言葉の診療所・診察室

莫山さんのこと


  公にする前に一度讀み直して、誤字がないか、言ひたいことが言へてるか、誤解される恐れはないか、など點檢するとよい。
  た  話  前  た  し  こ  ろ  伊  ま   ┐       當  か        山  ●  
     を  に  め  か  と  だ  賀  し  先        診  り        さ  後  
     し  対  か  し  が  が  上  た  日        療  ま  立     ん  出  
     て  面  話  な  な   ` 野      `       室  し  て     の  の  
     い  し  を  が  い  い  は     N        で  た  札     こ  住  
     る     聞  ら     ち  師     H        扱   ° ど     と  人  
     よ     い   `    ど  の     K        は  當  こ    └   さ  
     う     て  私     も  自     で        せ  人  ろ        ん  
     な     い  が     姿  宅     莫        て  の  に        の  
     気     る  名     を  が     山        戴  了  次        立  
     分     と  張     拝  あ     さ        き  解  の        て  
     と      ` 出     見  る     ん        ま  を  札        札  
     な     目  身     し  と     を        す  得  が         ┐ 
     っ     の  の     た  こ     見         ° て  懸        莫  
                                          `             
  い  い  て  と  同  演  ま  ろ        か  こ     能  な  物  ず  師  
   ` ふ  ゐ   ° 郷  し  づ  は  こ     せ  の     力  り  事  で  は  
  の  こ  た  弘  の  て   `  ` の     て  文     が  の  が  な  言  
  四  と  こ  法  よ  ゐ  書  幾  文     く  書     現  物  あ  く  っ  
  つ   ° と  は  し  る  道  つ  章     だ  を     れ  を  る   ` て  
  で  他   ° 筆  み  テ  家  も  の     さ  見     な  物  程  筆  い  
  す  人  自  を  で  レ  の  あ  言     い  た     い  を  度  を  た  
   ° の  分  選  親  ビ  榊  り  は      ° 人     と  選  で  選  弘  
     意  も  ん  近  番  莫  ま  ん    └   は     思  ば  き  ん  法  
     見  さ  だ  感  組  山  す  と         `    い  な  る  だ  は  
     も  う   ` を  を  さ   ° す        意     ま  く  人  と  筆  
     聞  思  と  得  觀  ん     る        見     す  て  は   ° を  
     き  ふ  述  た  て  の     と        を     が  は  そ     選  
     た  と  べ  こ   ` 出     こ        聞         ` れ     ば  
                                                        
  は  選  で  て  筆  は  山  い  て  點  表  ぎ  の  と  ば  き  い     
  し  ば  あ  欲  を  べ  さ  こ   ` を  現  か  短  い  な  る  こ  こ  
  に  ず  る  し  選  つ  ん  と  斬  絞  す  も  い  ふ  く  人  と  の  
  反 └   莫  い  ん  の  に  が  り  り  る  し  文  こ  て  は  は  四  
  す  と  山  も  だ  機  親  良  捨   ` 場  れ  章  と  は  そ   ` つ  
  る  い  さ  の └   會  近  く  て  他  合  ま  と  で   ` れ   ┐ の  
  こ  ふ  ん  で  こ  に  感  傳  る  の  は  せ  し  せ  能  な  物  う  
  と  昔  が  す  と  譲  を  は  は  こ   ` ん  て  う  力  り  事  ち  
  を  か   ┐  ° の  り  感  り  う  と  出   ° は   ° が  の  が   ` 
   ` ら  弘  書  内   ` じ  ま  が  は  來  短  詰  二  現  物  あ  一  
  あ  の  法  道  容   ┐ た  す   ` 思  る  い  め  百  れ  を  る  番  
  る  言  は  の  を  弘  こ   ° 言  ひ  だ  文  込  字  な  物  程  言  
  い  ひ  筆  大  示  法  と   ┐ ひ  切  け  章  み  ほ  い  を  度  ひ  
  は  慣  を  家  し  が └   莫  た  つ  焦  で  す  ど └   選  で  た  
                                                        
  書  出  い     つ  た  意  の  ん  現  物  あ  出  と  ろ  な  て  一  
  い  し  か  な  き  獨  見  言  の  れ  を  る  の  い  を  ら   ` 般  
  て  た  に  ほ  り  自  を  ひ  言  な  物  程  住  ふ  こ  ば  そ  に  
   `  ` も   ` さ  の  聞  替  つ  い  を  度  人  も  そ   ` れ  廣  
  自  あ  下  こ  せ  意  い  へ  た └   選  で └   の  知  第  を  く  
  分  る  書  の  る  見  た  な  こ  と  ば  き  さ  で  り  三  糺  誤  
  で  い  き  文  べ  な  こ  の  と  い  な  る  ん  す  た  者  す  解  
  讀  は  を  章  き  の  と  か  の  ふ  く  人  の   ° く  は  こ  さ  
  み  下  そ  全  で  か  か   ` 住  の  て  は  い  さ  な   ` と  れ  
  直  書  の  體  せ   ` ら  莫  人  が  は  そ  ふ  ら  る  そ  を  て  
  さ  き  ま  を  う  そ  導  山  さ   `  ` れ   ┐ に  の  こ  語  ゐ  
  な  せ  ま  み   ° れ  き  さ  ん  莫  能  な  物   ` が  の  つ  る  
  か  ず  放  て     を  出  ん  な  山  力  り  事   ┐ 人  と  た  と  
  つ  に  り   `    は  し  の  り  さ  が  の  が  後  情  こ  の  し  
                                                        
                 れ  こ  ば  つ  し  使  ふ  始  點  誤  か  に  た  
                 ば  れ  一  て  て  ふ  べ  め  檢  解   ` 一  と  
                 よ  で  日  文  投  べ  き  に  す  さ  言  度  い  
                 い  よ  位  章  稿  き  で  一  る  れ  ひ  讀  つ  
                 で  し  お  を  す  で  せ  字  と  る  た  み  た  
                 せ  と  い  作  る  す  う  下  よ  恐  い  直  風  
                 う  な  て  り  と   °  ° げ  い  れ  こ  し  で  
                  ° つ  か  置  き  パ  句  て  で  は  と  て  す  
                    て  ら  い  な  ソ  讀  書  せ  な  が   `  ° 
                    か   ` て  ど  コ  點  く  う  い  言  誤  公  
                    ら  讀   ` は  ン  は  習   ° か  へ  字  に  
                    入  み  で   ` で  適  慣  段   ` て  が  す  
                    力  直  き  前  入  切  も  落  な  る  な  る  
                    す  し  れ  も  力  に  倣  の  ど  か  い  前  
                        `                       `       


○平成二十九年四月二十三日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成十九年拾一月二十一日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成十五年十月十七日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成十四年十一月十四日、體裁を更新。
○平成十四年十月十八日、更新。
○平成十二年六月二十二日、診察。
診療所玄關
御意見、御感想をお寄せ下さい。電子飛脚は、各ページの著作権者名またはこの★を押してお送り下さい。(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)
★ 御 注 意 ★
  この網上葉(ページ)およびここから繋がる『言葉の診療室』に所屬する網上葉(ページ)の著作權は下記に記した者が保有してゐます。これらの内容を閲覧するために、網際(インターネット)上から自分の機械へ電氣信號(データ)を取り込んで展開すること、ならびにその情報(データ)を網際通信(インターネット)を切斷して閲覧するために保存することは出來ますが、それ以外のいかなる複製・複冩・印字・譲渡・貸與行爲をも禁止致します。
著作權者 坊垣河原雲陳(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)  平成十二年、乃至平成二十九年
CopyRight © 2000 - 2017 Bonngaigawara Unntinn

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO