に  
  デ  の  の  れ └   て  毎  の  拒  の   ┐ く  視  デ  が     い  發  
  ザ  文  券  て  は  ゐ  月  が  否  物  記  な  し  ザ   `    と  行  
  イ  字  面  ゐ  第  る  一  し  し  で  念  つ  た  イ  い     い  者  
  ン  の  の  る  十   ┐ 回  ば  て   ` 切  て  と  ン  つ     ふ  に  
 └   讀  繪  や  七  二  ほ  し  ゐ  消  手  來  し  に  の     條  と  
  で  み  柄  う  集  十  ど  ば  る  印 └   た  か  消  頃     件  つ  
  あ  と  も  で  ま  世  の  見  と  文  と   ° 言  印  か     も  て  
  る  り  色  あ  で  紀  間  ら  し  字  稱  そ  へ  の  ら     考  は  
   ° を  が  る  發  デ  隔  れ  か  の  す  の  な  讀  か     慮  模  
                                             `          
  的  使  の  べ  用  な  が  郵  根  も  に  消     ら  趣  手  ゐ  保  
  に  用  使  き  を  郵  あ  便  柢  の  つ  印     う  用  と  る  存  
  發  目  用  こ  當  便  る  事  に  で  い   ` 郵   ° の  し  と  用  
  行  的  目  と  て  事   ° 業  は  あ  て  端  趣     退  て  こ  の  
  す  に  的  で  込  業  切  が   ┐ る  の  書  は     藏  の  ろ  綴  
  る  そ  を  は  む  の  手  あ  目  が  蒐   ` 郵     を  使  か  じ  
  な  ぐ  拒  あ  こ  一  發  る  的   ` 集  封  便     期  用  ら  込  
  ら  は  否  る  と  つ  行 └   合  飽  や  書  事     待  を  し  み  
  ば  な  し  が  も  で  事  と  理  く  研   ` 業     し  見  て  帳  
   ` い   `  ` 肯  あ  業  い  性  ま  究  そ  に     て  込   ` も  
  そ  物  あ  切  定  り  は  ふ  に  で  を  の  伴     ゐ  ま  多  販  
  れ  を  る  手  さ   `  ` 大  徹  も  樂  他  ふ     る  ず  分  賣  
  を  意  い  本  れ  郵  重  前  し  そ  し  の  切     の   ` に  し  
  蒐  圖  は  來  る  趣  要  提  た  の  む  物  手     だ  郵  切  て  
                                       `                
  の  ん  と  用  れ  た  し  稀  制  賣  希  で  調  き     し  て  集  
  切  じ  し  的  ず  め   ` 少  限  に  望  あ  し  事     て  も  す  
  手  ら  て  な   `  ` 積  性  に  代  が  る  た  柄  記  ゐ   ` る  
  収  れ  健  繪  使  記  極  を  賣  へ  な  か  り  を  念  よ   ┐ 樂  
  集  る  全  柄  用  念  的  狙  る  て  い  ら  す  周  切  う  病  し  
  熱  や  な  か  さ  切  な  つ  べ   ` 限   ` る  知  手   ° 的  み  
  が  う  切  ら  れ  手  退  て  き  そ  り  一  た  徹  は     な  は  
  冷  に  手  遠  な  は  藏  發  物  の   ` 定  め  底  本     樂  意  
  め  な  蒐  く  い  あ  を  行  で  記  通  の  の  さ  来     し  味  
  て  つ  集  離  が  ま  期  枚  あ  念  常  期  手  せ   `    み  を  
  し  た  家  れ  た  り  待  數  る  切  切  間  段  た  記    └   持  
  ま   ° か   ` め  使  し  を  の  手  手  は  の  り  念     に  つ  
  つ  往  ら  結  に  用  た  限  に  を  の  客  一   ` す     堕  と  
  た  時  輕  果  實  さ  が  定   ` 無  販  の  つ  強  べ     落  し  
                                                        
                                      業  合  な  け  用  こ  
                                      が  理  郵  る  に  と  
                                      あ  性  趣  郵  耐  の  
                                      つ  を  サ  政  え  大  
                                      て  追  l  當  な  き  
                                      こ  求  ビ  局  い  な  
                                      そ  す  ス  の  切  理  
                                      の  る └    ┐ 手  由  
                                      郵  健  が  ト └   の  
                                      趣  全  あ  ン  を  一  
                                      で  な  る  チ  發  つ  
                                      あ  郵   ° ン  行  に  
                                      る  便  目  カ  し   ┐ 
                                       ° 事  的  ン  續  使  

リサール切手集玄關
この網上葉の經過
○平成二十九年四月十四日、電子飛脚の宛先を訂正。
○平成二十二年十二月三十一日、一部訂正。
○平成二十年三月十六日、誤字訂正。
○平成十五年十一月十七日、著者への電子飛脚の宛先を更新。
○平成十二年九月十五日、掲載。
御意見、御感想をお寄せ下さい。電子飛脚は、各ページの著作権者名またはこの★を押してお送り下さい。
★ 御 注 意 ★
  この網上頁(ページ)およびここから繋がる『リサール切手集』に所屬する網上葉(ページ)の著作權は下記に記した者が保有してゐます。これらの内容を閲覧するために、網際(インターネット)上から自分の機械へ電氣信號(データ)を取り込んで展開すること、ならびにその情報(データ)を網際通信(インターネット)を切斷して閲覧するために保存することは出來ますが、それ以外のいかなる複製・複冩・印字・譲渡・貸與行爲をも禁止致します。ご利用の際は事前にお申し込み下さい。
  ○引き紐を着けること(リンク)は御自由です。

著作權者    東川吉嗣(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)  平成十二年、乃至平成二十九年
CopyRight © 2000 - 2017 Higasikawa Yositugu

懸賞・小遣い ちょびリッチ


  紀元節を祝ひませう。一日も早く占領憲法の無効宣言をして、眞の獨立を。

 と  算  布  六  日  日  明  西  明  た  に  め  ひ  と     日  二 
 定  し  告  年  と  神  治  歐  治  の  納  來  こ  言    └┘ 月 
 め  て  し  に  被  武  五  諸  政  が  め  た  の  は  由     十 
 た   ┐  `  ┐ 定  天  年  國  府   `  ` り  み  れ  來     一 
  ° 二  明  紀 └   皇  十  の  は  睦  橿   ` こ  る        日 
 現  月  治  元  と  御  一  建  近  月  原  大  と   ┐ -      ・ 
 在  十  七  節  布  即  月  國  代  二  の  和 └   か        紀 
 の  一  年 └   告  位  に  記  國  十  宮  國  が  む  後     元 
  ┐ 日   ` と  し  相   ┐ 念  家  九  に  邊   ` や  に     節 
 建 └   太  稱  た  當  第  日  建  日  政  り  西  ま   ┐   ┌┐
 國  を  陽  す  が  に  一  に  設  と  府  を  國  と  神     建 
 記  紀  暦  る   ` つ  月  倣  に  の  を  支  か  い  武     國 
 念  元  に  む  明  き  廿  ひ  當  こ  置  配  ら  は  天     記 
 の  節  換  ね  治  祝  九   ` り  と  い  下  攻  れ  皇     念 
                          `  °            └        

 念  て  び  際  が  て  在  な  な  る  忘  記  捕  國  一  家  日 
 の  ゐ  て  場  定  受  す  古  國  の  れ  念  ら  家  日  の └  
 日  た  行  裏  め  け  る  い  に  は  さ  を  へ  建  に  や  は 
 が  時  け  で  ら  容  こ  安  例   ` せ  梃  て  設  し  う  こ 
 定  代  る  近  れ  れ  と  定  が  歴  な  子  記  事  て  な  れ 
 め  で  か  代  た  ら  は  し  多  史  い  に  念  業  な  巨  を 
 ら  あ  否  國  の  れ  當  た  い  の  仕  國  の  の  る  大  繼 
 れ  つ  か  家  は  て  り  國   ° 淺  組  家  時  何  物  な  ぐ 
 た  た  の  と   ` ゐ  前  で  我  い  み  建  日  ら  で  組  も 
 の  し  危  し  我  る  の  は  が  國  を  設  と  か  は  織  の 
 は   ` 機  て  が   ° こ   ` 國   ` 必  の  し  の  な  の   °
  ` 建  に  生  國  紀  と  國  の  不  要  印   ` 節  い  誕  近 
 我  國  面  き  が  元  と  が  や  安  と  象  そ  目  が  生  代 
 が  記  し  延  國  節  し  存  う  定  す  を  の  を   ` は  國 
                                                   

                                  に  れ  既  後  民  國 
                                   ` た  成  の  族  が 
                                  そ  時  事  米  精  敗 
                                  の  代  實  軍  神  戰 
                                  時  で  化  駐  が  に 
                                  代  あ  と  留  破  よ 
                                  は  つ  永  に  壞  る 
                                  今  た  續  よ  さ  占 
                                  も   ° 化  り  れ  領 
                                  續  遺  が  占   ` 政 
                                  い  憾  確  領  占  策 
                                  て  な  か  政  領  を 
                                  ゐ  こ  め  策  終  受 
                                  る  と  ら  の  了  け 
                                   °              `
  ☆この文章は「今日といふ日」から轉載したものです。著作權者 坊垣河原雲陳 平成十六年、乃至平成十九年 CopyRight © 2004 - 2007  Bonngaikawara Unntinn

◎占領下で作られた憲法に就いて、法律の專門家の立場から、素人に判りやすく解説したページがあります。是非とも、一讀されることをお勧めします。それは、南出喜久治さんの現行憲法無効宣言問答集です。

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO