雲陳の言葉の診療所・展示室

隙 間 っ 風

一日の始まりは笑顔で明るい挨拶から

○ラジオ放送は隙間を嫌ふ、そして雜誌も
○魑魅魍魎--境界領域の化け物
○消費税實施の隙間
○オモテ本とウラ本
○境界領域の達人現はる
○題材と記事の隙間



  組  な  と        て  ○     號  陳  ま  の  も  平  と └         
  の  番  不  ラ     雜  ラ     と └   ま  誤  の  成  し  の  こ     
  途  組  思  ジ     誌  ジ     掲  で  と  り  で  元  て   ┐ の     
  中  の  議  オ     も  オ     載  あ  し  を   ` 年   ` 隙  短  隙  
  に  變  な  を        放     ペ  る  た  正  文  十  昭  間  文  間  
  も  り  こ  か        送     l   °  ° し  字  二  和  っ  集  っ  
   ` 目  と  け        は     ジ  文  掲  た   ` 月  六  風  は  風  
  實  だ  に  っ        隙     を  末  載  ほ  假  號  十 └   雜     
  に  け  氣  放        間     示  に  時  か  名  ま  四  と  誌     
  た  で  が  し        を     し  掲  の  は  遣  で  年  い   ┐    
  び  は  つ  に        嫌     た  載  筆   ` ひ  掲  一  ふ  バ     
  た  な  く  し        ふ      ° 誌  名  掲   ` 載  月  圍  ウ     
  び  く   ° て         `       の  は  載  句  さ  號  み  ン     
  音   ` 色  ゐ        そ        刊   ┐ 時  讀  れ  か  記  ダ     
  樂  番  々  る        し        行  雲  の  點  た  ら  事  リ     
                                                  l     

  雜  ラ     た  入  に  そ  と  音  を  と  は  で  時  の  で  と  が  
  誌  ジ  音  音  さ  音  し  考  と  音  ら  聴  は  間  上  あ  し  流  
  も  オ  を  の  れ  が  て  へ  音  の  れ  取  音  が  相  ら  て  さ  
  や  放  印  連   ` 流  ラ  ら  の  形  る  者  樂  經  談  う   ` れ  
  は  送  刷  續  一  れ  ジ  れ  隙  で   ° か  を  過  で  と  朗  る  
  り  は  に  が  見   ` オ  て  間  流  放  ら  ど  し  あ   ` 讀   ° 
  餘   ` 置  形   ` 唐  か  ゐ  は  す  送  の  う  た  ら  對  で  本  
  白  雜  き  成  ギ  突  ら  る  あ  仕  は  希  ぞ  と  う  談  あ  來  
  と  誌  換  さ  ッ  に  は  の  つ  事  商  望 └   み  と  で  ら  の  
  い  に  へ  れ  シ  音  引  か  て  で  品  曲  と  る   ` あ  う  音  
  ふ  相  て  る  リ  樂  く  も  は  あ  で  と  く  や  ひ  ら  と  樂  
  隙  當  み   ° と  や  き  し  な  る  あ  い  る   ` と  う  醫  番  
  間  し  る     詰  歌  り  れ  ら  た  る  ふ   °  ┐ し  と  學  組  
  を  よ  と     ま  が  な  な  な  め  番  形  時  そ  き   ` 相  は  
  嫌  う   `    つ  挿  し  い  い   ` 組  も  に  れ  り  身  談  別  
      °                 °                               

  で  判  字           ○     九     な  に  び  で  い  入  圍  ふ  
  あ  ら  面  魑        魑     ペ  ∧  の  と  て  あ  く  れ  み   ° 
  る  な  を  魅        魅     l  昭  で  つ  ゐ  り   ° た  記  記  
   ° い  見  魍        魍     ジ  和  あ  て  な   ` こ  り  事  事  
  鬼  化  る  魎        魎     ∨  六  る  は  い  そ  れ  し  を  の  
  は  け  だ  と        |        十   ° 餘  は  れ  は  て  入  最  
  人  物  け  は        |        四     白  づ  な  文  何  れ  後  
  が  で  で  一        境        年     と  で  り  字  と  た  に  
  死  あ  も  體        界        一     い  あ  の  通  か  り  餘  
  ん  る  何  何        領        月     ふ  る  値  り  餘   ` 白  
  で  こ  と  で        域        號     隙  が  打   ┐ 白  自  が  
  魂  と  な  あ        の         `    間   ` ち  穴  を  社  生  
  の  は  く  ら        化        第     は  編  し  埋  埋  廣  じ  
  脱  確  譯  う        け        三     嫌  集  か  め  め  告  れ  
  け  か  の  か        物        十     ひ  者  帯 └   て  を  ば  
            °                                         ` 

  か  帝  こ  が  徴  の  に  威  前  た  い  る  の  く  い  分  ら  た  
  れ  位  の  鼎  で  使  帝  的  の  と   ° か  性  ら  ま  の   ┐ 脱  
  て  を  時  の  あ  官  位  な  楚  い  し  ら  質  ∨  ∨  み  ■  け  
  を  示  の  輕  る  の  を  閲  の  ふ  か   ` を  く  だ  の  ∧  殻  
  り  す  王  重  鼎  王  譲  兵  莊   ° し  な  持 └  └   字  は  で  
   ` 鼎  孫  を  の  孫  る  式  王  今  實  か  つ  て  達  ∨  な  あ  
  そ  に  滿  問  樣  滿  や  を  が  か  際  な  て   ` し  れ  ∨  る  
  れ  は  の  ふ  子  に  う  擧  周  ら  は  か  ゐ   ┐ て └   ∧  が  
  は  魑  説  た  を  對  壓  行  の  二  繪  想  る  兩  を  て   ┐  ` 
  人  魅  明  事  尋  し  力  し  都  千  で  像  と  ∧  ら  を  離  そ  
  々  と  に  件  ね   ` を  て   ` 五  示  が  い  ふ  ず  り └   れ  
  が  魍  拠  で  た  帝  か  周  洛  百  さ  つ  ふ  た   `  ` の  が  
  山  魎  る  あ   ° 位  け  の  陽  年  れ  き  の  ∨   ┐  ┐ 扁  本  
  や  が  と  る  こ  の   ` 定  で  ほ  て  に  で  つ  罔  未  の  筋  
  川  描   `  ° れ  象  周  王  示  ど  ゐ  く  あ └   ∧  ∧  部  か  
                                                        

  こ  い     し  を  の  如  獣  い  歳  ゐ  ま  で  稀     に  を  で  
  の  は  敵  め  惑  存  く  の  づ  児  る  れ  あ  に  そ  ヘ  避  化  
  手  鬼  が  て  は  在  で  如  れ  の  と   ` つ  現  の  へ  け  け  
  で  な  人  き  し  で  實  く  も  や  い  四  た  れ  時  る  て  物  
  何  ら  な  た   ` あ  體  で  人  う  ひ  つ  ら  て  代  た  災  に  
  と  ば  ら  と  惱  る  が  獣  の  な   ` 足  し  は  に  め  難  突  
  か  勝  ば  い  ま   ° あ  と  如  姿  魍  の  い  人  は  で  を  然  
  對  手   ` ふ  せ  こ  る  は  く  で  魎  獣   ° に  魑  あ  ま  出  
  策  知  獣  の   ` れ  と  異  で  水  は  で  魑  害  魅  る  ぬ  く  
  も  つ  な  で  害  が  い  な  人  に  赤  人  魅  を  も  と  が  わ  
  立  た  ら  あ  を  太  ふ  り  で  棲  黒  の  は  與  魍  い  れ  し  
  て  る  ば  る  與  古  境   ` は  む  い  顔  山  へ  魎  ふ  う  て  
  ら  あ   `  ° へ  か  界  幽  な  と  色  を  林  る  も   ° る  も  
  れ  の  あ      ` ら  線  霊  く  い  の  し  で  も  極     や  そ  
  よ  手  る     苦  人  上  の   ` ふ  三  て  生  の  く     う  れ  
                              °                         

     ○     ジ     一  の     と  も  し  よ  に  徳  あ  大  獣  う  
     消     ∨  ∧  體  魑  あ  が  辛  て  り  説  望  る  抵  に  と  
     費        平  何  魅  の  で  う  實   ` 明 └    ° の  も  い  
     税        成  で  魍  手  き  じ  體  軍  し  で  そ  者   ` ふ  
     實        元  あ  魎  こ  た  て  を  事  て  あ  れ  は  鬼  も  
     施        年  ら  に  の  の  楚  失  力  ゐ  る  に  面  に  の  
     の        三  う  對  手  で  の  ひ  も  る  と  對  食  も  で  
     隙        月  か  處  の  あ  壓  つ  劣   ° 王  處  ら  あ  あ  
     間        號   ° で  通  る  力  つ  り  王  孫  で  つ  ら  る  
               `    き  じ   ° か  あ   ` 孫  滿  き  て  ず  が  
              第     る  な     ら  つ  領  滿  は  る  し   `  ` 
              四     奥  い     脱  た  土  の  楚  の  ま  と  人  
              十     の   `    す  周  も  辯  の  は  ふ  な  に  
              九     手  現     る  王  縮  舌  莊   ` の  る  も  
              ペ     は  代     こ  朝  小  に  王   ┐ で  と   ` 
              l                                         

  が  の  こ  で  の  き  で  作  の  税  動  全  が  さ  終  の  消     
  吹  一  ろ  も  中  抜  も  動  所  業  し  國  載  れ  夜  朝  費  さ  
  い  つ  が  な  を  け  な  し  で  者  始  一  せ  た  營  の  税  る  
  て  で  日  い  わ  て  い  な  は  や  め  寸  ら  の  業  新  が  四  
  ゐ  ピ  が  の  た  こ   ° い  消  非  た  の  れ  を  店  聞  實  月  
  る  ュ  經  と  る  そ  風  が  費  課  わ  隙  て  の  の  紙  施  一  
  の  l  つ  同  風  隙  を   ` 税  税  け  間  ゐ  ぞ  レ  で  と  日  
  に  ピ  に  じ  は  間  遮  こ  は  取  で  も  た  い  ジ   ` な  午  
  氣  ュ  つ  原  隙  っ  る  れ  百  引  あ  な   ° て  で  午  つ  前  
  が  l  れ  理  間  風  戸  は  パ  な  る  く  み  ゐ  消  前  た  零  
  つ  と  て  で  っ  で  の  隙  l  ど   ° 消  ご  る  費  零   ° 時  
  い  隙  政  あ  風  あ  間  間  セ  の  勿  費  と  客  税  時  四  を  
  た  間  府  る  で  り  か  で  ン  適  論  税  に  の  が  直  月  期  
   ° っ  機   ° も   ` ら  も  ト  用   ` が  日  冩  表  後  一  し  
  筆  風  關  と  何  林  吹  何  は  外  免  作  本  眞  示  の  日  て  
                                                        

  は  に  年  手  郵  た  と  政  の  で  色  れ  降  で  リ  だ  ゐ  者  
  必   ` 度  間  便  二  に  省  郵  料  も  ば  で  あ  で  け  る  の  
  定  配  替  を  物  圓  な  は  便  金  同   ` あ  る  は  の  と  手  
  で  達  り  か  に  や  る  受  物  を  じ  こ  る   ° あ  舊   ` 元  
  あ  業  の  け  付  一  と  取  を  判  で  れ   ° 消  る  料  六  へ  
  る  務  郵  て  箋  圓  説  人  區  定  あ  は  七  印  が  金  十  來  
   ° は  便  配  を  の  明  か  別  す  る  七  十  は  堂  の  圓  る  
  そ  麻  物  達  貼  取  し  ら  し  る   ° 十  二  明  々  封  切  郵  
  こ  痺  の  し  つ  り  て  不  て  機  切  圓  圓  瞭  と  書  手  便  
  で  し  多  て  て  立  ゐ  足  く  械  手  切  切  に  屆  が  や  物  
  一  て  い  ゐ  書  て  た  分  れ  は  の  手  手  四  い  ポ  七  を  
  圓  し  こ  た  留  の  が  を  な  二  周  と  を  月  て  ツ  十  整  
  や  ま  の  の  同  た   ` 貰  い  圓  圍  圖  例  一  ゐ  リ  圓  理  
  二  ふ  時  で  樣  め  た  ふ   ° 不  の  柄  に  日  る  ポ  切  し  
  圓  の  期  は  の  に  つ  こ  郵  足  色  も  と  以  の  ツ  手  て  
                                                        

  本  で  密        ○     ジ     て  し  い  せ  大  圓  せ  つ  の  
  と  あ  封  紳     オ     ∨  ∧  ゐ  て  ふ  ね  量  玉  う  て  不  
  ウ  る  し  士     モ        平  る  生  譯  ば  の  で  と  く  足  
  ラ   ° た  用     テ        成  の  ま  で  な  一  支  し  る  料  
  本  そ  の  の     本        元  で  れ  消  ら  圓  拂  て  わ  金  
  が  の  は  冩     と        年  あ   ` 費  な  玉  は  も  け  は  
  あ  所  な  眞     ウ        五  る  ピ  税  い  を  れ  一  で  事  
  り  謂  か  集     ラ        月   ° ュ  の  こ  持  る  圓  あ  實  
   ` ビ  な  を     本        號     l  隙  と  つ  こ  不  る  上  
  オ  ニ  か  ビ               `    ピ  間  に  て  と  足   ° 請  
  モ  本  の  ニ              第     ュ  は  な  郵  を  の  そ  求  
  テ  に  ア  l              六     l  あ  る  便  考  客  れ  不  
  と  オ  イ  ル              十     と  る   ° 配  へ  か  を  能  
  ウ  モ  デ  袋              六     吹  べ  か  達  れ  ら  強  と  
  ラ  テ  ア  で              ペ     い  く  う  を  ば  十  行  な  
                          l                             

  は   ┐ た  ウ  こ  倍  中  ん  れ  を  奇  あ  具  押  は  と  ゐ  で  
  大  論  人  ラ  と  く  を  に  た  古  書  る  體  さ  ビ  傳  た  そ  
  切  語  に  本   ° ら  見  そ   ° 本  の   ° 的  れ  デ  聞  と  れ  
  に └   聞  で   ┐ ひ  て  れ  中  屋  一  と  事  て  オ  過  い  ぞ  
  保  や  く  あ  本  の   ` を  國  で  つ  こ  情  ゐ  テ  去  ふ  れ  
  存   ┐ と  る  當  分   ┐ 見  か  大  と  ろ  に  る  l  形   ° の  
  し  金   `  ° の  量  本  せ  ら  枚  い  で  は  と  プ  で   ┐ 名  
  て  瓶  中  中  ヤ  が  當  る  來  を  は  筆  ト  聞  の  書  :  作  
  を  梅  國  國  ツ  あ  の  と  日  は  れ  者  ン  く  普  い  :  が  
  り └   の  生 └   り  ヤ   ` し  た  る  は  と  し  及  た  ゐ  隆  
   ` な  古  活  と  ま  ツ  パ  て  い   ┐ 中  疎   ` に  の  た  盛  
  世  ど  い  の  は  す  は  ラ  ゐ  て  金  國  い  ビ  ビ  は  と  を  
  の  の  家  永   `└   こ  パ  た  手  瓶  古  か  ニ  ニ   ` い  極  
  中  古  で  か  所  と  れ  ラ  李  に  梅  典  ら  本  本  昨  ふ  め  
  が  典  は  つ  謂  の  の  と  さ  入 └   の  で  の  が  今 └   て  
                                                        

  二  が  つ  つ  う  先  る  ろ  段  公  ば  と  ど  猥  金  店  れ  ど  
  人  な  ま  い  に  が   ° に  落  の  主   ° も  褻  瓶  の  て  う  
  の  い  り  て  懇   `  ┐ な  な  一  人  筆   ` な  梅  人  ゐ  變  
  動  や  段  詳  ろ  微  本  り  ど  人  公  者  す  内 └   に  る  は  
  作  う  落  し  に  に  當  ま  で   ` の  の  ぐ  容  が  話  と  ら  
   ` に  か  く  な  入  の  し  は  潘  西  手  に  で  這  し  い  う  
  行  ビ  ら  表  つ  り  ヤ  た   ┐ 金  門  元  賣   ` 入  た  ふ  と  
  動  ッ  次  現  て  細  ツ └   :  蓮  慶  に  れ  少  り  ら   °  ` 
   ` シ  の  し   ` に └   で  :  を  が  あ  ま  し  ま   ` そ  秘  
  表  リ  段  て  ど  渡  で  を  二  手  三  る  し  高  し   ┐ の  か  
  情  と  落  ゐ  う  り  は  し  人  込  人  本  た  か  た  う  話  に  
  が   ` の  る  し   ` こ  ま  は  め  の  は └   つ  が  ち  を  讀  
  具  濃  間  と  た  ど  こ  ひ  ね  に  女   ` と  た   ` に  別  み  
  體  密  に  い  か  の  か  で  ん  し  主  例  の  け  大  も  の  繼  
  的  に  隙  ふ  に  や  ら  あ  ご  た  人  へ  こ  れ  變   ┐ 書  が  
            °                                           

     ジ     不  隙  ば  得  ば  體  オ  か  ご  な  に  て  な  こ  に  
     ∨  ∧  滿  間  有  な  オ  な  モ  な  と  い  は   ` り  れ  表  
        平  は  の  り  い  モ  の  テ  い  の  の  隙  ウ  ま  を  現  
        成  つ  存  難  こ  テ  か  本  の  表  で  間  ラ  し  オ  さ  
        元  の  在  く  と  本  も  の  で  の  あ  の  本  た  モ  れ  
        年  る  を  拝  に  は  知  隙  あ  裏  る  存  の └   テ  て  
        七  の  知  讀  な  一  れ  間  る  の   ° 在  存  と  本  ゐ  
        月  で  つ  し  る  種  な  こ  が  間  さ  す  在  い  で  る  
        號  あ  て  て   ° の  い  そ   ` に  う  ら  を  ふ  は  と  
         ` る  し  ゐ  知  衣   ° が   ┐ は  い  も  知  一   ┐ い  
        第   ° ま  た  ら  で  さ  こ  金   ┐ へ  う  ら  言  ね  ふ  
        七     つ  も  ず  し  う  の  瓶  實  ば  か  な  で  ん  の  
        十     た  の  に  か  と  本  梅  體   ` が  い  片  ご  で  
        一     故  を  を  あ  す  の └  └   も  は  讀  づ  ろ  あ  
        ペ     に   ` れ  り  れ  實  の  し  の  せ  者  け  に  る  
        l      `                                      ° 

  の  西  だ  デ  者     に  オ  六  野  幼  容  あ  關  捕        ○  
  や  部  し  ィ  で  映  暮  ラ  千  で  児  疑  る  は  さ  幼     境  
  う  劇   ` ズ  も  畫  ら  イ  本  の  へ  者   ° こ  れ  児     界  
  に  や  暴  ニ   ` や  し  ブ  も  ビ  の  は  こ  の  て  誘     領  
  感  時  力  l  動  テ  て  ラ  の  デ  性   ┐ れ  ニ  か  拐     域  
  じ  代  劇  の  畫  レ  ゐ  リ  テ  オ  欲  動  ま  ュ  ら  殺     の  
  て  劇  で  作  の  ビ  た  l  l  映 └   畫  で  l  と  害     達  
  ゐ  な  も  品  名  の  と  と  プ  像  と └   の  ス  い  事     人  
  る  ど  戰  な  作  世  い  も  を  の  い   ` 報  で  ふ  件     現  
   ° は  爭  ど   ┐ 界  ふ  い  収  蒐  つ   ┐ 道  持  も  の     は  
  た  心  物  は  火  に   ° ふ  納  集  た  暴  に  ち  の  容     る  
  だ  の  を  お  の  う     べ  し  家  特  力  よ  つ   ` 疑        
   ` 清  は  馴  鳥  と     き  た  で  異 └   る  き  報  者        
  最  涼  じ  染 └   い     部  ビ  あ  な   ` と  り  道  が        
  後  劑  め  み  や  筆     屋  デ  り  分   ┐  ` で  機  逮        
         `                    `                         

  ふ  つ  ば  ふ  あ  こ  合  違  實  品  に  れ  ビ  筆  だ  こ  ロ  の  
   ` か  境  狹  る  と  は  つ  世  の  選  の  に  者  け  の  リ  分  
  そ  し  界  い   ° な  せ  た  界  世  擇  分  し  も  は  分  l  野  
  の  く  を  分  そ  ど  て  分  へ  界  し  野  て  含  知  野  タ  だ  
  た   ` 越  野  の  は  自  野  引  に  て  の  も  め  識  の └   け  
  め   ┐ え  の  證   ` 分  の  き  浸  觀  作  讀  て  と  愛  と  は  
  の  バ  て  中  拠  な  の  作  戻  る  賞  品  書   ` し  好  い  よ  
  專  ウ  發  で  に  か  世  品  さ  だ  し  を  に  凡  て  者  ふ  く  
  門  ン  想  も   ` な  界  を  れ  け  て  與  し  人  は  が  作  判  
  誌  ダ  す   ` 科  か  を  自  て  で   ` へ  て  は  知  結  品  ら  
  が  リ  る  專  學  至  創  分  し   ` 一  ら  も  映  つ  構  が  な  
  持  l  こ  門  技  難  り  な  ま  ぢ  時  れ   ` 畫  て  多  出  い  
  て └   と  が  術  の  あ  り  ふ  き  的  る  そ  や  ゐ  い  て  が  
  は  と  が  違  と  技  げ  に  し  に  に  ま  れ  テ  る  こ  以   ` 
  や  い  む  へ  い  で  る  組   ` 現  作  ま  ぞ  レ   ° と  來   ┐ 
                                                   `    

  が  極  回  を  す  る  を  は  備  る  の  な  や  自  は        さ  
   ` め  の  感  と  し  超  空  へ  ほ  世  ら  う  の  幾  と     れ  
   ┐ て  事  じ  な   ` 越  想  て  ど  界  ば  だ  嗜  つ  こ      ` 
  境  反  件  て  る  思  し  の  ゐ  の  へ   ` し  好  か  ろ     重  
  界  社  は  し  と  ふ  て  世  た  企  具  映   ` の  の  が     寶  
  領  會  幼  ま   ` て  發  界  こ  畫  體  像  假  世  特   `    が  
  域  的  い  ふ  そ  ゐ  想  で  と  力  化  の  に  界  異  今     ら  
  で  な  生  の  れ  る  す  さ  に  と  し  世  事  を  分  回     れ  
  の  出  命  が  以  こ  る  へ  な  實  て  界  件  創  野  の     て  
  思  來  を  常  上  と  事  も  る  行  自  の  の  り  を  事     ゐ  
  考  事  奪  で  に  を  は  異   ° 力  分  嗜  犯  あ  統  件     る  
  と  で  ふ  あ  大  實  難  な  普  さ  で  好  人  げ  合  の     の  
  實  は  と  る  き  行  事  る  通  へ  實  を  で  て  し  容     で  
  踐  あ  い   ° な  に  で  分  の  兼  施  現  あ  ゐ  て  疑     あ  
 └   る  ふ  今  壁  移  あ  野  人  ね  す  實  る  る  獨  者     る  
                                                      ° 

  る  だ  つ  い  流  と  こ  記  つ        ○     ジ     あ  人  と  
  や  け  で  と  れ  言  と  事  た   ┐    題     ∨  ∧  る  は  い  
  う  時  あ  骨  や  ふ  を  掲 └   原     材        平  の  驚  ふ  
  頭  節  る  折  季  て  仲  載  と  稿     と        成  か  く  觀  
  を  柄  の  る  節  ゐ  間  の  編  の     記        元  も  べ  點  
  ひ  を  で  こ  の  る  内  時  集  い     事        年  し  き  か  
  ね  採   ` と  移   ° で  機  部  く     の        九  れ  境  ら  
  ら  り  圍  が  り  新  は  を  か  つ     隙        月  な  界  眺  
  な  入  み  大  替  聞   ┐ 逸  ら  か     間        號  い  領  め  
  け  れ  記  き  は  雜  原  し  電  が               `  ° 域  て  
  れ  た  事  な  り  誌  稿  て  話  腐              第     で  み  
  ば  課  も  仕  に  は  が  古  が  つ              五     の  る  
  な  題  出  事  遅  時  腐  く  あ  て              十     達  と  
  ら  に  來  の  れ  代  る  な  つ  し              ペ     人   ` 
  な  な  る  一  ま  の └   る  た  ま              l     で  犯  
                           °                            

  と  に  さ  は  に  間  あ  上  往  原  合  稿  こ  こ  も  て  節  い  
  こ  少  れ  最  耐  的  る  が  復  稿  で  を  れ  れ  書  何  的   ° 
  ろ  し  る  初  へ  に   ° る  し  に  あ  編  幸  ぞ  く  と  な      
  が  隙   ° か  さ  密  記  ま  な  編  る  集  ひ  と  側  か  讀  そ  
   ` 間  そ  ら  う  着  事  で  が  集   ° 部  と  思  の  讀  者  し  
  雜  を  こ   ┐ も  し  の  に  ら  の  と  へ  ば  ふ  本  ん  の  て  
  誌  設  で  没  な  過  題  は   ` 手  こ  送  か  課  音  で  關   ` 
  の  け  記  ∧  け  ぎ  材  何  印  を  ろ  り  り  題  で  も  心  文  
  ペ  た  事  ボ  れ  て  と  十  刷  加  が  つ  構  に  あ  ら  に  章  
  l  構  は  ツ  ば  製  文  日  物  へ  雜  け  想  出  る  は  助  力  
  ジ  成  題  ∨   ` 作  章  か  と  て  誌  る  を  喰   ° う  け  の  
  數  と  材 └   そ  必  内  は  し  印  の  と  練  は  そ  と  て  不  
  は  な  と  と  の  要  容  必  て  刷  場  い  り  す  こ  い  も  足  
  限  る  の  判  原  時  が  要  出  所  合  ふ   ` と  で  ふ  ら  を  
  ら   ° 間  定  稿  間  時  で  來  を   ` 具  原   `  ` の  つ  時  
                                                        

  に  も  經  質  ま  時  い  れ  材  ど  い  だ  は  は  総  編  る  れ  
  隙  の  過  や  で  事  状  て  と  ん  ふ  け  突  ゐ  理  集  と  て  
  間  で  と  文  も  問  態   ` 記  な  わ  が  つ  な  大  部  は  ゐ  
  を  あ  い  章  腐  題  に  も  事  も  け  取  走  く  臣  で  限  る  
  生  り  ふ  力  ら  や  陥  は  内  の  で  り  る  な  は  次  ら  し  
  じ   ` 違  に  な  季  つ  や  容  か  あ  殘  と  る  替  號  な   ` 
  さ  讀  和  よ  い  節  た   ┐ が  と  る  さ  い  し  る  送  い  丁  
  せ  者  感  つ  原  を  も  隙  あ  い   ° れ  つ   ` し  り   ° 度  
  な  の  を  て  稿  題  の  間  ま  ふ  腐  て  た  ペ   ` に  そ  適  
  い  心  感  讀  と  材  で └   り  と  つ  腐  具  レ  鳴  し  れ  當  
  も  と  じ  者  は  に  あ  と  に   ` た  つ  合  ス  い  て  や  な  
  の  記  さ  に   ` し  る  は  も  そ  原  て  で  ト  て  ゐ  こ  餘  
  で  事  せ  時  議  て   ° 言  懸  れ  稿  い   ` ロ  ゐ  る  れ  地  
  あ  の  な  間  論  い  逆  へ  け  は  と  く  原  イ  た  間  や  が  
  る  間  い  の  の  つ  に  な  離  題  は  と  稿  カ  蝉  に  で  あ  
                     `                          `       

        〇     七     刊     者  權  ★     ペ        か  の  と  
     コ  五  電     神  行  記  か  は  こ     l  ∧     及  欄  言  
     ン  六  話     奈  元  事  ら   ` の     ジ  平     ば  の  へ  
     パ     番     川   ° 掲  了   ┐ 記     ∨  成     ざ  筆  る  
     ス     號     縣     載  解  バ  事        元     る  者   ° 
     社           横     時  濟  ウ  の        年     水  の  そ  
           〇     濱     の   ° ン  使        十     準  能  れ  
     代     四     市      ┐    ダ  用        二     で  力  は  
     表     五     東     バ     リ  に        月     あ  に  殘  
           |     希     ウ     l  つ        號     る  し  念  
     小     三     望     ン    └   い         `    と  て  な  
     林     六     个     ダ     誌  て        第     い   ` が  
     文     四     丘     リ     の  の        五     へ  な  ら  
     武     |     二     l     發  著        十     よ  か   ` 
           八     三    └      行  作        六     う  な  こ  
                                                °       


『言葉の診療所』の玄關へ  本棚へ 御意見記入
この網上葉の經過
○平成二十五年拾一月十日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成十九年拾一月二十一日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成十五年拾月十六日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成十四年十一月十四日、體裁を更新。
○平成十四年十月十八日、更新。
○平成十二年七月二十一日、掲載。
★ 御 注 意 ★
  このページおよびここから繋がる『言葉の診療所』に關するページの著作權は下記に記した者が保有してゐます。これらのページの内容を閲覧するために、インターネット上から自分の機械へデータを取り込んで展開すること、ならびにそのデータをインターネットを切斷して閲覧するために保存することは出來ますが、それ以外のいかなる複製・複冩・印字・譲渡・貸與行爲をも禁止致します。引き紐を着けることは御自由です。

著作權者   坊垣河原雲陳(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)  平成十二年、乃至平成二十五年
CopyRight © 2000 - 2013 Bonngaigawara Unntinn

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO