フィリピン獨立運動の志士

リサール切手集

東川吉嗣

  ホセ・リサールはフィリピンの國民的英雄です。スペインの植民地となつてゐた時代に、植民地政治の弊害を説き、フィリピン社會の改革を訴へました。後に捕らへられて処刑されました。フィリピンでは獨立の氣運を創つた英雄として、スペインから代はつたアメリカ植民地の時代、大東亞戰爭の時代、戰後アメリカから獨立して現在に至るまで、一貫してその生涯を頌へられて來ました。郵便切手にもしばしば採り上げられてゐます。ここでは自分の蒐集品の中から、リサールを題材にした切手を紹介します。
  ホセ・リサールは、文久元年、平成前百二十八年生まれで、明治二十九年、平成前九十三年に処刑されました。日本にも滞在し、東京千代田區の日比谷公園の中にはリサール滞在記念の石碑があります。
目次

アメリカ植民地期のリサール切手
アメリカ植民地期のリサール切手

大東亞戰爭期のリサール切手
日本軍政下の時代
獨立國の時代

獨立以降現在までのリサール切手
生誕百年以前のもの
生誕百年以降のもの

參考圖書の紹介
花野富藏『ホセ・リサール傳』
富岡昭『日本の占領切手』
『日本切手専門カタログ2000年版』

ホセ・リサールに關聯して
東京にあるリサール記念碑

切手雜感
目的はづれの切手デザイン


パソコン版・目次 - 大きな畫面で御覧になるときはここから

この網上頁の經過
○平成二十九年四月十四日、電子飛脚の宛先を訂正。
○平成二十二年十二月三十一日、電子飛脚の宛先訂正。
○平成十六年七月二十六日、一部訂正。
○平成十五年十一月二十五日、携帯電話版を掲載。
○平成十二年八月二十二日、開設。
★ 御 注 意 ★
  この網上頁(ページ)およびここから繋がる『リサール切手集』に所屬する網上葉(ページ)の著作權は下記に記した者が保有してゐます。これらの内容を閲覧するために、網際(インターネット)上から自分の機械へ電氣信號(データ)を取り込んで展開すること、ならびにその情報(データ)を網際通信(インターネット)を切斷して閲覧するために保存することは出來ますが、それ以外のいかなる複製・複冩・印字・譲渡・貸與行爲をも禁止致します。ご利用の際は事前にお申し込み下さい。
  ○引き紐を着けること(リンク)は御自由です。

著作權者    東川吉嗣(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)  平成十二年、乃至平成二十九年
CopyRight © 2000 - 2017 Higasikawa Yositugu
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO