雲陳の言葉の診療所・休憩室

方言・專門語

一日の始まりは笑顔で明るい挨拶から

方言は國語の基礎


  言  詞  た  關  像  の  浮  一   ┐ 微  ぞ  じ  二  を     違  達  教  最  な  書  言     
  葉   ┐ ま  係  力  内  か  種  い  妙  れ  環  つ  憶     つ  は  育  近  い  に  を     
  の  あ  た  な   ` 容  び  で  ぬ  に  の  境  の  え  人  て   ` を  の └   は  使  自  
  記  い  ま  ど  そ  は  く  あ └   異  修  で  人  て  は  ゐ  言  推  事  と   ┐ ふ  分  
  憶  つ   ` か  の   ` る  る  と  な  得  育  は  ゆ  生  た  語  進  情  い  日  な  が  
  が  は  前  ら  時  そ   ┐ 犬  い  る  す  つ  ゐ  く  ま  の  や  し  は  ふ  本 └   小  
  濃  徳  日   `  ` れ  い  を  ふ  の  る  わ  る  が  れ  だ  國   ` 知  主  に  と  學  
  厚  川  に  人  そ  ぞ  ぬ  思  言  が  言  け  と   ` 育  と  語  教  ら  旨  は  言  校  
  で  幕  見  に  の  れ └   ひ  葉  當  葉  で  し  そ  つ  思  に  科  ぬ  の  標  は  の  
   ` 府  た  よ  場  の  に  浮  で  然  の  は  て  れ  た  ふ  就  書  が  事  準  れ  時  
   ┐ の  時  り  所  體  つ  か   ` で   ┐ な  も  ぞ  環   ゜ い  を   ` が  語  た   ` 
  犬  犬  代  異   ` 驗  い  べ  誰  あ  意  い   ` れ  境     て  書  こ  書  と   ゜ 學  
  は  だ  劇  な  話   ` て  る  も  る  味  の  ま  の  の     の  い  の  い  い  國  校  
  人 └   の  つ  相  知  の  が  が   ゜ づ  で  つ  人  中     理  て  頃  て  ふ  語  で  
  の  と  中  て  手  識   ┐  ` 動  例  け   ` た  間  で     解  ゐ  の  あ  も  の  は  
  手  い  の  ゐ  と   ` 思  そ  物  へ └   そ  く  に  言     が  た  國  つ  の  教   ┐ 
  足  ふ  臺  る  の  想  ひ  の  の  ば  は  れ  同  瓜  葉     間  人  語  た  は  科  方  
            ゜      └             `                          ゜          

  れ  そ  の  共  が  さ  分  の  て  度  古  を  が  分  傳  す  疎  な  て  か  ひ  も  と  
  ば  の  も  通   ┐ い   ` 給  現  飲  女  大  使  の  へ  る  通  り  の  し  犬  知  な  
   ` 時  の  語  共 └   緑  仕  れ  み  房  き  ふ  使  る  時  が  合   ┐  ` を  れ  つ  
  長  そ  も  は  通  と  茶  さ  る  頃  相  く  言  ふ  た  に  出  ふ  意  多  思  な  て  
  い  の  あ  當  語  言  に  ん  か  の  手  す  葉  言  め   ` 來  の  味  く  ひ  い  惡  
  年  場  れ  然 └   は  お  に  も  お  な  る  の  葉  に  自  る  で  づ  の  浮   ゜ 事  
  月  限  ば  の  の  な  茶  な  知  茶  ら  努   ┐ の  は  分  の   ` け  日  か  ま  を  
  に  り   ` 事  出  け  菓  ら  れ  が   ┐ 力  意   ┐  ` の  で  會 └   本  べ  た  働  
  わ  の  廣  な  來  れ  子   ` な   ` お  を  味  意  無  考  あ  話  は  人  る   ` く  
  た  臨  い  が  上  ば  を   ┐ い  羊  い  す  づ  味  意  へ  る  が   ` の  か  自  者  
  り  時  地  ら  が  な  添  お  が  羹   ` る  け  づ  識  を   ゜ 成  多   ┐ も  分 └   
  使  的  域   ` る  ら  え  客   ` 一  お  も └   け  の  相  他  り  く  い  知  の  を  
  は  な  で  狹  原  な  て  さ  入  切  茶  の  の └   う  手  人  立  の  ぬ  れ  可  連  
  れ  も  の  い  理  い  出  ん  社  れ └   で  共  と  ち  に  と  ち  部 └   な  愛  想  
  る  の  も  地  で   ゜ し  と  し  を  で  あ  通   ` に  精  會   ` 分  に  い  が  す  
  も  も  の  域  あ  こ  て  私  た  添   ` る  部  相   ` 確  話  意  で  つ   ゜ る  る  
  の  あ  も  で  る  れ  下  の  て  え  丁   ゜ 分  手  自  に  を  志  重  い  し  飼  か  
         `     ゜                                                       

  所  と  の  た  り     標  で  言  判  す  一  人  語  通  に  し  れ  單  共  や  濟  も  
  屬  言  現  時   `    で  き  葉  り  る  定  の  で  語  誰  た  ば  に  通  り  が  あ  
  團  は  實   ` そ  日  あ  る  が  や  と  の  意  あ   ` も  い   ` 意  語  取  成  る  
  體  れ  は  そ  れ  本  る └   存  す  い  固  識  る  し  が  と  耳  味  の  り  り   ゜ 
  な  る   ┐ れ  を  語  と  と  在  い  ふ  定  の   ゜ か  話  願  に  が  概  が  立  日  
  ど   ゜ 方  ぞ  幾  と  も  い  す   ` よ  し  中  そ  も  せ  ふ  心  通  念  必  ち  本  
  で  言  言  れ  つ  い  言  ふ  る  綺  り  た  に  の  綺  て  の  地  じ  が  要   ` と  
  の  語 └   に  か  ふ  へ  規  し  麗  も  單  存  や  麗   ` が  よ  る  出  に  國  い  
  違  活  つ  區  の  言  る  範   ` な   ` 語  在  う  な  誰  人  い  だ  來  な  全  ふ  
  ひ  動  ま  分  特  語   ゜ 意  育   `  ┐ や  す  な  言  も  情   ` け  上  れ  體  國  
  に  の  り  さ  徴  活     識  て  標  國  言  る  標  葉  が  で  綺  で  が  ば  で  の  
  注  現   ┐ れ  で  動     が  あ  準  全  ひ  目  準   ` 理  あ  麗  は  る   ` の  單  
  目  實  地  た  地  の     生  げ  と  體  回  標  語  そ  解  る  な  な   ゜ 國  言  位  
  し  を  方  言  域  現     み  る  な  で  し  で  は  れ  で   ゜ 言  く  そ  語  葉  で  
  て  職  の  語  區  實     出  こ  る  通  が  あ   ` が  き  國  葉   ` し  と  に  政  
  區  業  言  活  分  が     す  と  べ  じ  存  り  日  標  る  全  で  で  て  い  よ  治  
  分  や  葉  動  し  あ     目  が  き  る  在   ` 本  準  共  體  話  き   ` ふ  る  經  
       └                         `                                     

  範  て  で  の  る  て  い  な     語  共  續  必  の  り  異  ぞ  と  な  は  ど  活  し  
  意  ゐ  き  事   ゜ こ   ゜ い     が  通  け  要  言   ` な  れ  言  ど  れ  と  動  た  
  識  る  る  實  ま  そ  豐  し  從  構  語  て  に  語  任  る  の  ふ  と  る  言  の  場  
 └  └  └   を  た   ` か   ` う  想  が  ゐ  應  活  意  職  異  て  言  言  は  現  合  
  が  と  し   `  ` 豐  な  專  て  さ  成  る  じ  動  の  業  な  も  は  語  れ  實   ` 
  存  い   ` 綺  國  か  方  門   ` れ  り   ゜ て  の  趣  に  る   ` れ  活  る  は  そ  
  在  ふ   ┐ 麗  語  で  言  語  方  て  立  そ  言  現  味  就  地  そ  る  動   ゜  ┐ れ  
  し   ` そ  な  に  綺   ` の  言  ゆ  ち  の  語  實  を  き  域  れ   ゜ に  幼  專  ぞ  
  な   ┐ の  言  よ  麗  綺  無  の  く   ` 現  の  の  持   ` に  ぞ  日  つ  児  門  れ  
  け  國  や  葉  つ  な  麗  い  無   ゜ 標  實  面  中  ち  任  住  れ  本  い  だ  語  に  
  れ  語  う  で  て  國  な  國  い     準  を  で  で   ` 意  み  の  語  て  け └   區  
  ば  に  な  傳   ┐ 語  方  語  國     語  基  も  育  そ  の   ` 個  を  は  に   ` 分  
   ` つ  國  へ  豐  が  言  は  語     と  礎  創  ち  の  團  そ  人  使   ┐ 特   ┐ さ  
  國  い  語  合  か  存   ` あ  は     し  に  造   ` そ  體  れ  は  ふ  幼  徴  隠  れ  
  語  て  を  ふ  な  在  が  り  あ     て  し  活  暮  れ  に  ぞ   ` 日  児  的  語  た  
  は  の  持  事  内  し  あ  得  り     の  て  動  し  ぞ  加  れ  そ  本  言  に └   言  
  成  規  つ  が  容  う  つ  な  得     國   ` を   ` れ  は  の  れ  人  葉  使  な  語  
                                                          └            

  と  言  の  て  を  語  意  言   ┐  ┐ 的  の  り     語  も  戸  化  交  藝  い  文  り  
  な  葉  口  き └   意  味  葉  同  國  で  共   `    を  あ  時  の  易  活  歴  字  立  
  る  が  か  た  と  識  が  で  じ  語  美  通  自  共  作  り  代  厚   ` 動  史  化  た  
   ゜ ポ  ら  り  の  か  傳 └   傳  に  し  語  覺  通  り   ` に  み  闘   ` が  さ  な  
     ン   ┐  ` 異  ら  は  と  へ  つ  い  の  し  語  あ  豐  盛  で  爭  政  あ  れ  い  
     ポ  ヤ  女  見  は  れ  い  る  い  も  究  な  の  げ  か  ん  覆  な  治  り  て   ゜ 
     ン  バ  子  が   ` ば  ふ  な  て  の  極  く  必  て  で  に  は  ど  經   ` か  實  
     飛  イ  高  責   ┐ よ  美  ら  の  に  の  て  要  ゐ   ` な  れ  の  濟  そ  ら  際  
     び └   校  任  第  い  意  ば  規  仕  姿  も  性  る  分  つ  て  經  活  の  で  に  
     出  な  生  あ  二 └   識   ` 範  上  で  生  は   ゜ 析  た  ゐ  驗  動  歴  も   ` 
     し  ど  や  る  國  と  で  少  意  げ  あ  じ   `    的  國  る   `  ` 史  二  我  
     た  と  妙  政  語  い  あ  し  識  る  る  て  言     で  語   ゜ な  外  は  千  々  
     り  い  齢  治  と  ふ  る  で └   原  國  く  葉      ` 研  と  ど  國   ` 年  の  
     す  ふ  の  家  し  程   ゜ も  で  動  語  る  を     綺  究  り  豐  と  豐  と  國  
     る  や  御  か  て  度   ┐ 綺  あ  力  を  が  話     麗  の  わ  か  の  か  い  語  
     こ  く  婦  ら  英  の  單  麗  り  は  理   ` す     な  實  け  な  交  な  ふ  に  
     と  ざ  人  出  語  言  に  な   `    知  そ  限     國  績  江  文  渉  文  古  は  
                                                            `        ` 

  民  化  と  記  テ  の  語  で  方  身  成  ア  葉  ラ  の  内  る  に  る  が  や  は     
  間  し  り  出  ィ  放  訛  あ  言  地  る  ナ  使  ジ  も  容  人  は  方  共  專   `    
  放  た  わ  來  |  送  り  る  訛  や  程  ウ  用  オ  の  を  の  行  言  通  門  そ  豐  
  送  言  け  な  ム  な  の  が  り   `  ` ン  の  と  だ  判  地  か  や  語  語  の  か  
  な  葉   ` い └   の  酷   ` は  放  そ  サ  專  テ  か  り  域  な  專  と  が  下  で  
  ど  に  英   ` と  に  い  ア  綺  送  れ  |  門  レ  ら  や  や  い  門  し  無  地  美  
  で  訛  語  英  か   ┐ の  ナ  麗  局  ぞ  の  家  ビ  で  す  專   ゜ 語  て  け  と  し  
  は  り  か  語  な  野  が  ウ  に  の  れ  話  集  の  あ  く  門  國  が  働  れ  し  い  
   ` が  ら  訛  ん  球  何  ン  拂  所  の  し  團  全  る   ` 分  語  そ  く  ば  て  國  
  女  酷  の  り  と  チ  人  サ  拭  在  ア  方 └   國   ゜ 美  野  は  の  時  な  豐  語  
  性  い  外  に  か  |  も  |  さ  地  ナ  を  で  放  日  し  を   ` ま   ` ら  か  を  
  政  や  來  發   ` ム  ゐ  の  れ  に  ウ  聽  あ  送  本  く  超  そ  ま  そ  な  で  育  
  治  う  語  音  國 └   る  中  て  拘  ン  い  る  を  放  傳  え  の  現  の  い  美  て  
  家  で  で  し  語  を   ゜ に  ゐ  は  サ  て  が  行  送  へ  て  言  れ  下  が  し  る  
  は  あ   ` て  で   ┐ 日  は  る  ら  |  ゐ   ` ふ  協  る   ` 葉  る  地   ` い  た  
   ` る  國  ゐ  は  野  本   ` や  ず  の  る  そ   ┐ 會  た  そ  を  わ  で  國  方  め  
  キ   ゜ 語  る  表  球  語  英  う   ` 出  と  の  言  は  め  の  喋  け  あ  語  言  に  
            ゜                       `        `                         

  い  識  影  い  の  な  英  り  で  と  に  な  に  一  司  く  に  で  ら  て  ど  ン  リ  
  は  の  で   ゜ 使  じ  語  な  は  見   ` ど   ┐ 寸  の  る  携  あ  フ  も  は  ナ  ス  
  是  中   ` 放  用  み  訛  ど   ` 當  こ  と  ネ  し  材  め  わ  る  ラ   ┐  `└   ト  
  と  に  言  送  後  の  り   ` 一  を  の  い  タ  た  料  て  る  し  ン  カ  そ  で  教  
  す   ` 葉  局  の  無  の  直  寸  つ  や  ふ └   思  で   ┐ 人   ` ス  リ  の  あ  と  
  る  そ  を  の  説  い  發  ち  し  け  う  や  と  ひ  も  ア  で  音  料  ス  當  る  は  
  意  れ  點  ア  明  世  音  に  た  て  な  く  言  付   ` |  あ  樂  理  マ  人  し  無  
  識  ら  檢  ナ  や  界  の  こ  言  ゐ  テ  ざ  ふ  き  落  チ  る  家  で └   が   ` 關  
  が  の  し  ウ  訂  で  訂  ま  ひ  る  レ  言  て  で  語  ス  事  で  無  で  神  少  係  
  あ  表  て  ン  正  の  正  め  違   ゜ ビ  葉  い  も  の  ト  は  も  く  あ  懸  し  に  
  る  現  ゐ  サ  は  專  や  に  ひ  テ  放  の  る   ┐ 材 └   事  繪  て  る  か  有   ` 
  か  を  る  |  成  門   ` 訂  や  レ  送  出   ゜ 種  料  で  實  描  も  し  り  名  誰  
  ら  許  專  や  さ  用  一  正   ` ビ  で  所   ┐└   で  あ  だ  き   ┐  ` に  な  で  
  で  す  門  司  れ  語  般  す  表  報  は  も  ヤ  と  も  る  が  で  シ  調  な  理  も  
  あ   ` 家  會  て  や  人  る  現  道  な   ` バ  言   ` し   ` も  ェ  理  ら  容   ┐ 
  る  あ  の  者  ゐ  隠  に  の  の  な  い  多  イ  は  何   ` ひ  藝  フ  人  な  師  マ  
   ゜ る  意  の  な  語  は  に  誤  ど  か  分 └   ず  か  壽  つ  術 └   な  く  な  ド  
                        `                                              

                                                  誤  が   ┐ で  ら  以  あ  
                                                  つ  あ  隠  あ  抹  前  る  
                                                  た  り  語  る  殺  に  い  
                                                  意   ` は  か  す   ` は  
                                                  識  一  反  ら  べ   ┐  ` 
                                                  が  般  體  好  し  方   ┐ 
                                                  あ  人  制  ま └   言  國  
                                                  る  も  世  し   ` は  語  
                                                  の  使  界  く   ┐ 劣  に  
                                                  だ  ふ  の   ` 英  つ  つ  
                                                  ら  べ  言  倣  語  た  い  
                                                  う  し  葉  ふ  は  も  て  
                                                   ゜└   だ  べ  世  の  の  
                                                     な  か  し  界  で  規  
                                                     ど  ら └   共  あ  範  
                                                     と  活   ` 通  る  意  
                                                     の  力     語  か  識  
                                                                   └   

診療所の玄關へ
この網上葉の經歴。
○平成二十五年拾一月十日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成二十五年二月二十日、再編輯。(ひらなりのはたちあまりいつつの年のふたつめのつきのはつかに、ふみをならびかへす。)
○平成十九年拾一月二十一日、電子飛脚の宛先を更新。(ひらなりのとあまりここのつの年のとあまりひとつきのはたちまりひとつの日に、えれきふみ送りの宛先を改む。)
○平成十五年十一月二十五日、掲載。(ひらなりのとあまりいつつの年のとあまりひとつのつきのはたちあまりいつつの日に、はじめぬ。)
御意見、御感想をお寄せ下さい。電子飛脚は、各ページの著作権者名またはこの★を押してお送り下さい。(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)

★ 御 注 意 ★
  この網上頁(ページ)およびここから繋がる『言葉の診療所』に所屬する網上葉(ページ)の著作權は下記に記した者が保有してゐます。これらの内容を閲覧するために、網際(インターネット)上から自分の機械へ電氣信號(データ)を取り込んで展開すること、ならびにその情報(データ)を網際通信(インターネット)を切斷して閲覧するために保存することは出來ますが、それ以外のいかなる複製・複冩・印字・譲渡・貸與行爲をも禁止致します。
 ○引き紐を着けること(リンク)は御自由です。
著作權者   坊垣河原雲陳(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)  平成十二年、乃至平成二十五年
CopyRight © 2003 - 2013 Bonngaigawara Unntinn

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO