言葉の診療所・診察室

基礎用語の誤用



   り  團  ビ  ひ  ゐ     す  で  の  ゐ  意  け  な  は  國  る  み  を  の     
   と  と  放  方  る     ぎ   ` 無  て  味  取  場   ` 語  し  た  す  遣     
   み  み  送  を   ` こ  な  國  い  こ  や  る  合  事  を   ` り  る  ひ  言  
   ら  ら  な  指  基  こ  く  語  と  そ   ` 人  も  實  豐  そ   ` こ  方  葉  
   れ  れ  ど  摘  本  で  な  の  こ  の  本  の   ` で  か  れ  新  と  か  は  
   る  る   ` す  的  は  る  無  ろ  効  來   ` そ  あ  な  ら  鮮  に  ら   ` 
  └   人  言  る  な  國   ゜ 知  で  果  の  ど  の  る  も  の  な  よ   ` 本  
   使  々  葉   ゜ 用  語     を  は  で  遣  ち  言   ゜ の  新  感  り  少  來  
   用  の  使  と  語  の     さ   ` あ  ひ  ら  葉  但  に  し  覺   ` し  の  
   例   ┐ 用  り  の  基     ら  單  れ  方  に  を  し  し  い  を  意  ず  意  
   を  明  の  わ   ` 礎     け  な   ` を  も  遣   ` て  遣  得  外  れ  味  
   指  ら  專  け  誤  を     出  る  そ  自   ` ふ  そ  ゆ  ひ  た  な  た  や  
   摘  か  門   ` つ  支     し   ┐ の  覺  本  人  の  く  方  り  効  遣   ` 
   す  な  家  テ  た  え     た  誤  自  し  來   ` や  こ  が  で  果  ひ  本  
   る  誤  集  レ  遣  て     に  用  覺  て  の  受  う  と   ` き  を  方  來  
    ゜                     └                                    

  「激しく」旨い味

  に  離  い  離  の  い  分  そ  何  な  そ  全  物  の  の  と     こ  ひ   ┐ ア  本  の              
  目  れ  た  れ  力  は  的  の  か  る  れ  體  を  は  意  か     の  方  激  ナ  テ  朝              
  を  た  在  て  や   ` も  も  に   ゜ を  に   `  ` 味   `  ┐ 違  に  し  ウ  レ   ` 平      ┐    
  留  在  り  い  影  そ  し  の  貼  一  行  し  人  何  を   ┐ 激  和   ` く  ン  ビ  テ  成     激     
  め  り  方  く  響  の  く  み  り  方  ふ  ろ  の  か  持  剥  し  感  大  旨  サ   ` レ  十     し     
  た  方  か  や  で  も  は  づ  付   ` 人   ` 手  に  つ  が  い  は  き  い  |  の  ビ  七     く     
  表  へ  ら  う   ` の  全  か  い   ┐ の  離  に  貼  て  れ └   何  な  味  が  番  放  年    └      
  現  移   ` す  部  自  體  ら  た  剥  行  れ  よ  り  ゐ  る  と  だ  違 └   食  組  送  二     旨     
  が  る  一  を  分  體  が  の  や  が  爲  た  り  付  る └   い  ら  和  と  べ  を  の  月     い     
   ` 動  部  意  的  で  離  動  う  れ  や  状   ` い   ゜ と  ふ  う  感  表  物  觀  四  二     味     
   ┐ き  も  味  も  は  れ  き  な  る   ` 態  部  た   ┐ い  言  か  が  現  を  て  チ  十           
  剥  を  し  す  し  な  て  や  状 └   動  に  分  や  剥  ふ  葉   ゜ 感  し  紹  ゐ  ャ  六           
  が   ` く  る  く  い  い  働  態  と  作  す  的  う  ぐ  言  は     じ  た  介  た  ン  日           
  れ  離  は   ゜ は   ` く  き  の  い  が  る  に  な └   葉   `    ら   ゜ し  ら  ネ   `          
  る  れ  全  貼  全  外   ゜ で  物  ふ  前  こ  し  状  と  と   ┐    れ  こ  て   ` ル  土           
 └   る  體  り  體  か  あ   ` が  の  提  と  ろ  態  い  共  剥     た  の   ` 女   ` 曜           
  で  物  が  付  が  ら  る  部   ` は  に  で   ` の  ふ  通  ぐ      ゜ 言     の  日  日           
   `                          `     `            └                                 


  が  な  も  れ  れ  い   ┐ て  し  を  口  ふ  人  旨     よ   ┐  ┐ な  で  き  ふ   ┐ あ  の  表  離  
  か  る   ` る  る  ふ  か  捕  て  伴  全  動  の  さ     う  激  激  い  も └    ゜ 激  つ  動  現  れ  
  ら  と  水 └  └   言  ら  ら  感  ふ  體  作   ` を  食   ゜ し  し  動   ` が  し  し  て  き  が  さ  
  い  い  氣   `  ` 葉  い  へ  じ   ゜ の  を  舌  感  べ     い  い  き   ┐ 感  か  い  も  と   ` せ  
 └   ふ  が   ┐  ┐ と └   な  た  し  動  行  な  じ  物    └  └  └   數  じ  も └    `  `  ┐ よ  
  と  状  少  川  土  共  と  い  時  か  き  ふ  り  さ  の     は  と  で  多  ら   ` と  い  他  剥  う  
  い  態  な  が  地  通  い  の  に  し  で   `  ` せ  味      ` は  も  い  れ  そ  い  づ  者  が  と  
  ふ  の  く  涸  が  で  ふ  が  は   ` 觸  あ  喉  る  が      ┐ 言   ` 動  る  の  ふ  れ  へ  す  す  
  と  變  な  れ  涸  あ  味  國   ` ひ  れ  る  な  食   ┐    剥  は  速  き   ゜ 動  言  も  の └   る  
  き  化  る  る  れ  ら  も  語  そ  と  さ  い  り  物  旨     ぎ  な  さ └   何  き  葉   ┐ 働  で  も  
  に  を   `└   る  う   ` の  の  た  せ  は  に  は  い     し  い  が  で  か  に  も  動  き  あ  の  
  は  示  あ  な └   が   ┐ 習  味  び  る   `  `  `└     └    ゜ な  も   ┐ は   ┐ き  か  る  に  
   ` す  る  ど   `  ` 嗄  は  は   ` と  當  觸  そ  と     か  お  け   ` 大   ` 動 └   け   ゜ 目  
  も  が  い   `  ┐  ┐ れ  し  動   ┐ い  人  れ  れ  言     ら  そ  れ   ┐ き   ┐ き  を  の  自  を  
  は   ` は  い  樹  喉  る  で  作  味  ふ  が  る  を  ふ     來  ら  ば  見  な  速 └   伴  違  分  留  
  や   ┐ 無  づ  が  が └   あ  と └   動  舌  と  喰  と     て  く   ` 慣  動  い  を  ふ  ひ  か  め  
  變  味  く  れ  枯  嗄  と  る  し  と  作  や  い  ふ  き     ゐ  は     れ  き  動  伴   ゜ は  ら  た  
                        ゜                    `        `      └                     


  と  の     の  く  態     る  動   ┐ つ  い  も  い  そ  か  間   ┐  ┐ 果   ┐    で  で  ピ  椒  化  
  が  宣     で └   に      ゜ き  甘  て └    `└   の  も  の  う  甘  を  旨     あ  あ  リ  な  を  
  あ  傳  以  あ  と  は  い     の  い  ゐ  と   ┐ が  も  動  經  む  い  い  し  食  る  り  と  ど  終  
  る  で  前  ら  形  動  づ     効 └   る  か  甘   ┐ の  き  過 └  └   ふ └   べ   ゜  ` 辛   ┐ へ  
   ゜  ┐ に  う  容  き  れ     力  状 └    ` い  甘  の  の  が  と  と  の  は  物     味  い  ぴ  た  
  こ  激   `  ゜ す  が  に     を  態  な   ┐└   い  性  見  前  い  關  か   ` が     の └   り  在  
  れ  辛  別     る  伴  し     殺  は  ど  あ  に └   質  え  提  ふ  聯  も   ┐  ┐    表  と  ぴ  り  
  は └   の     こ  は  ろ     ぐ   ` と  の  は  と  の  る  に  變  し  知  熟  旨     現  か  り  方  
   ┐ と  テ     と  な   `    や  動  援  部   ` 關  變  變  な  化  て  れ  む  い     と   ` す  で  
  ゲ  い  レ     に  い   ┐    う  き  用  分   ┐ 聯  化  化  つ  は  ゐ  な └  └      し   ┐ る  あ  
  キ  ふ  ビ     違  た  旨     な  を  さ  の  お  し  に  と  て  何  る  い  と  と     て  ピ └   る  
  カ  表  番     和  め  い     意  伴  れ  ネ  前  て  見  い  ゐ  ら  か   ゜ い  い     は  リ  物   ゜ 
  ラ  示  組     感  に └      味  ふ  る  ジ  の  ゐ  え  ふ  る  か  も  あ  ふ  ふ      ┐ ピ  も  唐  
 └   を  で     が   ` と     で  よ  や  は  考  る  る  よ  變  の  知  る  變  と     か  リ   ` 辛  
  と  見  の     生   ┐ い     使  り  う  甘  へ  に   ゜ り  化  長  れ  い  化  き     ら  す   ┐ 子  
  讀  た  食     じ  激  ふ     は  も  に  く  は  し   ┐ は   ` い  な  は  の  の     い  る  ピ  や  
  む  こ  品     る  し  状     れ   `  ` な  甘  て  旨   ` し  時  い   ` 結       └  └   リ  胡  
                                                         ゜                         


                       と  利  に  任  の  存  世  手     す   ┐ を  う  記  女  も  い  お  辛  の  
                       蔑  益  大  感  多  在  の  段     る  激  想  に  が  ア  の  と  そ  い  で  
                       む  と  衆  は  く  で  中  を  現   ゜ し  像  見   ` ナ  か  い  ら └   あ  
                       人  權  の  無  に  あ  に  持  代     く  し  え  い  ウ  と  ふ  く  と  ら  
                       が  益  安  く  は  る  與  つ  の     旨  て  た  か  ン  思  字  は  い  う  
                       現  を  き   `  `  ゜ へ   ` マ     い   ` の  に  サ  ふ  に   ┐ ふ  が  
                       れ  圖  に  粗  そ  し  る  一  ス     味  旨  で  も  |   ゜ 重  激  の   ` 
                       る  る  迎  雜  の  か  影  種  コ    └   さ   `  ┐ は  ひ  ね └   を  こ  
                       の   ゜ 合  な  や  し  響  の  ミ     と  を   ┐ 辛   ` よ  て  と  聞  れ  
                       も   ┐ し  言  う   ` 力  權  は     言  強  激  さ   ┐ つ  視  い  い  ま  
                       頷  マ  な  葉  な  そ  は  力  大     ふ  調  旨 └   激  と  覺  ふ  た  で  
                       か  ス  が  を  存  こ  測  機  量     た  す └   を  辛  し  効  字  こ  に  
                       れ  コ  ら  操  在  に  り  構  高     の  る  と  強 └   た  果  面  と   ` 
                       る  ミ  自  り  に  働  知  で  速     か  つ  い  調  と  ら  を  を  は   ┐ 
                        ゜ や  分   ` 伴  く  れ  あ  の     と  も  ふ  し  い   ` 狙   ┐ な  激  
                          く  ら  安  ふ  人  な  り  廣     想  り  表  た  ふ  か  ふ  辛  い  し  
                          ざ  の  易  責  々  い   ` 報     像  で  記  や  表  の  た └    ゜ く  
                         └                               `                         

  「ども」と「たち」の誤用

  係  と  な  お  集  現  を  ど  ふ   ┐ さ  の   ┐    數  人  數  例  と  何  あ  相  で           
  に  言  ど  互  團  す  造  で  時  私  せ  に  ど     と  に  の  で   ┐ 人  る  手  言           
   ` ふ  と  ひ  の  る  つ   ` の  ど  る   ` も   ┐ 複  限  意  の  た  か  い  の  ふ  自      ┐ 
   ┐ こ  言  に  仲   ゜ て   ┐ 違  も  點   ┐└   ど  數  ら  識  複  ち  の  は  娘  時  分     ど  
  自  と  ふ   ` 間  そ  ゐ  私  ひ └   に  た  は  も  の  ず  は  數 └    ┐  ` や  は  の     も  
  分  で   ゜ 綺  内  れ  ま  ど  を  と  あ  ち  自 └   區   ` 強  表  は  人   ┐ 息   ` 息    └   
  が   ` 相  麗  で  に  す  も  見  言  る └   分  と  別  鳥  く  記   `└   お  子   ┐ 子     と  
  下  自  手  な  の  對 └   で  れ  ふ   ゜ は  よ   ┐ は  や  な  と  英  を  子  を  う  や      ┐ 
 └   分  に  言  發  し  な  は  ば  時  自   ` り  た  し  獣  い  は  語  指  達  指  ち  娘     た  
  の  と  對  葉  言  て  ど   ` よ  と  分  自  も  ち  な   `  ゜ 異  な  す └   す  の  を     ち  
  意  聴  し  を  で   ` と  こ  く   ` の  分  低 └   い  魚  國  な  ど  場  で  と  こ  指    └   
  味  き  て  遣  は  自  自  の  判   ┐ 側  よ  く  の   ゜ な  語  り  西  合  あ  き  ど  し     の  
  を  手   ┐ ひ   ` 分  分  や  る  私  を  り  感  違     ど  で   ` 歐  の  る  は  も  て     誤  
  持  の  私  ま   ┐ の  の  う   ゜ 達  表  高  じ  ひ     で  は  單  の   `  ゜  `└    `    用  
  た  位  ど  せ  私  屬  側  な  商 └   す  く  さ  は     も  一  數  言   ┐ 國   ┐ で  ひ        
  せ  置  も  う  達  す  を  製  談  と  の  感  せ   `     ` 般   ` 語  ど  語  お  あ  と        
  る  關 └  └   は  る  表  品  な  言  に  じ  る        單  に  複  の  も  で  子  る  前        
                                 `                 `      └     └    ゜          


   ┐ た  數  品  か  一  が   ┐       る        て  數   ┐ 意  か   ┐ る  る     感  意  と  こ  
  二 └   を  物  の  羽  つ  め        誤        ゐ  表  ど  識  た  子  状  こ     を  識  言  と  
  三   ` 示  の  生  で  て  だ  國     り  人     る  現  も  の  で  供  況  と   ┐ 醸  を  ふ  が  
  羽   ┐ す  場  き  も  ゐ  か  語        以      ゜ と └   う  あ └   を  が  子  す  高  こ  で  
  の  雀  時  合  物  二  る  が  で        外        は  も  ち  る  と  み  あ  供  こ  め  と  き  
  雀  が  は  も  の  羽 └   泳   `       の        違   ┐ に   ゜ 言  る  る  達  と  て  で  る  
 └   何   ` 同  場  で  な  い   ┐       對        ふ  た  連   ┐ ふ  と   ゜└   が   `  `  ゜ 
  な  羽   ┐ じ  合  も  ど  で  雀        象        も  ち  ね  ど  べ   ` こ  と  出  話  自  一  
  ど  か  雀  で  も   ` と  ゐ  が        に        の └   て  も  き   ┐ の  い  來  し  分  方  
  と  囀  が  あ   ` 數  言  る  飛         `       で  も  仕 └   場  お  言  ふ  る  手  を   ` 
  言  つ  一  る  生  は  ふ └   ん         ┐       あ   ` 舞  と  合  子  葉  言   ゜ と  含  仲  
  ふ  て  羽   ゜ き  問  時   ` で        た        る  英  ふ   ┐ の  達  の  ひ     聴  む  間  
   ゜ ゐ   ` 國  物  は   `  ┐ ゐ        ち        こ  語  こ  た  誤 └   遣  方     き  人  内  
  日  る  飛  語  で  な  そ  鉛  る       └         と  な  と  ち  つ  と  は  を     手  々  で  
  本 └   ん  で  は  い  の  筆 └         を        を  ど  は └   た  か  れ  耳     の  の   ┐ 
  放   ` で  は  な   ゜ 雀  が   `       つ        示  の   ` を  遣   ` て  に     一  位  私  
  送     ゐ   ` い  ほ  は  轉           け        し  複     無  ひ     ゐ  す     體  置  達  
                     `                                                      └   


        幼  手  話  か  稚  言   ┐    方  て  の  日  と  す  生  外  で  洋   ┐ り  日  ち  く  協  
        児  が  の  や └   ふ  め     で  ゐ  も  本  の  る  き  の  ゐ  語  た  は  本 └   り  會  
        で  幼  全   ` に  の  だ  大  は  る  の  放  會  こ  物  生  る  の  ち   ` 放   ` し  の  
        あ  児  體  鉛  感  を  か  人  な  と  に  送  話  と  で  き  つ   ┐└   廣  送   ┐ た  テ  
        る  で  が  筆  じ  聽  た  向  い   ` 對  協  で  は  な  物  も  複  と  く  協  鉛  が  レ  
        と  あ  幼  を  ら  く  ち  け  や  必  す  會  は   ` い  を  り  數  言  知  會  筆   ` ビ  
        の  る  児  擬  れ  と └   の  う  ず  る  の   ` 國  物  人  か  表  ふ  ら  の  た   ┐ 放  
        意  か  言  人  る   `  ` 番  で  し   ┐ テ  日  語  を  に  と  現  表  れ  ア  ち  雀  送  
        識   ` 葉  化   ゜ そ   ┐ 組  あ  も  た  レ  常  で  も  例  想 └   現  て  ナ └   た  を  
        が  あ  に  し  そ  の  鉛  で  る  人  ち  ビ  的  も   ` へ  像  を  は  ゐ  ウ  と  ち  聞  
        働  る  感  て  れ  表  筆   `  ゜ に └   放  で  行  人  て  し  國   ` る  ン   `└   い  
        く  い  じ  聞  は  現  た   ┐    例  の  送  あ  ふ  に  表  て  語  英  こ  サ  言   ` て  
        か  は  ら  こ   ` 内  ち  雀     へ  遣  で  る  し  例  現  ゐ  に  語  と  |  ふ   ┐ ゐ  
        ら  聴  れ  え  雀  容 └   た     て  ひ  の   ゜  ` へ  し  る  持  な  で  の  て  め  て  
        で  き   ` る  や  が  な  ち     の  方  人  し  幼  て  た   ゜ ち  ど  あ  英  ゐ  だ   ` 
        あ  手  話  の  め   ┐ ど └      言  を  以  か  な  表  り  人  込  の  る  語  る  か  び  
        る  が  し  で  だ  幼  と   `    ひ  観  外  し  子  現   ` 以  ん  西  が  訛   ゜ た  つ  
         ゜        `                          `                    `             


  方  て        と  込  何  込  從  役  ら     店  書  ん  ト  し  が  し  な  樣  部        使        
  の   `       言  ん  冊  ん  業  立  仕     ・  店  で  氣  ず   ` た  ど  で  を        用        
  例   ┐ こ     ふ  で  も  で  員  つ  入  こ  花   ┓ く  に  つ  他   ゜ の  川  お   ┐    例  物     
  で  た  れ     て  く  の  く  の  と  れ  こ  井  え  れ  な  入  に  決  署  端  わ  ・     と  を     
  す  ち  は      ` れ   ┐ れ  呼  見  た  で  敏  ぽ  そ  る  手  も  し  名  康  け  ・     し  人     
  が └    `    人  そ  書  る  び  て  品  は  夫  っ  う  書  で  自  て  入  成  い  ・     て  に     
   ` と  人     に  う  物  だ  込   ` が   `└┘ く  で  物  き  分  高  本  ・  た  ご      ` 喩     
  誤  言  以     み └  └   ら  み  そ   ` 古    ┗   す  た  て  の  價  に  三  だ  連     次  へ     
  つ  ふ  外     な  な  が  う  と  の  自  本     第   ゜ ち  い  手  な  出  島  い  絡     の  た     
  た  て  の     し  の   ` と  同  品  分  屋     六 └   が  ま  で  本  逢  由  た  を     文   `    
  例  ゐ  も     て  で   ┐ 期  樣  が  の  さ     巻 ┌┐ 賑  す  賣  で  う  紀  の  頂     章   ┐    
  は  る  の     ゐ   ` 賑  待  に  店  店  ん     一  合  わ   ゜ り  は  こ  夫  で  戴     が  た     
   ` 正  を     る   ┐ わ  し   ` 頭  の  が     號  資  い  こ  た  な  と  ・  す  し     あ  ち     
  日  し  擬      ゜ 書  い  て  客  に  客  藏      ` 會  を  の  い  い  が  松  が  藏     り └      
  放  い  人        物  を  ゐ  を  あ  寄  書     金  社  呼  チ  本  の  で  本   ` 書     ま  の     
  協  使  化        た  呼  る  呼  れ  せ  家     井  金  び  ョ  が  で  き  清  お  の     す  良     
  の  ひ  し        ち  び   ゜ び  ば  に  か     書  井  込  ッ  少  す  ま  張  陰  一      ゜ い     
                └             `                                                    


                                                                             く  番  
                                                                             ら  組  
                                                                             で  を  
                                                                             も  少  
                                                                             集  し  
                                                                             め  注  
                                                                             ら  意  
                                                                             れ  深  
                                                                             ま  く  
                                                                             す  聽  
                                                                              ゜ い  
                                                                                て  
                                                                                ゐ  
                                                                                る  
                                                                                と  
                                                                                 ` 
                                                                                い  
                                                                                   

この網上葉の經過

○平成二十五年拾一月十日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成十九年拾一月二十一日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成十七年三月朔日、「「激しく」旨い味」を掲載。
○平成十七年二月二十一日、「「ども」と「たち」の誤用」に追記。
○平成十七年正月二十八日、「「ども」と「たち」の誤用」を掲載。


診療所玄關
御意見、御感想をお寄せ下さい。電子飛脚は、各ページの著作権者名またはこの★を押してお送り下さい。(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)
★ 御 注 意 ★
  この網上葉(ページ)およびここから繋がる『言葉の診療室』に所屬する網上葉(ページ)の著作權は下記に記した者が保有してゐます。これらの内容を閲覧するために、網際(インターネット)上から自分の機械へ電氣信號(データ)を取り込んで展開すること、ならびにその情報(データ)を網際通信(インターネット)を切斷して閲覧するために保存することは出來ますが、それ以外のいかなる複製・複冩・印字・譲渡・貸與行爲をも禁止致します。
  ○引き紐を着けること(リンク)は御自由です。

著作權者 坊垣河原雲陳(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)  平成十七年、乃至二十五年  
CopyRight © 2005 - 2013 Bonngaigawara Unntinn

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO