言葉の診療所・診察室

嚴命する

犯罪的誤表記



 こ  言   ┐ す     た  ビ  た  と  い  直  家  田  靖          
 は  明  ○  る    └   放  報  日  け  後  ■  中  國          
  ┐└   ○  こ  自  と  送  道  本  ま   `┌┐ 外  神  平       
 嚴  す  し  と  分  の  の  で  語  せ  記  玉  相  社  成     犯 
 命  る  て  は  は  文  畫   ` で  ん  者  扁  と  參  十     罪 
└   こ  は  出  ○  字  面  日  語  と  團  に  會  拝  三     的 
 以  と  い  來  ○  を  は  本  つ  ゲ  に  旋  談  を  年     誤 
 外  は  け  よ  し  添   ` 放  た  ン   `└┘ し  前  夏     表 
 に  出  ま  う  な  え   ┐ 送   ° メ   ┐ 外  た  に   `    記 
 は  來  せ  が  い  た  言  協  そ  イ  ○  相  中   ` 小       
 な  な  ん   ` と   ° 明  會  れ  し  ○  は  共  我  泉       
 い  い └   相   ┐    し  の  を  ま  し   ` 國  が  首       
  °  ° と  手  言     ま  テ  傳  し  て  會  の  國  相       
 外  こ   ┐ に  明     し  レ  へ  た  は  談  唐  の  の       
            └              └                       

 げ  あ  こ  の  表   ┐ 文  の  か  自  よ  自  を  葉  葉  國  國 
 て  る  と  大  記  言  字  テ  ら  分  つ  分  表  に  で  の  の 
 報  が  は  臣  で  明  を  レ  で  で  て  の  現  堪  話  記  外 
 道   `  ` に  あ └   添  ビ  あ  精  曲  言  す  能  す  者  相 
 す  そ  極   ┐ る  は  え  畫  る  確  げ  ひ  る  で  時  團  が 
 る  の  め  嚴   ° 日  て  面   ° な  ら  た  と  あ  は  に  重 
 報  事  て  し  自  放  放  は  こ  表  れ  い  か  る   ` 向  要 
 道  實  不  く  國  協  送  そ  の  現  る  こ  の  と  單  か  な 
 機  を  愉  命  の  の  さ  の  場  を  の  と  理  か  に  ひ  會 
 關  意  快  令  大  意  れ  後  面  必  を  が  由   ` 相  相  談 
 は  圖  な  さ  臣  圖  た  も  の  要  避   ` で  親  手  手  後 
  ┐ 的  こ  れ  が  的  の   ` 日  と  け  通  は  愛  國  國  に 
 不  に  と  る  外  な  で  同  放  す  て  譯  な  の  の  の  相 
 愉  曲  で └   國  誤   ` じ  協  る   ` に  く  情  言  言  手 
                                      `            

                                              で  快 
                                              あ └  
                                          ┌┐ る  を 
                                           平   ° 超 
                                           成     え 
                                           十     た 
                                           四      `
                                           年     一 
                                           二     種 
                                           月     の 
                                           二      ┐
                                           日     犯 
                                          └┘    罪 
                                                └  
                                                   

  平成十六年、十一月、日放協のテレビ放送で、この時の畫面を再び引用して、我が國首相の靖國神社參拝を、中共國が執拗に問題化せうとしてゐることを傳へた。その時の畫面にも、「言明」と文字を入れてゐた。日放協は今も、視聴者を欺いてゐることは確かである。(十六年十一月二十五日、記)

  この件に關して、外務省の網上頁に、平成十三年七月二十六日、杉浦副大臣の記者會見の内容がある。外務省の網上頁には、外務大臣を初め、外務高官の記者會見の内容が公表されてゐるが、取材記者からの、「命令形での發言」についての質問に對しては、一貫して「問題化しない」意向が見える回答になつてゐる。中共國の代表に厳しく命令された、あるいは相手に「厳しく命令したんだ」と言はれた我が國の大臣や外務省は、面目丸つぶれであるが、報道機關は、それをかばひ、問題化させないやうに迎合して、結局は我が國民を欺く結果になつてゐる。(十六年十一月二十五日、記)


診療所玄關
この網上葉の經過
○平成二十九年四月二十三日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成十九年拾一月二十一日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成十六年十一月二十五日、追記。
○平成十五年十月十七日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成十四年十一月十一日、體裁更新。
○平成十四年十月十八日、更新。
○平成十四年二月二日、掲載。
御意見、御感想をお寄せ下さい。電子飛脚は、各ページの著作権者名またはこの★を押してお送り下さい。電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)
★ 御 注 意 ★
  この網上葉(ページ)およびここから繋がる『言葉の診療室』に所屬する網上葉(ページ)の著作權は下記に記した者が保有してゐます。これらの内容を閲覧するために、網際(インターネット)上から自分の機械へ電氣信號(データ)を取り込んで展開すること、ならびにその情報(データ)を網際通信(インターネット)を切斷して閲覧するために保存することは出來ますが、それ以外のいかなる複製・複冩・印字・譲渡・貸與行爲をも禁止致します。
  ○引き紐を着けること(リンク)は御自由です。

著作權者 坊垣河原雲陳(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)  平成十四年、乃至平成十六年、乃至平成十九年  
107 Bonngaigawara Unntinn

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO