西日暮里

西日暮里大吉のここは西日暮里

日暮里巡禮散歩


間之坂から諏訪參道を經て日暮里へ・天王寺・三崎坂・全生庵・六阿彌陀道から切り通し道へ
  メ     を  ト     街  四     ス  次     た  地  欄  意  い  内  ン  た        日  
  l  三  感  ル  二  と  キ  一   ` の  こ  日  圖  ∧   ` 歩  容  ド  の  こ        
  ト   ` じ      ` 下  ロ   ` 計  區  こ  本  入  六  準  き  は  ブ  し  こ     暮  
  ル  隅  る     史  町  メ  區  十  内  に  地  り  十  備  の  歩  ッ  く  に        
  八  田     宿  跡  の  l  役  一  七  紹  圖  モ  一  運  姿  く  ク  歩  東     里  
  百  川     場  巡  活  ト  所  コ  コ  介  か  デ  回  動  勢  こ └   こ  京        
     周     町  り  氣  ル  ・  l  l  さ  ら  ル  分  と   ` と  と  う  都     巡  
     邊     と  コ  が  八  自  ス  ス  れ  成  コ  の  整  安  の  い  ─  荒        
  川  コ     し  l  つ  百  然  で  と  た  つ  l  記  理  全  利  ふ  ─  川     禮  
  の  l     て  ス  ま     公  あ  隣  モ  て  ス  入  運  に  點  小  ウ  區        
  手  ス     發     つ     園  る  接  デ  ゐ   ` が  動  歩  を  さ  ォ  が     散  
  人        展     て  行  コ   ° 四  ル  る  歩  で   ` く  説  な  l  發        
  情        し  三  ゐ  政  l     區  コ   ° 數  き  歩  た  き  本  キ  行     歩  
   ` 三     た  キ  る  の  ス     の  l     で  る  行  め   ` が  ン  し        
  新  キ     歴  ロ     中        四  ス     示  ∨  記  の  正  あ  グ  た        
  し  ロ     史  メ     心        コ  は     し   ` 録  注  し  る  ハ   ┐       
              l              l                        °             

  ん  ト     泉  葉        し  お  ト     つ  三     る  ト     ッ  ル     る  い  
  だ  ル  北  寺   ┐    台  め  し  ル  七  て  キ  六  ふ  ル  5  ピ  七  四     も  
  田  四  區  界  た  二  東  る  や  八   ` 走  ロ   ` る  三   ` ン  百   `    の  
  端  百     隈  け  キ  區     れ  百  日  る  メ  レ  さ     渡  グ     町     と  
  か     飛  か  く  ロ        な     暮  都  l  イ  と     し  が     屋     古  
  ら     鳥  ら  ら  メ   ┐    商     里  電  ト  ン  の  氣  場  樂  賑  コ     い  
   ` 文  山  上  べ  l  た     店  寺  寺  と  ル  ボ  味  取  跡  し  は  l     も  
  櫻  士  巡  野 └   ト  け     街  社  社  文  八  l  が  り  コ  め  ひ  ス     の  
  の   ` り  へ  の  ル  く     の  の  巡  化  百  ・  あ  の  l  る  と        と  
  名  藝        舞  八  ら     兩  集  り  が     三  る  な  ス     ウ        の  
  所  術        臺  百  べ     方  ま     溢     業     い        イ  三     調  
  飛  家  三     と    └      の  る     れ  街  コ     親        ン  キ     和  
  鳥  が  キ     な     の     魅  諏  三  て  と  l     し  三     ド  ロ     が  
  山  移  ロ     つ  樋  舞     力  訪  キ  ゐ  溶  ス     み  キ     ウ  メ     樂  
  へ  り  メ     た  口  臺     が  臺  ロ  る  け        溢  ロ     シ  l     し  
     住  l     龍  一  裏     樂  と  メ     合        れ  メ     ョ  ト     め  
                                l                 l                 

     び  所  原  で  児     添  て  を  を  く     へ  る  と  ト     經  高  ロ     
  さ  で  の  間  示  島  ま  へ  ゐ  歩  一   ` 以     帝  し  ル  葛  て  い  メ  足  
  て  あ  刊  な  し  縣  た  た  る  く  番  區  上     釋  て  百  飾  一  西  l  立  
   ` る  行  ら  て  指  日  と   ° べ  に  内  で     天  有     區  茶  新  ト  區  
  こ   ° 物  十  あ  宿  本  こ  し  く  取  の  あ     參  名        の  井  ル     
  の     に  二  り  ま  地  ろ  か  地  り  コ  る     道  な   ┐ 柴  句  大  四  島  
  本     し  万   ` で  圖  は  し  圖  上  l  が     を  葛  男  又  碑  師  百  根  
  の     て  歩  例   ` は  上   ` 入  げ  ス   `    經  飾  は  コ  で  か     六  
   ┐    は  と  へ  主  北  出  隣  り  て  は  お     て  柴  つ  l  名  ら     月  
  日     氣  示  ば  要  海  來  接  で   `  ` 役     江  又  ら  ス  高  島  厄  町  
  暮     の  し   ` 都  道  と  區  路  全  區  人     戸   ° い     い  根  除  散  
  里     利  て  東  市  稚  い  の  線  て  役  の     川  味  よ     炎  町  け  歩  
  寺     い  ゐ  京  間  内  へ  コ  を  區  所  仕     の  覺 └   三  天  六  開     
  社     た  る  ・  を  か  る  l  設  内  コ  事     河  を  の  キ  寺  月  運     
  巡     お   ° 小  歩  ら   ° ス  定  の  l  ら     川  そ  舞  ロ  へ  町  で  四  
  り     遊  役  田  數  鹿     も  し  み  ス  し     敷  そ  臺  メ     を  名  キ  
 └                                                   l              

  士  兩  と  つ  る  今  あ  尊  多  宗  と     な  な  筆  禮  者  要  く  て  す  で  
  が  側  左  て   ┐ も  る  が  い  淨  諏  ま  い  ど  者  散  の  は  に  通  ぐ  は  
  見  に  手  し  富  富   ° 江  寺  光  訪  ず   ° の  は  歩  日  な  は  る  目  荒  
  え  高  は  ま  士  士  こ  戸  で  寺  神   `    異  佛 └   頃  い   ` や  の  川  
  る  い  法  つ └   が  の  六  あ  で  社  住     ヘ  ヘ  と  の  の  何  う  前  區  
   ° ビ  光  た  地  見  寺  地  る  あ  で  ま     寺  徒  銘  散  で  も  に  に  域  
     ル  寺  と  名  え  の  藏  が  る  あ  ひ     院  な  打  歩   ` お  な  あ  の  
     が  の  い  で   ` 門  の   `  ° り  に     は  の  つ  コ  お  役  つ  る  み  
     建  煉  ふ  は  東  前  一  銅  と   ` 近     巡  で  て  l  せ  人  て  有  を  
     ち  瓦   ° 唯  京  の  つ  製  に  そ  い     拝   ` 紹  ス  つ  の  ゐ  名  選  
      ` 塀  こ  一  の  富  と  の  か  の  間     の  キ  介  を  か  指  る  寺  ん  
     そ  で  こ  の  富  士  し  大  く  別  之     對  リ  す   ┐ い  圖   ° 院  で  
     の   ` か  も  士  見  て  き  お  當  坂     象  ス  る  日  な  に  個  で  歩  
     間  正  ら  の  が  坂  有  な  葬  が  を     に  ト   ° 暮  が  從  人  も  く  
     に  面  望  に  見  は  名  地  式  眞  登     は  ヘ  な  里  ら  ふ  で  避  の  
     富  の  む  な  え   ` で  藏  の  言  る     し  會  ほ  巡  筆  必  歩  け  で  
                                                `                 ` 

  蓮  む     り  な  と  江  に     秋  の  天  い  日     ぐ  と  櫻  夜  る  り     
  宗  と  經   ° つ  情  戸  は  諏  は  銃  を  山  暮  啓  左  左   ` の   ° の  諏  
  本   ` 王     た  を  城  日  訪  萩  彈  祀  門  里  運  内  に  夏  鐘  今  仁  訪  
  行  左  寺     と  交  大  蓮  參  が  の  つ  が  驛  寺  側  日  は  を  も  王  參  
  寺  側  か     の  わ  奧  宗  道  美  跡  て  あ  前  に  に  蓮  ボ  撞  晩  門  道  
  が  に  ら     こ  す  の  延  を  し  が  ゐ  る  の  接  毘  宗  タ  か  鐘  が  を  
  あ  月  日     と  と  女  命  挾  い  殘  る   ° 道  し  沙  啓  ン  せ  が  あ  南  
  る  見  暮      ° い  中  院  ん   ° つ   ° 日  路  て  門  運  が  て  鳴  る  に  
   ° 寺  里     境  ふ  が  が  で     て  山  蓮  へ  經  堂  寺  美  く  り  眞  進  
  境  と  驛     内  芝  密  あ  經     ゐ  門  宗  出  王  が  が  し  れ   ` 言  む  
  内  し  に     に  居  か  る  王     る  に  經  た  寺  あ  あ  い  る  大  宗  と  
  に  て  む     椎  の  に   ° 寺      ° は  王  所  の  る  り   °  ° 晦  養  左  
  は  有  か     の  モ  外  こ  と     春  戊  寺  の  塀   °  ` 更  春  日  福  手  
  月  名  つ     巨  デ  の  の  反     は  辰  は  左  が     門  に  は  に  寺  に  
  見  な  て     木  ル  坊  寺  對     柳  戰  大  に  續     の  進  八  は  が  朱  
  の  日  進     あ  に  主  は  側     櫻  役  黒  古  き     す  む  重  除  あ  塗  
                                 `           `                      

  を  は  が  の  散  稲  に  こ  と     が  で  ヘ  あ  も  天  所  の  中     あ  句  
  這   ` 何  右  歩  荷   ┐ こ  諏  天  懸  も  大  り  多  王  が  上  墓  本  る  碑  
  入  ま  軒  側  で  を  お  か  訪  王  か  光  師   ` く  寺  江  手  地  行   ° お  
  つ  づ  も  を  は  祀  仙  ら  參  寺  つ  つ  の  毘   ` で  戸  の  を  寺     よ  
  た   ` あ  下   ` る  の  右  道  の  て  た   ┐ 沙  門  あ  時  道  通  か     び  
  左  眞  る  る  そ  功  茶  へ  と  正  ゐ  へ  明  門  内  る  代  を  る  ら     太  
  側  言  が   ° ち  徳  屋  諏  出  門  る  よ  ら  堂  に   ° の  通  か  は     田  
  に  宗   ` こ  ら  林 └   訪  會  を   ° 法  け  も  は  寺  富  り   ` 台     道  
  寂  觀  坂  の  へ  寺  で  道  ふ  出     の  く  あ  ビ  域  籤   ` あ  東     灌  
  れ  智  の  坂  行  が  名  を  三  て     と  後  る  ル  に  で  紅  る  區     物  
  た  院  右  の  か  あ  高  戻  崎  そ     も  の   ° シ  は  有  葉  い  域     見  
  感  が  側  兩  ず  る  か  れ  坂  の     し  佛  本  ャ  著  名  坂  は  へ     臺  
  じ  あ  に  側  に  が  つ  ば  上  ま     び  の  堂  ナ  名  な  を  日  進     跡  
  の  り  面  に  三   ` た   ` へ  ま    └   御  に  大  人  天  登  暮  み     の  
  護   ` し  は  崎  こ  笠  右  出  進     の  世  は  佛  の  臺  つ  里   `    碑  
  摩  門  て  寺  坂  の  森  手  る  む     額  ま  傳  が  墓  宗  た  驛  谷     が  
                           °                                       

天王寺天王寺の大佛天王寺の毘沙門堂 

     く  て  寺     は  し  稲  の  日  手  が     る  ピ  忌  妙        り     堂  
  更  れ  ゐ  が  更  菊  む  を  軒  蓮  に  あ  全   ° ン  や  心  更      ` 少  が  
  に  る  る  あ  に  祭  こ  植  下  宗  折  る  生     と   ` 寺  に     本  し  あ  
  北   °  ° り  北  り  と  え  と  立  れ   ° 庵     張  早  派  下     堂  坂  る  
  上     こ   ` 上  の  が  て  道  善  て  長  の     り  朝  全  る     前  を   ° 
  す     こ  本  す  大  で  ゐ  の  寺  北  久  す     詰  座  生  と     に  下     
  る     も  堂  る  圓  き  る  間  が  上  寺  ぐ     め  禪  庵   `    大  る     
  と     除  前  と  寺  る  の  の  有  す  下  下     た  會  が  山     師  と     
   `    夜  に  左  の   ° で  狹  り  る  の  に     心  で  あ  岡     堂  眞     
  す     の  福  手  裏  道   ` い   ` と  六  は     を  有  り  鐵     が  言     
  ぐ     鐘  徳  に  門  を  稲  と  境   ` 阿  日     誘  名   ` 舟     建  宗     
  右     を  稲  日   ° 隔  の  こ  内  す  彌  蓮     ふ   ° 八  が     つ  明     
  手     撞  荷  蓮     て  生  ろ  の  ぐ  陀  宗     も  境  月  建     て  王     
  に     か  を  宗     た  長  に  保  右  道  長     の  内  の  て     ゐ  院     
  長     せ  祀  宋     左  を  毎  育  に  へ  久     が  に  圓  た     る  が     
  明     て  つ  林     側  樂  年  園  は  右  寺     あ  は  朝   `     ° あ     
                                                                    

  を  が     五  で  こ  こ  西     あ  る        つ  手     士  の  宗  と  里  院  
  用  多  こ  分  あ  ろ  こ  日  こ  る   ° 更     て  に  富  見  彫  法  右  驛   ` 
  ゐ  い  の  で  る  が  を  暮  こ   ° 境  に     ゐ  日  士  坂  り  光  手  前  左  
  る   ° コ  あ   ° 間  右  里  か     内  進     て  蓮  見  で  物  寺  に  か  に  
  例  日  l  る  こ  之  折  驛  ら     に  む      ` 宗  坂  あ  は  が  禪  ら  日  
  が  蓮  ス   ° の  坂  し  の  更     は  と     本  修  を  る  見  あ  宗  の  蓮  
  多  宗  途     一  下  て  廣  に     道  右     堂  性  登   ° 事  る  南  道  宗  
  く  で  上     周   ` 切  い  六     閑  手     横  院  ら     で   ° 泉  を  本  
   ` は  に     コ  即  り  切  阿     山  に     に  が  ず     あ  法  寺  横  授  
  こ  寺  は     l  ち  通  り  彌     船  禪     布  あ  に     る  光   ` 切  寺  
  の  紋  日     ス  西  し  通  陀     繋  宗     袋  る  更      ° 寺  そ  つ  が  
  コ  に  蓮     で  日  を  し  道     松  青     堂   ° に     す  の  の  て  あ  
  l  橘  宗     丁  暮  抜  道  を     の  雲     が  布  進     ぐ  本  隣  更  る  
  ス  と  の     度  里  け  へ  進     石  寺     あ  袋  む     横  堂  に  に   ° 
  の  井  寺     三  驛  た  出  む     碑  が     る  を  と     は  の  法  進  日  
  寺  筒  院     十  前  と  て  と     が  あ      ° 祀  右     富  龍  華  む  暮  
                        `                                           

                       と  せ  れ  の  寺  院  他     て   ┐ 判  紋  橘  見  院  
                       が  ば  る  で   `  ` に  こ  ゐ  本  り  の  と  る  に  
                       で   `  °  ` 興  觀  龍  の  る └    ` デ  菊  と  も  
                       き  更  更  適  禪  音  泉  散  の  の  興  ザ  の   ` 橘  
                       る  に  に  宜  寺  寺  寺  歩  も  字  味  イ  組  橘  紋  
                        ° 多  三  立   `  `  ` 道  お  を  深  ン  み  の  が  
                          く  崎  ち  安  加  了  で  も  六  い  が  合  根  多  
                          の  坂  寄  立  納  完  圍  し  つ   ° 異  は  の  い  
                          寺  か  る  寺  院  院  ま  ろ  車  ま  な  せ  有   ° 
                          院  ら  コ   `  `  ` れ  い  に  た  つ  な  無  し  
                          を  南  l  福  常  靈  る   ° し  法  て  ど   ` か  
                          參  へ  ス  相  在  梅  域     て  光  ゐ   ° 井  し  
                          拝  足  が  寺  寺  院  内     櫻  寺  る  少  筒   ` 
                          す  を  考  が   `  ` に     を  の  こ  し  の  詳  
                          る  伸  へ  あ  養  海  は     描  紋  と  ず  有  し  
                          こ  ば  ら  る  泉  藏   `    い  は  が  つ  無  く  
                                                               `    

玄關へ   掲示板へ   西日暮里八景へ
この網上葉の履歴
○平成二十九年四月二十三日、電子飛脚の宛先更新。
○平成十四年三月二十一日、増補。
○平成十二年六月十七日、掲載。
★ 御 注 意 ★
  この網上葉(ページ)およびここから繋がる網上頁『ここは西日暮里』に關する網上葉(ページ)の著作權は下記に記した者が保有してゐます。これらの網上葉(ページ)の内容を閲覧するために、網際(インターネット)上から自分の機械へ信號(データ)を取り込んで展開すること、ならびにその情報(データ)を網際(インターネット)を切斷して閲覧するために保存することは出來ますが、それ以外のいかなる複製・複冩・印字・譲渡・貸與行爲をも禁止致します。
  ○引索(リンク)は御自由です。
著作權者  西日暮里大吉 平成十二年、乃至平成二十九年
CopyRight 2000 - 2017 NisinipporiDaikiti

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO