言葉の診療所・診察室

啓蒙

差別表記かとの自覺症状


  あるところで、「啓蒙」といふ言葉は、差別用語ではないのかとの、使用者御本人からの訴へがありました。それに對しての診斷結果を御紹介します。


     か  と  し  の  と  現  で  ま  報   ┐ な  セ  を              曲  し  次  お  言              
     ら  こ  て  低   ` を   ` せ  の  イ  ど  キ  改       ┏┓    げ  ま  の  尋  葉              
  他  引  ろ  も  い   ┐ す   ┐ う  取  ン  を  ュ  定  現     質     な  す  や  ね  は  あ           
  の  つ  が  ら  人  情  る  一 └   扱  タ  日  リ  し  在     問     い   ゜ う  が   ` る      ┐    
  教  か   ` ひ  に  報  事  般  と  ひ  |  常  テ  て   `   ┗┛    範  な  に  あ  差  人     啓     
  育  か  こ  ま   ` セ  が  ユ  い  に  ネ  的  ィ  ゐ  情           圍  ほ  回  り  別  か     蒙     
  機  つ  の  せ  情  キ  多  |  ふ  つ  ッ  に  分  て  報           で   ` 答  ま  用  ら    └      
  關  て   ┐ う  報  ュ  い  ザ  意  い  ト  扱  野  感  セ            ` 質  し  し  語   `    と     
  の  ゐ  啓 └   セ  リ  の  へ  味  て  の  ふ  に  じ  キ           修  問  ま  た  で   ┐    い     
  教  ま  蒙  と  キ  テ  で  の  の  の  リ  人  お  る  ュ           正  文  し   ゜ は  啓     ふ     
  科  し └   い  ュ  ィ  す  啓  呼  注  ス  々  い  事  リ           し  な  た  そ  な  蒙     言     
  書  た  に  ふ  リ  に   ゜ 蒙  び  意  ク  に  て  で  テ           て  ど  の  れ  い  す     葉     
  に   ゜  ` こ  テ  關  平 └   か  喚  や  對   ` す  ィ           あ  は  で  に  の  る           
  も     私  と  ィ  し  た  と  け  起   ` し  機  が  の           り   `  ` 對  か └            
  そ     は  で  を  て  く  い  の  を  機  て  密   ` 教           ま  趣  ご  し  と  と           
  の     以  す  理  意  言  ふ  文  促  密   ` 情  情  科           す  旨  紹  て  い  い           
  や     前   ゜ 解  識  ふ  表  章  し  情     報  報  書            ゜ を  介   ` ふ  ふ           
                                                                                   


  が  考  使     方     現  本  を   ┐ に  發  の   ┐ す  明  に  れ  は     は     無  た     現  う  
  し  へ  は     で     が  で  施  無   ` 想  民  文   ゜ 化  近  て   ┐    下     い  こ     は  な  
  ま  る  れ  現  す  以  見  も  す  知  啓  か  族  明  漢  す  く  ゐ  蒙  も  記   ┐ の  と  幸  日  表  
  す  と  て  代   ゜ 上  ら   `└   な  蒙  ら  を  化  民  る   ` な  い  と  の  啓  で  は  ひ  常  現  
   ゜  ` ゐ  社     が  れ   ┐ と  下  の  生  文  さ  族  と   ┐ い ┌┐ も  や  蒙  せ  あ   ` 的  が  
  戻  差  る  會      ` ま  人  い  々  意  ま  明  れ  の  い  啓  野  く  と  う └   う  り  こ  に  あ  
  つ  別  や  で     こ  し  民  ふ  の  味  れ  化  た  中  ふ └   蛮  ら   ` に  と  か  ま  れ  使  り  
  て  用  う  は     の  た  ヲ  意  者  は  た  す  中  華  意  は  で  い  啓  理  い   ゜ せ  ま  は   ` 
  考  語  で   `    言   ゜ 啓  味  ど  轉  言  る  國  思  味  文  愚 └┘ 蒙  解  ふ     ん  で  れ  一  
  へ  に  す  一     葉     蒙  に  も  じ  葉 └   人  想  だ  明  か └   と  し  言     が  指  て  般  
  る  あ  が  般     に     ス  轉  に  て  が  と  が  に  と  の  な  で  言  て  葉      ` 摘  ゐ  書  
  と  た   ` 的     関    └   じ   `  ` 啓  い   ` 基  理  光 └    ` う  ゐ  に     本  や  ま  籍  
   ` る  こ  に     す     の   ` 教  權  蒙  ふ  野  づ  解  を  と   ┐ 言  ま  つ     當  苦  す  で  
  最  や  れ  問     る     や  明  育  力  で  獨  蛮  い  し  当  言  文  葉  す  い     に  情   ゜ も  
  初  う  は  題     私     う  治  的  者   ` 善  な  て  て  て  う  明  の   ゜ て     問  を     こ  
  に  な  よ  な     の     な  の  指  が  の  的  周   ` ゐ  て  意  化   ┐     `    題  受     の  
  提  氣  く  く     見     表  日  導     ち  な  圍     ま  文  味  さ  蒙     私     は  け     表  
                                                          └                        


  越  古   ┐ て     ま  味  そ     ゐ  の  は              し           か  な     ふ  し  わ  起  
  意 └   蒙   `    し  と  の     る  語  こ       ┏┓    た            ゜ ら     の  ま  か  し  
  識  と  古   ┐  ┐ い   ` 語  言  か  が  れ   ┐    回      ゜ こ           な  ど  で  せ  ら  た  
  に  い └   暗  モ  と  前  が  葉  否   ` ま  啓     答        れ           い  う  す  う  ん  表  
  支  ふ  と  く  ン  思  後  使  の  か   ┐ で  蒙    ┗┛       に           の  し   ゜└   ア  現  
  へ  語  音  て  ゴ  ひ  の  は  差  は  差  考 └               對           で  て     と  ホ  は  
  ら   ` 譯  古  ル  ま  文  れ  別  判  別  へ  と              し           す  も     い  ど   ` 
  れ  そ  す  く └   す  脈  て  的  り  意  た  い              て           が   `    ふ  も   ┐ 
  て  の  る  さ  と   ゜ か  ゐ  な  ま  識  こ  ふ               `           ` こ     感  に  情  
  ゐ  も  こ  い  い     ら  る  使  せ └   と  言              次           如  れ     じ   ` 報  
  る  の  と └   ふ     判   ` ひ  ん  に  が  葉              の           何  は     に  教  セ  
  と  が  に  イ  異     斷  文  方   ゜ 裏  な  に              や           な  拙     聞  育  キ  
  い   ` よ  メ  民     す  章  に     打  い  つ              う           も  い     こ  的  ュ  
  へ  漢  り  |  族     る  全  つ     ち  の  い              に           の  氣     え  指  リ  
  ま  族   ` ジ  に     の  體  い     さ  で  て              答           で  が     て  導  テ  
  す  の   ┐ で  對     が  の  て     れ   `  `             へ           せ  し     し  を  ィ  
   ゜ 優  蒙     し     望  意  は     て  こ  私              ま           う  て     ま  施  が  
                           `                                                     ` 


           も     い  ま  知  す  自  他  き  を  す  あ  執  を  代  と     語      の  の  意  國  自  
           う     と   ┐ 識  か  分  人  で  含   ゜ つ  筆  援  史  い     か  漢  や  も  味  の  分  
        以  少  い  言  差  人  ら  を  に  せ  む  そ  て  者  用  の  ふ  現  否  族  う   ` を  祖  の  
        上  し  づ  へ  別  と   ` 指  教  う  使  の  も  は  し   ┐ 語  在  か  の  な  漢  伴  先  こ  
           考  れ  ま  意  し   ┐ 導  へ   ゜ ひ  文   `  ` て  啓  を   ` は  優  意  族  つ  に  と  
           へ  に  す  識  て  先  者  る  書  方  章  差  世  ゐ  蒙  使  我   ` 越  味  の  た  對  を  
           て  し   ゜└   の  覺  的   ` 物  な  の  別  に  る  主  ふ  が  判  意  で  優   ┐ し   ┐ 
           み  て     に  自  者  な  な  を  の  文  意  對  の  義  場  國  り  識   ┐ 越  倭  て  わ  
           た  も     つ  覺  意  位  ど  書  か  脈  識  す  で └   合  の  ま  に  啓  意 └    `└   
           い   `    な └   識  置  の  く  否  に  は  る  せ  と   ` 知  せ  支  蒙  識  を   ┐ と  
           と  こ     が  な   ` に  行   ` か  よ  無  指  う  い  多  識  ん  へ └   に  充  小  表  
           思  の     る  ど  指  据  爲  教  を  り  い  導   ゜ ふ  分  人   ゜ ら  と  よ  て  さ  現  
           ひ  語     わ  は  導  え  そ  科  判   ` と  者  そ  歴  に  が     れ  い  り  て  い  す  
           ま  に     け   ` 者  る  の  書  斷  差  思  的  の  史   `  ┐    て  ふ  ま  音 └   る  
           す  つ     で  そ  意  わ  も  を  す  別  は  意  場  學  西  啓     出  語  す  譯  と   ` 
            ゜ い     は  の  識  け  の  作  る  意  れ  識  合  用  洋  蒙     來  が   ゜ し  い  我  
              て     な  ま   ` で  が  る  べ  識  ま  は   ` 語  近 └      た   ` そ  た  ふ  が  
               `                 `  `                                              


     す  自        定  許  差  三  前  二  る  一     や  の  ら  い  は  殆  經  蔓  す  も  別  語     
     る  覺        し  さ  別   ` 後   ` も   `    う  症  ふ  と  せ  ど  症  延  の   ` 用  を     
   ┐ と  症  當     て  れ  し   ┐ の  文  の  單     な  状  こ  ば  た  無 └   し  で  無  語  商  我  
  單  よ  状  面     ゐ  な  て  差  文  章  は  語     も  に  と  つ  人  い  は  て   ` 原  症  品  が  
  語  い  な   `    る  い  ゐ  別  脈  全  無  そ     の  對  も  ち  は  の   ` ゐ   ┐ 則 └   と  國  
  そ   ゜ り  こ     の  も  る └   で  體  い  の     が  處  あ  り   ` で  感  る  差  に  が  し  の  
  の      ` の     か  の  か  を  の  で   ゜ も     あ  す  る  を  時   ` 染   ゜ 別   ┐ 蔓  て  放  
  も     他  三      ` か   ゜ 示  意   `    の     る  る   ゜ う  と  そ  力  と  語  差  延  扱  送  
  の     人  つ     肯   ゜ そ  す  味  何     に      ゜ 診  こ  け  し  の  が  り  神  別  し  ふ  局  
  に     の  の     定  憎  の  表  づ  を     は        斷  れ  て  て  患  強  わ  經  反  て  業  や  
  は     症  こ     し  む  差  現  け  意      ┐       原  ら   `  ` 者  く  け  症  對  ゐ  者  新  
  差     状  と     て  べ  別  の  は  味     差        則   ┐ 吊  思  の   `  `└  └   る  の  聞  
  別     な  に     ゐ  き  は  場  ど  し     別        に  差  し  ひ  近  自   ┐ も  を   ゜ 間  社  
  用     り  注     る  差  人  合  う  て     用        は  別  上  も  く  覺  差  併  言  あ  に  な  
  語     を  意     の  別  倫   ` か  ゐ     語         ` 用  げ  よ  に  症  別  發  ひ  ま   ` ど  
  な     觀  し     か  を  上  何   ゜ る    └         次  語  を  ら  居  状  語  し  ふ  り   ┐  ` 
  る     察  て      ゜ 否  で  を     か     な        の  症  喰  な  合  が  神  て  ら  に  差  國  
            `                    ゜               └                                 


  言  ら  從  ゐ   ┐ と  や  つ  の   ┐  ┐ は  る  と  と  と  多  ふ  無  し  が  眼  一  た  ら  で  も  
  ふ   ` ふ  る  字  か  亂  す  見  眼  眼  れ  か  で   ┐ 言  く  こ  理  て   ` が  番  だ  な  は  の  
   ` 蛇  て  も  の   ┐ 視  ら  立  の  の  て  ら  あ  眼  ひ  耳  と  矢   ` こ  見  重  け  い  文  は  
  言  に   ` の  讀  暗  な  と  て  働  見  き  こ  る  が  替  に  が  理   ┐ の  え  症  の  と  章  無  
  ひ  怖   ┐ を  め  い  ど  な  な  き  え  た  そ  が  不  へ  す   `  ` め  單  な  な  こ  い  に  い  
  方  じ  明  理  な └   に  ら  ら └   方  の   ` 意  自  て  る  盛  他  く  語  い  も  と  ふ  は └   
  が  ず  き  解  い  と  該  見  ば  が └   で  こ  味  由  ゐ  の  ん  の  ら  自  こ  の  で   ` な  と  
  で └   め  で  状  言  當  え   `  ┐ が  あ  れ  が  な  る  は  に  言 └   體  と  の  あ  言  ら  い  
  き   ` く  き  態  ふ  す  る  視  暗   ┐ る  ま  異  人  例   ` 行  葉  と  を  を  一  る  葉  な  ふ  
  る   ┐ ら  な └   こ  る  弱  力  い  暗   ゜ で  な └   で   ┐ は  で  言  差   ┐ つ  が  の  い  こ  
   ゜ 盲 └   い  と  と  し  視  が └   い   ┐ 違  る  と  あ  眼  れ  言  ふ  別  め  と   ` 常  し  と  
  こ  滅  と  状  か  の   `  ` 無  の └   め  ふ   ゜ は  る  が  て  ひ  べ  用  く  な  差  識   ` は  
  れ  法  か  態   ` 例   ┐ 極  い  で   ` く  言  意   `  ゜ 不  ゐ  替  き  語  ら  つ  別  を  意   ` 
  に └    `└    ┐ へ  見  度  失   ` あ  ら  ひ  味  當   ┐ 自  る  へ  と  だ └   て  用  言  味  單  
  對  な   ┐ を  見  な  え  の  明  眼  る └   方  が  然  め  由   ゜ る  こ  と  と  ゐ  語  ひ  も  語  
  し  ど  め  指  え  ら  な  近   ` 科  い  は  が  異  の  く  な  一  と  ろ  指  言  る  症  變  傳  一  
  て  と  く  す  て  ば  い  視  う  醫  は   ` 使  な  こ  ら  人  番  い  を  弾  ふ   ゜ の  へ  は  つ  
   `        ゜     `└             `            └  └          `                      


  別  當  樣  ら  て  體  す  く  る  い  み  前  に  ゐ  言  盲  別  身  ゐ  に  の  勿  盲  の   ┐ 都   ┐ 
  用  然  に └   ゐ  的  る  ら  の └   取  に  盲  る  ふ  だ  し  體  る  し  を  論  で  で  自  合  眼  
  語  の   ` と  る  缺  人 └   で   ` れ  顯  人  わ  た   ゜ た  の  が  た  盾   ` 不  不  分  を  の  
  た  こ   ┐  ┐ の  陥  こ  が  あ   ┐ な  は  を  け  場  そ  り  缺   ` り  に  世  自  自  は  感  不  
  る  と  ち  差  だ  の  そ   ` る  あ  い  れ  採  で  合  ん  す  陥  我   `  ` の  由  由   ` じ  自  
  こ  な  ん  別  ら  み   ` 盲   ゜ き  状  て  り  も   ` な  る  を  が  差  視  中  し  だ  近  て  由  
  と  が  ば └   う  で   ┐ 人  こ  め  況  ゐ  上  無  何  こ  こ  も  國  別  力  に  て └   眼  ゐ  な  
  は  ら └   と   ゜ 差  眼  を  の  く  を  る  げ  い  も  と  と  つ  の  扱  の  は  ゐ  と  で  る  人  
  あ   ` や  は  さ  別  が  差  や  ら   ` 現  た  し   ` が  は  て  殆  ひ  弱   ` る  い   ` 人 └   
  り  そ   ` 結  も  す  見  別  う  だ   ┐ 象  の   ` 盲  判  な  バ  ど  し  い  自  人  ふ  眼  の  は  
  え  の   ┐ び  な  る  え  し  な └   お  か  で  無  人  ら  い  カ  の  た  人  分  な  人  鏡  こ   ` 
  な  單  は  つ  い  氣  な  て  使  と  ま  ら  は  理  を  な   ゜ に  人  り  や  の  ど  も  を  と  自  
  い  語  げ  か  と  持  い  ゐ  ひ  表  へ   ` な  解  バ  い   ┐ し  は  す   ` 眼  も  含  手  な  分  
   ゜ 自 └   な   `└   と  る  方  現  の  本  い  者  カ  の  お  た   ` る  盲  が  含  む  放  の  の  
  た  體  な  い   ┐ を  い  と  の  し  眼  質   ゜ の  に  か  ま  り  相  バ  を  健  ま  し  せ  で  眼  
  だ  で  ど   ゜ め  抱  ふ  理   ┐ て  が  を  眼  例  し └   へ   ` 手  カ  バ  全  れ   ` な   ` に  
  し  差  も  同  く  い  身  解  め  ゐ  暗  掴  の  へ  て  と  は  差  の  も  カ  な  る  色  い     不  
   `                                                                 ゜             


  を  あ  達  る  發  何  も     が  は   ┐ 章  な  の  て  同   ┐ と  定  表  ム  ば  言  は  け  く  單  
  不  る  成  の  言  を  の     誤   ` 世  は  定   ` き  じ  世  決  義  例 └   か  葉   ` ら  ら  語  
  當   ゜ し  か  者  意  で  言  解  嚴  界   ` 義  國  た  差  界  め  を  で  と  り  の  近  れ  れ  に  
  に  そ  て   ゜  ` 味  あ  葉  を  密  平  よ  を  語   ゜ 別  平  つ  明  あ  か  と  履  年  た  た  よ  
  差  の  ゐ  そ  執  し  る  は  生  に  和  く  し  に   ┐ 用  和  け  確  る   ` 言  歴  の  單  單  つ  
  別  主  る  の  筆  て  か   ` む  定 └   通  な  と  め  語 └   る  に   ゜  ┐ へ  書  政  語  語  て  
  し  張  か  表  者  ゐ  ぎ  何  こ  義  な  じ  く  つ  く  と   `  ゜ せ  フ  軍  る  が  治  も   ` は  
  た  し   ゜ 現  が  る  り  ら  と  し  ど  る  て  て  ら  し   ┐  ┐ ず  ァ  國   ゜ は  用  あ  も   ` 
  り  て  そ  方  何  か   ` か  に  て  の  が  も  の └   て  愛  民  に  シ  主  例  つ  語  る  し  差  
   ` ゐ  れ  法  を  が  そ  の  な  使   `  `  ` 基   ` 意 └   主   ` ズ  義  へ  き  が   ゜ く  別  
  強  る  が  は  言   ` の  意  る  は  近   ┐ そ  礎   ┐ 圖  な  主  と  ム └   ば  り  殆  そ  は  す  
  者  内  ま   ` は  大  文  思  場  な  年  フ  れ  單  ち  的  ど  義  に  や  な   ` し  ど  の  新  る  
  に  容  づ  そ  ん  切  章  表  合  い  の  ァ  を  語  ん  に  と └   か  軍  ど   ┐ て  で  や  た  た  
  不  が   ` の  と  で  が  示  が  と  差  シ  使  は  ば  普  言  と  く  國  が  フ  ゐ   ` う  に  め  
  當   ` 第  目  し  あ  全  を  多   ` 別  ズ  ふ   `└   及  ふ  か   ` 主  そ  ァ  る  い  な  定  に  
  に  弱  一  的  て  る  體  伴  い  誤  用  ム  た  嚴  な  さ  の   ` 惡  義  の  シ  も  は  單  義   ` 
  お  者  で  を  ゐ   ゜ で  ふ   ゜ 解  語 └   文  密  ど  れ  も     い  の  代  ズ  の  ば  語  づ  つ  
                                    `                                   `          


                                   ね  個  否  れ  あ  の   ┐ 自  合     上  次  も  葉  う  も  
                                   な  人  定  を  る  差  自  由   `    手  元  受  が   ゜ ね  
                                   い  の  す   ┐  ゜ 別  由  な  そ  假  下  の  け  使  そ  る  
                                    ゜ 自  る  あ  差  無  な  個  の  に  手  異  よ  は  の  も  
                                      由  こ  つ  別  し  個  人  内   ` な  な  う  れ  主  の  
                                      を  と  て  が  で  人  意  容  差  ど  る   ゜ て  張  な  
                                      否  は  は  存  は  意  志  を  別  の   ` そ  ゐ  に  ら  
                                      定   ` い  在  成  志  を  檢  を  問  論  れ  る  そ  ば  
                                      す  當  け  す  り └   尊  討  示  題  理  ら  な  ぐ   ` 
                                      る  然  な  る  立  そ  重  す  す  で  の  は  ら  は  非  
                                      こ  に  い  こ  た  の  す  る  表  あ  整   ` ば  な  難  
                                      と  許  こ  と  な  も  る  べ  現  る  合  差   ` い  の  
                                      に  さ  と  だ  い  の  我  き  が   ゜ 性  別  訂  不  對  
                                      繋  れ └   け └   が  が  で  あ      ` 用  正  適  象  
                                      が  る  と  で  か   ┐ 國  あ  つ     表  語  の  切  と  
                                      り  べ  し   ` ら  他  で  る  た     現  と  指  な  な  
                                      か  き  て  そ  で  と  は   ゜ 場     の  は  摘  言  ろ  
                                          `              `                         

診療所玄關
この網上葉の經過
○平成二十九年四月二十三日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成十九年拾一月二十一日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成十七年十月二十六日、掲載。
御意見、御感想をお寄せ下さい。電子飛脚は、各ページの著作権者名またはこの★を押してお送り下さい。電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)
★ 御 注 意 ★
  この網上葉(ページ)およびここから繋がる『言葉の診療室』に所屬する網上葉(ページ)の著作權は下記に記した者が保有してゐます。これらの内容を閲覧するために、網際(インターネット)上から自分の機械へ電氣信號(データ)を取り込んで展開すること、ならびにその情報(データ)を網際通信(インターネット)を切斷して閲覧するために保存することは出來ますが、それ以外のいかなる複製・複冩・印字・譲渡・貸與行爲をも禁止致します。
  ○引き紐を着けること(リンク)は御自由です。

著作權者 坊垣河原雲陳(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)  平成十七年、乃至平成十九年  
CopyRight © 2005 - 2017 Bonngaigawara Unntinn

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO