雲陳の言葉の診療所・展示室

獨善流素瓶時評言葉抄

一日の始まりは笑顔で明るい挨拶から


 これらの文章は雜誌『ファインセラミックス』の編集者随筆「獨善流素瓶時評」に書いたものから、言葉に關するものを抜き出したものである。文章末尾の數字は掲載雜誌の刊行號を示す。
玄關へ  ○「坊垣河原の立て札どころ」へ
  く  か  の  が  内  で  い  決  め  は  の  ど  し  府  い  用       
  感  讀  一  生  容  も  の └   る  れ  畫  こ  た  權  ひ  漢   ┐    
  じ  ん  つ  じ  や   ` で  を └   て  數  ろ  罪  力   ` 字  現   ┐ 
  た  で  株  て  作  今   ` 方  と  ゐ  は  で  は  が  敗 └   代  現  
   °  ` 式  ゐ  品  や  た  針  い  る  少  は   ` 國  戰  あ  假  代  
  例  と  會  る  そ  惡  つ  と  ふ  誤  な  な  單  語  の  る  名  假  
  へ  り  社   ° の  弊  た  し  一  字  い  い  に  表  社  い  遣  名  
  ば  わ  新  最  も  が  三  た  種  誤  方   ° 大  記  會  は  ひ  遣  
   ` け  潮  近  の  昂   ` も  の  用  が  そ  き  を  混   ┐└   ひ  
  高  そ  社   ` を  じ  四  の   ┐ は  良  れ  い  い  亂  常  と └   
  橋  の  の  大  損  て  十  だ  安  そ  い  も  な  ぢ  に  用  い     
  義  こ  本  手  な   ` 年  つ  直  の   °  ` ど  く  乘  漢  ひ     
  孝  と  を  出  ふ  文  の  た   ` ま  廣   ┐ と  り  じ  字   `    
  著  を  何  版  結  章  使  ら  多  ま  く  漢  言  回  て └    ┐    
   ┐ 強  冊  社  果  の  用  し  數  認  行  字  ふ  は  政  と  當     
                                                        
  る  ∧  た  表   ┐ る  い  と   ┐ 体  も  雑  努  で  ま  さ  は  大  
  の  ホ  文  記  芸   ° こ  い  芸  に  な  誌  力  あ  し  れ  著  人  
  で  ン  章  さ  者  と  と  ふ └   し  く  社  し  る  さ  て  者  の  
  あ  ∨  で  れ └   こ  な  文  は  て   ` そ  て   ° と  ゐ  特  し  
  る └   も  て   ┐ ろ  ど  字   ┐ し  そ  の  漢  そ  痛  て  有  つ  
   ° と   ` ゐ  民  が  を  で  藝  ま  れ  他  字  の  快   ` の  け  
  新  い   ┐ る  芸   ` 例   ┐└   う  を  の  の  中  さ  頑  獨  紳  
  潮  ふ  體  し  品  こ  に  ゲ  と └   今  編  正  で  が  固  善  士  
  社  別 └    `└   の  引  イ  は  と  風  集  字   ` 樂  爺  と  の  
  で  字  の  こ  な  本  い └   違  嘆  の  部  体   ┐ し  さ  美  や  
  は  を  代  こ  ど  で  て  と  ふ  き  字  は  を  私  め  ん  意  せ  
  こ  用  用  に  と  は  説  は   ┐ な  体  遠  書  が  る  の  識  が  
  の  ゐ  に  引  堂   ┐ い  讀  ウ  が  や  慮  い  い  随  ほ  が  ま  
  著  て   ┐ 用  々  芸  て  め  ン  ら  略  会  て  か  筆  ほ  貫  ん  
  者  ゐ  体  し  と  術  ゐ  な └    ` 字  釈  も  に  集  え  徹 └   
                └                      `                
  は  ゐ  と  よ  書  か  の  い  尊  し  に  に  る  に  の  盾  者  の  
  話  る  し  り  か  も  作  の  重  て  表  立  べ  は   ┐ を  の  文  
  の   ° て   ` れ   ` 品  だ └   ゐ  記  ち  く   ` 新  感  主  章  
  筋  文   ` 現  て  そ  で  ら  で  る  を  :  原   ┐ 潮  じ  張  を  
  さ  豪  種  代  い  こ  も  う  き   ° 改  :  文  文  文  な  し  書  
  へ   ` 々  仮  た  で  事  か  な  な  め └   を  字  庫  か  て  き  
  知  鴎  の  名  も  は  情   ° い  ぜ  る  と  尊  表 └   つ  ゐ  改  
  ら  外  改  づ  の   ┐ は  同   `  ┐ と  前  重  記  と  た  る  め  
  せ  の  訂  か  を  旧  同  じ  あ  全  い  置  す  に  い  の  こ  る  
  れ  作  例  い  前  仮  じ  叢  る  面  ふ  き  る  つ  ふ  だ  と  際  
  ば  品  を  に  記  名  で  書  い  的  こ  し  と  い  叢  ら  と  に  
  よ  も  列  改  の  づ  あ  の  は  に  と  て  い  て  書  う  の   ` 
  い  讀  擧  め  方  か  る  森   ` 原  を   ` う  は  の  か  間  こ  
  と  者  し  た  針  い   ° 鴎  し  文  宣  勝  見   ` 巻   ° に  の  
  で  に  て └   に  で  し  外  な  を  言  手  地  な  末  こ  矛  著  
                                                        
  著  し  い  ど  文  放  し  ぞ  が  の  孝  り  社  ら  文  す  書  も  
  者  ま  ふ  こ  章  題  て └    ` 言  氏  捨  へ  う  藝  る  き  い  
  に  つ   ` ろ  表  の   ` と  決  ひ  に  て  文  か  作  の  換  ふ  
  對  て  意  か  記  江  他  頑  し  た  つ  御  句   ° 品  と  へ  の  
  す  ゐ  氣   ` に  戸  の  張  て  い  い  免  を  森  の  同  た  だ  
  る  る  地  出  つ  つ  面  つ  實  こ  て  だ  言  鴎  世  じ  り  ら  
  こ  の  の  版  い  子  で  て  行  と  は  が  ひ  外  界  類   ` う  
  れ  で  な  社  て  爺  は  ゐ  さ  は   `  ` や  は  で  の  名  か  
  程  あ  い  の  は  さ  色  る  せ  言  出  現  う  も  は  行  畫   ° 
  の  る  結  な   ` ん  々  風  て  は  版  代  が  う  許  爲  を  名  
  侮   ° 果  す  表  も  と  で  は  せ  社  人  な  本  さ  が  勝  曲  
  辱  出  に  が  現   ` 言  あ  や  て  が  の  い  人  れ   ` 手  を  
  は  版  な  ま  の  自  ひ  る  ら  あ   ┐ 高  の  が  る  文  に  勝  
  あ  社  つ  ま  自  分  た   ° な  げ  お  橋  で  出  の  章  修  手  
  る  の  て  と  由  の  い  そ  い  る  前  義  斬  版  だ  や  正  に  
                                                        
  一  自  に  タ  ど             さ  た  言  た   ┐ の  や  な  ま  
  定  分  み  ウ  き  譯        ・  て  り  つ  り  榮  抜  つ  い  い  
  の  で  る  イ  が  の  コ     平   ` す  て   ` 養  け  て  だ   ° 
  潛  傳  出  ル  氾  解  ン     成  出  る  ま   ┐ 價  た  ゐ  け  こ  
  伏  染  色  ス  濫  ら  ピ     二  版  の  す  冷  は  ビ  る  で  れ  
  期  し  の └   す  な  ュ     年  界  は  か  た  變  l  こ   ` に  
  間  て  出  と  る  い  l     十  で  も  ら  い  は  ル  と  他  類  
  を  仲  來  い  中  新  タ     一  は  つ └   物  り  を  な  の  す  
  も  間  で  ふ  で  語  ウ      ` い  て  と  は  ま  飲  の  大  る  
  つ  を  あ  新   ┐ や  イ     二  か  の  ビ  毒  せ  ま  だ  手  こ  
  て  増  る  語  コ  ら  ル     月  が  外  l  だ  ん  せ  ら  出  と  
  ゐ  や   ° は  ン  外  ス        で  で  ル  と └   て  う  版  は  
  た  し  次  近  ピ  國           あ  あ  を  役  と  お  か  社  公  
  り  た  々  年  ュ  語           ら  る  燗  所  言  い   ° で  言  
   ` り  と  稀  l  も           う  が  し  で  つ  て  氣  も  し  
      `                       °  `           `          
  に  す  く  現  と  も  と  延  チ  イ  ち  の  と  て  ウ  ル  し  そ  
  滿  る   ` 實  い  警  い  の  ン  ル  主  ユ  い  ゐ  イ  ス  か  れ  
  ち  も  望  を  ふ  報  ふ  警 └   ス  で  l  ふ  る  ル  に  も  に  
  た  の  ま  的   ° シ  譯  告  で └   あ  モ  新   ° ス  し  そ  對  
  新  で  し  確  こ  ス  で  は  あ  に  ら  ア  語   ┐ と  か  の  す  
  語  あ  い  直  の  テ   `  ┐ る  對  う  に  を  コ  そ  効  ワ  る  
  は  る  反  截  や  ム  す  感  し  應  と  豐  發  ン  つ  か  ク  ワ  
  そ   ° 應  に  う  も  で  染   ` で  想  ん  明  ピ  く  な  チ  ク  
  の  し  を  捕  に  普  に  症   ┐ き  像  だ  し  ュ  り  い  ン  チ  
  言  か  世  へ  優  及  ワ  情  ウ  る  で  柔  た  l  な  な  は  ン  
  葉  も  の  る  れ  し  ク  報  イ  の  き  軟  人  タ  性  ど  特  が  
  を  ユ  中  だ  た  つ  チ └   ル  は  る  な  は  ウ  質   ` 定  登  
  遣  l  に  け  言  つ  ン  で  ス   ┐  ° 頭  か  イ  を  本  の  場  
  ふ  モ  喚  で  葉  あ  開  あ └   ワ   ┐ の  な  ル  備  物  ウ  し  
  人  ア  起  な  は  る  發  る  蔓  ク  ウ  持  り  ス  へ  の  イ  て  
                                        └             ` 
  語          二  物  も  し  で  き  元  ら  の  げ  拾  ス  テ  の  
  を  文        月  と  ユ  て  不  合  の  れ  ソ  る  ひ  の  レ  發  
  ち  章  F        言  l  ゐ  潔  つ  怪  て  フ └   喰  予  ビ  想  
  り  の  S        へ  モ  る  な  た  し  き  ト  と  ひ  防  番  を  
  ば  中  X        よ  ア  言  行  り  い  た  を  説  を  の  組  も  
  め  に   `       う  溢  葉  爲   ` コ  ソ  拝  い  し  話  で  豐  
  る  無  S         ° れ  で  を  な  ン  フ  借  て  な  を  コ  か  
  風  闇  F           る  あ  ズ  ど  ピ  ト  し  ゐ  い  聴  ン  に  
  潮  に  X        ・  柔  る  バ  と  ュ  を  た  た  こ  い  ピ  導  
  に  ロ   `       平  軟   ° リ  い  l  使  り   ° と  て  ュ  く  
  は  l  S        成  な  や  一  ふ  タ  つ   ` 勝  で  ゐ  l  や  
  困  マ  E        元  發  は  言  あ  と  た  タ  手  感  た  タ  う  
  つ  字  X        年  想  り  で  る  く  り  ダ  に  染  ら  ウ  で  
  た  の           十  の  こ  表  意  つ   ` で  他  を   ` イ  あ  
  も  略           一  賜  れ  現  味  つ  身  送  人  防   ┐ ル  る  
                  `                                   ° 
  想  一  ら  ッ  ど  味  F  入  い  ま  な  略  果  愛  と  ア  社  の  
  さ  時  な  ク  う  を  X  つ   ° で  る  語  て  嬌  か  l  に  で  
  せ   ` い  リ  か  理  と  た  雜  も  と  や  は  も  い  ル  な  あ  
  な  會  し  眺  疑  解  S  瞬  誌  損   ` 外  役  の  つ └   つ  る  
  い  社   ` め  問  で  E  間  や  な  こ  國  所  で  て  だ  た   ° 
  た  名  混  て  で  き  X  に  新  ふ  れ  語  の  あ  嬉  と  か  國  
  め  か  亂  ゐ  あ  る  を   ` 聞  恐  は  も  文  る  し  か  ら  鐵  
  に  ら  す  て  る  日  素  例  の  れ  日  ど  書  が  が   ┐ と  や  
  社  特  る  も   ° 本  速  へ  見  無  本  き  に   ` つ  エ  い  日  
  名  定  ば  意  筆  人  く  ば  出  し  語  が  ま  新  て  ヌ  つ  電  
  變  の  か  味  者  が  區  F  し  と  の  使  で  聞  ゐ  テ  て  々  
  更  業  り  は  な  ゐ  別  S  が  は  傳  は  ロ  や  る  l   ┐ が  
  を  種  で  よ  ど  る  し  X  目  い  達  れ  l  雜  の  テ  ジ  株  
  す  を  あ  く  は  の  て  と  に  へ  機  る  マ  誌  は  l  ェ  式  
  る  連  る  解  ジ  か  意  S  這  な  能  と  字   ` 御 └   イ  會  
         °                                              
  月  キ          月  か  と  分  だ  の  專  何  マ  る  た  マ  流  
  十  ャ  現           も  か   ` ら  仲  門  の  字  こ  譯  字  行  
  四  ン  代  バ        し  解  書  う  間  用  利  略  と  で  略  が  
  日  ペ  社  レ        れ  つ  い  と  内  語  點  語  が  あ  語  あ  
   ` l  會  ン        な  て  て  思  で  風  も  や  必  る  風  つ  
  終  ン  は  タ        い  ゐ  ゐ  つ  は  に  な  外  要   ° の  た  
  日  社  標  イ         ° な  る  て  充  見  い  國  な  し  新  が  
  ラ  會  語  ン        ・  い  御  み  分  え  も  語  文  か  社   ` 
  ジ  で  を  や        平  と  本  た  通  る  の  音  章  し  名  そ  
  オ  あ  用  マ        成  い  人  く  じ  の  で  譯  の   ` は  の  
  を  る  ゐ  ド        元  ふ  で  な  る  で  あ  の  中  意  適  目  
  鳴   ° た  ン        年  の  も  る  文   ` る  挿  で  味  切  的  
  ら  さ  一  ナ        九  が  何  が  章  執   ° 入  の  を  で  に  
  し  る  種            ` 實  の   ` な  筆  一  は  ロ  通  あ  は  
  な  二  の           十  體  こ  多  の  者  見   ` l  じ  つ  ロ  
                                       `             l  
  黨  詰  つ  變  の  じ  の  と   ┐ び  を  ゐ  の  で  の  い  そ  が  
  か  ま  け  へ  ロ  や  放  觸  チ  に  聽  る  宣   ` バ  が  の  ら  
  否  る  る  て  l  う  送  れ  ョ   ` い  ら  傳  日  レ   ` 感  作  
  か  と  と   ` マ  な  局  る  コ   ┐ て  し  マ  本  ン  何  を  業  
  に  こ  い  更  人  セ  へ  の  レ  今  ゐ  い  ン  で  チ  で  深  を  
  關  ろ  ふ  に  の  リ  變  で  l  日  た   ° と  は  ノ  も  く  し  
  係   ` 仕  チ  名  フ  へ   ` ト  は  が  初  し  チ  と  そ  し  て  
  な  そ  組  ョ  前  の  る  う  だ  バ   ` め  て  ョ  い  の  た  ゐ  
  く  の  み  コ  を  連  と  る └   レ  番   ` 位  コ  ふ  日   ° て  
   ` 日  は  レ  英  續   ` さ  と  ン  組  エ  置  レ  聖  は  よ   ` 
  身  は  解  l  語  で  ど  く  必  タ  が  フ  づ  l  人  キ  く  今  
  近  相  ら  ト  風  あ  こ  な  ず  イ  變  エ  け  ト  の  リ  は  更  
  の  手  な  に  に  る  で  つ  ひ  ン  は  ム  ら  屋  記  ス  知  な  
  男  が  い  結  讀   ° も  て  と  だ  る  放  れ  さ  念  ト  ら  が  
  性  甘  が  び  み  昔  同  他  こ └   た  送  て  ん  日  ヘ  な  ら  
         `                    `                         
  確  劣  の  ら  係  と  バ  び  あ  母  ン  眼  中  一  ョ  の  と  に  
  か  等  底  の  し  い  レ  つ  る  親  ナ  に  で  方  コ  新  い  チ  
  な  意  に  キ  て  ひ  ン  い  と  で └   は  あ   ` レ  聞  ふ  ョ  
  や  識  は  ャ  ゐ   ` タ  て  い  あ  な  女  つ  こ  l  紙  キ  コ  
  う  が   ` ン  る  い  イ  ゐ  ふ  る  の  性  た  の  ト  の  ャ  レ  
  で  潛  西  ペ  と  づ  ン  る  こ  マ  だ  候  が  週  の  漫  ン  l  
  あ  ん  洋  l  こ  れ └   の  と  ド  さ  補   ` は  記  畫  ペ  ト  
  る  で  人  ン  ろ  も  と  か  と  ン  う  者  放  衆  事  や  l  を  
   ° ゐ  に  を  か  キ  い  解   ` ナ  だ  は  送  議  が  社  ン  買  
  ・  る  對  打  ら  リ  ひ  ら  ど  と   ° す  局  院  溢  會  ら  ひ  
  平  こ  す  つ  み  ス   ┐ な  こ  單  キ  べ  や  選  れ  欄  し  與  
  成  と  る  人  て  ト  マ  い  で  に  リ  て  新  擧  て  に  い  へ  
  二  だ  強  々   ` ヘ  ド  が  ど  女  ス   ┐ 聞  の  ゐ  ま   ° な  
  年  け  固  の  こ  に  ン   ` う  性  ト  マ  社  眞  た  で  翌  さ  
  三  は  な  心  れ  關  ナ   ┐ 結  で  の  ド  の  最   ° チ  日  い  
   `               └                                    
                                                     四  
                                                     月  

                                 

                                     
○『言葉の診療所』の玄關へ  ★外來語
この網上葉の經過
○平成二十五年拾一月十日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成十九年拾一月二十一日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成十五年拾月十六日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成十四年十一月十四日、體裁を更新。
○平成十四年十月十八日、更新。
○平成十二年八月五日、掲載。
御意見、御感想をお寄せ下さい。電子飛脚は、各ページの著作権者名またはこの★を押してお送り下さい。(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)

★ 御 注 意 ★
  このページおよびここから繋がる『言葉の診療所』に關するページの著作權は下記に記した者が保有してゐます。これらのページの内容を閲覧するために、インターネット上から自分の機械へデータを取り込んで展開すること、ならびにそのデータをインターネットを切斷して閲覧するために保存することは出來ますが、それ以外のいかなる複製・複冩・印字・譲渡・貸與行爲をも禁止致します。


著作權者   坊垣河原雲陳(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)  平成十二年、乃至平成二十五年
CopyRight © 2000 - 2013 Bonngaigawara Unntinn

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO