第一部 著作權といふ權利

著作權法


  て  ら  く  う  相  良  と  で  の  あ  れ  間  へ  展  ら  律  柄     
  み  ど  こ   ° 手  い  き  あ  最  る  以  は  ら  に  れ  第  は  我  
  る  う  と  そ  側  や  は  る  新  の  前  長  れ  伴  て  四   ┐ が  
  必  考  や  の  も  う  ど   ° 法  で  の  期  て  ひ  ゐ  十  昭  國  
  要  へ   ` 時  そ  に  う  と  令   ` 旧  に  ゐ   ` る  八  和  で  
  が  る  冷  は  れ  解  し  り  文  最  法  わ  る  次   ° 號  四  は  
  あ  か  静  專  は  釋  て  わ  を  終  を  た   ° 々  そ  著  十  著  
  る  と  に  門  同  し  も  け  見  的  参  る  著  と  の  作  五  作  
   °  ` な  家  じ  が  自  紛  る  に  照  こ  作  改  後  權  年  權  
     視  つ  の  事  ち  分  争  こ  は  す  と  權  正   ` 法  五  に  
     點  て  意  情  で  に  が  と  そ  る  か  の  の  時 └   月  關  
     を  相  見  で  あ  都  生  が  の  必  ら  保  手  代  で  六  す  
     變  手  を  あ  る  合  じ  大  時  要   ` 護  が  の  定  日  る  
     へ  な  聽  ら  が  の  た  切  々  も  そ  期  加  進  め  法  事  
                  `                                     
  へ  こ  的  文  等  正  定  権  送  作     る  条     切  自  に     
  ば  れ  と  化  の  な  め  利  及  物   ┐  ° に  著  で  分  は  參  
  紙  は  す  の  権  利   ` 及  び  並  第     は  作  あ  の  著  考  
  に   ` る  発  利  用  こ  び  有  び  一     次  權  る  考  作  書  
  文  一   ° 展  の  に  れ  こ  線  に  条     の  法   ° へ  權  を  
  字  般 └   に  保  留  ら  れ  放  実        や  の     で  法  見  
  を  に     寄  護  意  の  に  送  演        う  目     判  の  る  
  書   ┐    与  を  し  文  隣  に   ` こ     に  的     斷  条  場  
  い  著     す  図  つ  化  接  関  レ  の     定  と     す  文  合  
  た  作     る  り  つ  的  す  し  コ  法     め  し     る  に  も  
  り  物     こ   `  ` 所  る  著  l  律     ら  て     こ  た   ` 
   `└      と  も  著  産  権  作  ド  は     れ   `    と  ち  最  
  機  と     を  つ  作  の  利  者   `  `    て  第     が  歸  終  
  械  い     目  て  者  公  を  の  放  著     ゐ  一     大  り  的  
                                                   `    
  し  に  ッ  で  に  味  意  語        利  性  な  演  こ  ら  く  で  
  て  用  ト  あ  應  を  味  に  こ     を  が  い   ` か  れ   ┐ 文  
  固  ゐ  ∨  る  へ  擴  を  嚴  の     保  あ  物  演  ら  て  文  字  
  定  ら  な   ° て  大  縮  密  や     護  れ  も  技  意  い  字  を  
  的  れ  ど  網  ゐ  し  小  な  う     せ  ば  著   ` 味  る  と  打  
  な  る  の  際  る  た  し  意  に     う  そ  作  音  を  が  の  ち  
  意  用  最  通  の  り  た  味  法     と  の  物  樂  擴   ` 關  込  
  味  語  新  信  で  し  り  づ  令     い  作  と  な  げ  著  聯  ん  
  づ  は  の  ∧   ` て   ` け  文     ふ  品  認  ど  て  作 └   だ  
  け   ` 事  イ  注  時  あ  を  で     も  と  め  文   ` 權  で  り  
  が  日  態  ン  意  代  る  施  は     の  作  て  字  繪  法  意   ` 
  完  本  で  タ  が  の  い  し  日     で  者   ` を  畫  で  味  と  
  成  語  一  l  必  要  は  て  常     あ  の  創  含   ` は  づ  に  
  し  と  般  ネ  要  請  意   ` 用     る  權  作  ま  口  そ  け  か  
                                 °                      
  可  信  ∧     で  明  本  意  の  か  る  故  ひ  ど  た  確  音  て  
  能  を  イ  な  せ  す  語  味  に  ア  の  こ  方  う  問  な  で  ゐ  
  化   ┐ ン  ほ  う  る  で  の └   ッ  か  ん  に  し  題  意  示  な  
  す  自  タ   `  °└    ` 安  と  プ   ° な  な  て  が  味  し  い  
  る  動  l  著     こ  誤  定  思  ロ  普  解  ら  も  あ  づ  た   ` 
 └   公  ネ  作     と  解  し  ふ  l  通  り  ざ   ┐ り  け  だ  單  
  と  衆  ッ  權     を  を  た  時  ド  に  に  る  ま   ` が  け  に  
  表  送  ト  法     試  招   ` は  と  プ  く  を  わ  法  不   ` 外  
  現  信  ∨  で     み  か  使   ` か  ロ  い  得  り  令  安  原  國  
  し └   で  は     て  ぬ  ひ  ご  言  バ  言  な  く  文  定  語  語  
  て  で  の  網     み  や  馴  自  へ  イ  ひ  い  ど  と   ` 自  の  
  ゐ   ┐ 情  際     る  う  れ  分  ば  ダ  方   ° い  し  と  體  單  
  る  送  報  通     べ  に  た  で  良  l  を   ┐└   て  言  の  語  
   ° 信  発  信     き  説  日   ┐ い  と  す  何  言  は  つ  正  を  
                                                        
  を  信  る  合  以  所  置  通  有  こ      ┐ も  ∧  の  信   ┐    
  除  ∧  区  に  上  と  の  信  線  と  公  第  の  放  求     第     
  く  プ  域  は  の  同  場  設  電  を  衆  二  を  送  め  公  二     
   ° ロ  内   ` 者  一  所  備  気  目  に  条  除  又  に  衆  条     
  ∨  グ  ∨  同  の  の  が  で  通  的  よ     く  は  応  送        
  を  ラ  に  一  占  構  他   ` 信  と  つ  七   ° 有  じ  信  九     
  除  ム  あ  の  有  内  の  そ  の  し  て  の  ∨  線  自  の  の     
  く  の  る  者  に  ∧  部  の  送  て  直  二  を  放  動  う  四     
   ° 著  も  の  属  そ  分  一  信  無  接     い  送  的  ち        
  ∨  作  の  占  し  の  の  の  ∧  線  受  公  う  に  に   ` 自     
  を  物  に  有  て  構  設  部  有  通  信  衆   ° 該  行  公  動     
  行  の  よ  に  い  内  置  分  線  信  さ  送 └   当  う  衆  公     
  う  送  る  属  る  が  の  の  電  又  れ  信     す  も  か  衆     
  こ  信  送  す  場  二  場  設  気  は  る        る  の  ら  送     
                                                        
  気  イ  す  よ      ┐    う  受  つ      ┐ 通  れ  一  衆   ┐ と  
  通     る  り  次  第     有  信  て     第  信  る  の  送  第  を  
  信  公  こ  自  の  二     線  さ  同  公  二  を  こ  内  信  二  い  
  回  衆  と  動  い  条     電  れ  一  衆  条  い  と  容  の  条  う  
  線  の  を  公  ず        気  る  の  送     う  を  の  う      ° 
  に  用  い  衆  れ  九     通  こ  内  信  九   ° 目  送  ち    └   
  接  に  う  送  か  の     信  と  容  の  の └   的  信   ` 八     
  続  供   ° 信  に  五     の  を  の  う  二     と  が  公        
  し  さ     し  掲        送  目  送  ち        し  同  衆        
  て  れ     得  げ  送     信  的  信   `       て  時  に  放     
  い  て     る  る  信     を  と  が  公  有     行  に  よ  送     
  る  い     よ  行  可     い  し  同  衆  線     う  受  つ        
  自  る     う  為  能     う  て  時  に  放     無  信  て        
  動  電     に  に  化      ° 行  に  よ  送     線  さ  同  公     
                      └                                 
  に  し  置  記  え  の  録  を  ∨  を  る  さ  用  以  動  に  る  公  
  情   ` の  録   ` 公  媒  記  の  有  情  れ  記  下  公  よ  電  衆  
  報  又  公  媒  若  衆  体  録  公  す  報   ` 録  こ  衆  り  気  送  
  を  は  衆  体  し  送  を  し  衆  る  を  又  媒  の  送   ` 通  信  
  入  当  送  を  く  信  当   ` 送  装  自  は  体  号  信  そ  信  装  
  力  該  信  当  は  用  該  情  信  置  動  当 └   に  の  の  回  置  
  す  自  用  該  情  記  自  報  用  を  公  該  と  お  用  記  線  ∧  
  る  動  記  自  報  録  動  が  記  い  衆  装  い  い  に  録  に  公  
  こ  公  録  動  が  媒  公  記  録  う  送  置  う  て  供  媒  接  衆  
  と  衆  媒  公  記  体  衆  録  媒   ° 信  に   °  ┐ す  体  続  の  
   ° 送  体  衆  録  と  送  さ  体  以  す  入  ∨  公  る  の  す  用  
     信  に  送  さ  し  信  れ  に  下  る  力  に  衆  部  う  る  に  
     装  変  信  れ  て  装  た  情  同  機  さ  記  送  分  ち  こ  供  
     置  換  装  た  加  置  記  報  じ  能  れ  録  信  ∧  自  と  す  
                              °                         
              要     こ  ち  場  他  送  線  い  に  れ  動  に  ロ  
              點  以  と  最  合  の  受   ` る  つ  て  公  情     
              を  下   ° 後  に  一  信  自  電  い  い  衆  報     
              解   `└   の  は  連  用  動  気  て  る  送  が  そ  
              説  現     も   ` の  プ  公  通   ` 当  信  記  の  
              す  行     の  当  行  ロ  衆  信  公  該  装  録  公  
              る  の     を  該  為  グ  送  回  衆  自  置  さ  衆  
               ° 著     い  一  に  ラ  信  線  の  動  に  れ  送  
                 作     う  連  よ  ム  装  へ  用  公  情   ` 信  
                 權      ° の  り  の  置  の  に  衆  報  又  用  
                 法     ∨  行  行  起  の  接  供  送  が  は  記  
                 に     を  為  わ  動  始  続  さ  信  入  当  録  
                 從     行  の  れ  そ  動  ∧  れ  装  力  該  媒  
                 ひ     う  う  る  の   ` 配  て  置  さ  自  体  
                  `                                     


目次ページへ  はじめにへ  著作物とは
この網上葉の經過
○平成二十九年四月二十三日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成十九年拾一月二十一日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成十五年十月十七日、電子飛脚の宛先更新。
○平成十二年八月二十日、掲載。
★ 御 注 意 ★
  この網上葉(ページ)およびここから繋がる『網際活動と著作權』に所屬する網上葉(ページ)の著作權は下記に記した者が保有してゐます。これらの内容を閲覧するために、網際(インターネット)上から自分の機械へ電氣信號(データ)を取り込んで展開すること、ならびにその情報(データ)を網際通信(インターネット)を切斷して閲覧するために保存することは出來ますが、それ以外のいかなる複製・複冩・印字・譲渡・貸與行爲をも禁止致します。ご利用の際は事前にお申し込み下さい。
  ○引索(リンク)は御自由です。
著作權者    東川吉嗣(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)  平成十二年、乃至平成二十九年
CopyRight © 2000 - 2017 Higasikawa Yositugu

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO