雲陳の言葉の診療所・診察室

他人の氣持

「たにん」の氣持は踏みにじれるか

一日の始まりは笑顔で明るい挨拶から

     の  み  ∧  て  ∨  す  と   ┐ し  て  で  續  た        じ     
     だ  し  ヒ  あ  の  る  言  ひ  耳 └    ┐ 劇  ま        れ     
  國  ら   ` ト  り  氣  に  ふ  と  障  と  た  を  た  平     る   ┐ 
  語  う  そ  ∨  し  持  脚  べ  の  り  言  に  見  ま  成     か  た  
  で   ° れ └   を  を  本  き  氣  な  ふ  ん  る  日  十        に  
  は     を  を   `└   に  だ  持  感  せ  の  機  放  二        ん  
  自     演   ┐ 若  云  は  と  を  じ  り  氣  會  協  年       └   
  分     出  た  い  々   ` 氣  踏  が  ふ  持  が  の  八        の  
  の     家  に  俳  と   ┐ 付  み  し  が  を  あ  朝  月        氣  
  こ     が  ん  優  漢  他  い  に  て  あ  踏  り  の  二        持  
  と     見 └   が  字  人  た  じ   ` つ  み   ` テ  十        は  
  を     逃  と   ┐ で  ∧   ° つ  す  た  に  そ  レ  五        踏  
  へ     し  音  他  書  ヒ  推  て  ぐ   ° じ  の  ビ  日        み  
  り     た  讀  人  い  ト  測 └   に  少  つ  中  連   `       に  
                                                        
  た  持  も  現  と  取  と  に  ひ  自  見  氣  か  時  と  と  ら  く  
  言  を  知  に  同  る  か  何  と  分  る  に   ┐ は  言  い  へ  だ  
  ひ  踏  ら  な  等  も   ┐ を  が  を  こ  す  そ   ` ふ  ふ  引  つ  
  方  み  な  る  か  の  ひ  暢  こ   ┐ と  る  ん   ┐  ° ふ  越  て  
  が  に  い   ° 少  で  と  氣  ん  ひ  に  な  な  あ  他  う  し  言  
  あ  じ  で  そ  し  す  の  に  な  と  な └   も  れ  者  に  て  ふ  
  る  る └   こ  高  よ  親  構  に └   る  な  の  は  を   ` 來  場  
   °└   と  で  め └   切  え  心  と   ° ど  の  な   ┐ 自  た  合  
     と  か   ┐ に  と  は  て  配  言  そ   ` 言  に  も  分  も  は  
     い   ┐ ひ  置  自  素  ゐ  し  ふ  れ  對  ふ  も  の  を  の   ┐ 
     ふ  ひ  と  い  分  直  た  て  時  に  象  こ  の └    ┐ で  最  
     決  と  の  て  を  に  の  ゐ  は  對  を  と  だ  と  も  す  近  
     ま  の  氣  の  相  受  だ  る   ` し  低  を └   言  の  が  こ  
     つ  氣  持  表  手  け └   の   ┐ て  く  本  と  ふ └  └   ち  
                                                        
  タ  れ  は  る  な  に  い  こ  の  け  讀  三  れ  み  人  自  か     
  ニ  て  い  が  ら  は  け  れ  物  ま  む  者  る  し └   分  の     
  ン  ゐ  け   ` ば   ┐ ま  を └   せ   ° を   ° て  で  は  人   ┐ 
  ∨  る  な  あ  勘  身  せ   ┐ と  ん   ┐ 指  勿  自  あ  相 └   他  
 └   場  い  か  弁  内  ん  た  表 └   ひ  す  論  分  る  手  と  人  
  は  合  よ  の  で  の └   に  記  と  と  場  ま  を  か  に  い  ∧  
  會  で └   他  き  お  と  ん  す  言  の  合  つ  指  ら  と  ふ  タ  
  話  あ  と  人  る  前  言  の  る  ふ  物  に  た  す   ┐ つ  漢  ニ  
  を  る  の  の  こ  に  へ  物  こ  と  を  も  く  の  ひ  て  語  ン  
  し   ° 意  物  と  盗  ば  を  と  き  盗   ┐ 縁  に  と  は  で  ∨  
  て   ┐ 味  を  も  ま   ` 盗  が  は  つ  ひ  の  も └    ┐ あ └   
  ゐ  他  が  盗  あ  れ  そ  つ  出   ┐ て  と  無  用  と  ほ  る  は  
  る  人  含  む  り  た  の  て  來  他  は └   い  ゐ  訓  か  が   ┐ 
  關  ∧  ま  の  う  の  裏  は  る  人  い  と  第  ら  讀  の   ` ほ  
                           °                            
  な  ア  門  る     ら  み  る  な     さ  る  を  に  と  に  あ  係  
  ど  ナ  家  の     う  に  話  人     れ  と  踏  な  し  じ  る  者  
   ` ウ  で  で  俳   ° ぢ  な  々  今  て  し  み  る  て  る  か  か  
  言  ン  あ   ` 優     る  の  の  回  ゐ  て  に   ° も  こ  ら  ら  
  葉  サ  る  あ  は    └   で  中  の  る  も  じ  從  間  と   ` 離  
  を  l   ° る  言     と   ` で  劇  必   ` る  ふ  接  は  そ  れ  
  扱  や  俳  意  葉     い   ┐ 相  中  要  特 └   て  的  出  の  た  
  ふ  新  優  味  を     ふ  ひ  手  の  が  殊  と   ┐ な  來  人  状  
  專  聞  の  で  商     の  と  を  會  あ  な  い  た  踏  な  の  態  
  門  雜  ほ  は  賣     が  の  非  話  る  條  ふ  に  み  い  氣  に  
  家  誌  か  言  道     正  氣  難  は   ° 件  場  ん  に   ° 持  あ  
  の  の  に  葉  具     し  持  し   `    が  合  の  じ  出  を  る  
  言  記  も  の  と     い  を  て  身     設  が  氣  り  來  踏  人  
  葉  者   ` 專  す     だ  踏  ゐ  近     定  あ  持  方  る  み  で  
                                                        
  国  る  間  さ  堂  間  を  さ  使  す  讀  ∨  ラ  ョ  あ  勝  語  が  
  語  も  の  れ └   違   ┐ す  ふ   ┐ ん └   イ  ウ  る  手  の  亂  
  辞  の  誤  て  と  へ  ハ   ┐ た  師  だ  を └   ラ   ° な  傳  れ  
  典  も  用  ゐ  書  て  ク  白  り  走  り   ┐ と  イ  例  使  統  て  
 └   あ  を  る  き   ` ア  堊   `└    ` ジ   ` ∨  へ  ひ  に  ゐ  
  に  る  そ  國  間  そ  ノ  ∧  白  を  太  ュ   ┐└   ば  方  從  る  
  載   ° の  語  違  の  デ  ハ  壁  太  陰  ウ  重  を   ` を  ふ  の  
  つ  三  ま  辭  へ  上  ン  ク  の  陽  暦  フ  複   ┐  ┐ し  こ  が  
  て  省  ま  典  る  に  ド  ア  大  暦  の  ク  ∧  ケ  捲  て  と  目  
  ゐ  堂  収  の   °  ┐ ウ  ク  き  の  十 └   チ  ン  土  ゐ  を  に  
  る  の  録  中  廣  白 └   ∨  な  十  二  と  ョ  ド  重  る  止  付  
  か   ┐ し  に  く  亜  と  の  建  二  月  誤  ウ  ジ  來  や  め  く  
  ら  明  て  も  市  の  讀  殿  物  月  を  つ  フ  ュ  ∧  う  て   ° 
  正  解  ゐ  世  販  殿  み  堂  を  に  指  て  ク  ウ  チ  で   ` 國  
                      └                                 
  る  扱  を  と  國  の  な  ろ  そ  試  ひ  で  ら  と     末  て  し  
  心  ふ  支  に  民  力  無  で  の  み  方  と   ` 共     で  お  い  
  の  て  え  な  自  を  知  國  や  は   ` 違  今  に  勿  あ  墨   ` 
  こ   ` て  る  身  弱  を  語  う  成  そ  ふ  ま  生  論  る  付  な  
  も  緻  ゐ   ° の  め  押  の  な  さ  の  使  で  き   `  ° き  ど  
  つ  密  る  日  潛   ` し  傳  試  れ  他  ひ  に  て  國     と  と  
  た  な  國  本  在  國  通  統  み  る  さ  方  無  ゐ  語     す  辭  
  文  論  語  人  能  語  す  を  の  べ  ま   ` い  る  は     る  典  
  章  理  を  の  力  に  こ  無  場  き  ざ  意  使  も  世     御  の  
  が  や  い  思  を  支  と  視  で  で  ま  表  ひ  の  の     仁  誤  
  出  情  い  考  弱  え  は  し  無  あ  な  を  方  で  中     も  り  
  來  に  加  や  め  ら   ` て  い  る  新  突   ` あ  の     出  を  
  る  訴  減  論  る  れ  國  勝  と  が  し  く  今  る  變     る  も  
  と  へ  に  理  こ  た  語  手  こ   ` い  使  ま  か  化     始  つ  
                                                        
                                                     は  
                                                     思  
                                                  ∧  へ  
                                                  平  な  
                                                  成  い  
                                                  十   ° 
                                                  二     
                                                  年     
                                                  十     
                                                  月     
                                                  十     
                                                  二     
                                                  日     
                                                  ∨     
    
○平成二十九年四月二十三日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成十九年拾一月二十一日、電子飛脚の宛先を更新。(ひらなりのとあまりここのつの年のとあまりひとつきのはたちまりひとつの日に、えれきふみ送りの宛先を改む。)
○平成十五年十月十七日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成十四年十一月十四日、體裁を更新。
○平成十四年十月十八日、更新。
○平成十二年十月十二日、診察。
診療所玄關
御意見、御感想をお寄せ下さい。電子飛脚は、各ページの著作権者名またはこの★を押してお送り下さい。(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)
★ 御 注 意 ★
  この網上葉(ページ)およびここから繋がる『言葉の診療室』に所屬する網上葉(ページ)の著作權は下記に記した者が保有してゐます。これらの内容を閲覧するために、網際(インターネット)上から自分の機械へ電氣信號(データ)を取り込んで展開すること、ならびにその情報(データ)を網際通信(インターネット)を切斷して閲覧するために保存することは出來ますが、それ以外のいかなる複製・複冩・印字・譲渡・貸與行爲をも禁止致します。
著作權者 坊垣河原雲陳(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)  平成十二年、乃至平成二十九年
CopyRight © 2000 - 2017 Bonngaigawara Unntinn

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO