煩惱菩提

今日といふ日

坊垣河原雲陳


今日を活き、今日を死ぬ。そのよすがのかけらをフト考へる。

「煩惱菩提」の玄關頁


一月一日 ・ お年玉について
一月二日 ・ 仕事始めについて
一月十五日 ・ 小正月、以前の成人の日について
二月十一日 ・ 「建國記念日」こと紀元節について
二月十四日 ・ 「バレンタインデー」といふ「チョコレート販賣促進日」
五月三日 ・ 憲法記念日について
七月二十日 ・ 海の記念日について
八月十五日 ・ 大東亞戰爭戰闘停止の日
十一月三日 ・ 「文化の日」こと明治節について
十一月二十三日 ・ 勤労感謝の日について
十二月二十三日 ・ 天長節「天皇お誕生日」について

太陽暦一月一日

     な  校  い  た  ひ  朝     る  は  ほ  皇  中  倍  始  春  の  て  彼  る  そ  特  太  約  の     太  
     つ  の  つ   ゜  ` は     見   ` か  の  巻  速  ま  の  始  ゐ  岸  冬  こ  別  陽  三  知     陽  
  い  て  上  の  小  家  登  自  解  彼  に  御  の  く  り  彼  ま  た  の  至  で  な  暦  百  識  年  暦  
  つ  ゐ  級  頃  學  に  校  分  が  岸  も  年  末  歳  で  岸  り  ふ  日  や   ` 日  の  六  に  の  一  
  の  た  の  か  校  歸  し  が  あ  記  古   ` 尾  を  あ  と  と  し  が   ` 本  で  一  十  拠  始  月  
  頃   ゜ 頃  ら  の  り  て  小  る  年  代  壹  に  と  り  秋  す  が  そ  晝  來  も  月  五  れ  め  一  
  か     に  か  女   `  ` 學   ゜ 法  の  百  は  る   ` の  る  あ  の  と  は  な  朔  日  ば  の  日  
  ら     は  憶  の  父  紅  生  納  に  天  參   ┐ こ  現  彼  考  る  年  夜  日  い  日  か   ` 第     
  か      ` え  先  親  白  の  得  よ  皇  十  品  と  在  岸  へ   ゜ の  の  照  こ  は  け  地  一     
   `    元  て  生  か  の  初  出  る  に  歳  陀  に  の  の  が  假  始  時  時  と  天  て  球  日     
  新     日  ゐ  は  ら  餅  め  來  も  御 └  ┌┐ な  考  い  あ  に  ま  間  間  が  文  回  は   ゜    
  年     の  な  袴  小  か  の  る  の  長  と  ほ  る  へ  づ  る  彼  り  が  が  判  學  つ  太  現     
  に     登  い  姿  遣  菓  頃  見  だ  壽  あ  む   ゜ 方  れ  と  岸  と  等  一  つ  的  て  陽  在     
  は     校  が  で  ひ  子   ` 解  と  が  り  だ   ┓ よ  も  す  の  考  し  番  て  に  ゐ  の  の     
   ┐    は   ` ゐ  を  か  元  で  主  多   ` の  古  り  が  れ  日  へ  く  短  ゐ  は  る  周  天     
  お     無  小  た  貰  を  日  あ  張  い  そ └┘ 事  も  年  ば  を  ら  な  く  る  何  が  り  文     
  年     く  學   ゜ ふ  貰  の  る  す  の  の  天  記  二  の   ` 年  れ  る  な   ゜ の   ` を  學     
                           ゜            ┗                                          

  の  し  安  こ  ふ  れ     る  な  か  に  見  神  超  年  質  當  新  と  る  事  へ  で  ゐ  と  に  玉  
  判  て  物  れ  て  て     の  歳  ら  歳  せ  は  え  を  が  人  年  で  た  を  て  あ  る  す  小 └   
  ら   ` だ  は  も  評  現  で  を  縁  と  な  直  た  迎  あ  の  を  あ  め  言  世  ら   ゜ る  遣  と  
  な  市   ` 何   ` 價  代  あ  迎  起  る  い  接  歳  へ  る  日  迎  る  に  祝  に  う   ┐ 風  ひ  稱  
  い  場  と  圓  そ  さ  は  る  へ  物  姿  の  に  神  る  と  頃  へ   ゜  ` ぎ  些   ゜ と  潮  錢  し  
  物  價  の  の  れ  れ  あ   ゜ る  を  に  で  は  の  こ  し  の  る  人  年   ` か  そ  し  が  を  て  
  に  値  感  物  を  る  ら     こ  賜  歳   ` 特  力  と  て  節  こ  が  長  年  で  の  た  テ  無   ` 
  は  の  情  だ  市  の  ゆ     と  る  神  身  定  に  の  も  制  と  長  者  長  も  歳  ま  レ  闇  親  
   ` 無  を   ` 場  で  る     の  こ  の  近  個  拠  で   ` や  の  生  か  者  盡   `└   ビ  に  類  
  そ  い  抱  値  價   ` 物     出  と  力  な  人  る  き  し   ` 出  き  ら  の  く  そ  は  な  舊  縁  
  の  物  い  段  値  童  が     來  で  を  老  に  と  る  あ  生  來  を  縁  長  す  の  本  ど  舞  者  
  時  や  て  の  に  は  現     た   ` 見  年  具  考  の  は  ま  る  し  起  生  こ  年  來  で  ふ  の  
  の   ` し  張  換  縁  金     喜  自  て  者  體  へ  は  せ  れ  の  て  物  き  と  を  は  宣  こ  大  
  自  市  ま  る  算  起  に     び  分   ` が  的  ら   ` に  つ  は   ` を  に  の  活   ┐ 傳  と  人  
  分  場  ふ  物  し  物  換     を  も  そ  健  な  れ  人  新  き   ` 無  賜  あ  で  き  歳  さ  を  が  
  に  價   ゜ だ  て  を  算     感  新  の  や  姿  る  事  し  の  勿  事  る  や  き  長  賜  れ  良  子  
  と  値  そ   `  ` 貰  さ     じ  た  人  か  を   ゜ を  い  體  論  に  こ  か  る  ら  ひ  て  し  供  
                                                      `               └            

  則  く  り  を  擔  さ  普  と  立  と  慣  制  つ     見  大  だ  お  か  遣  け  そ  や  喜  て  し  つ  
  と   ゜ や  手  し  な  通  し  て  稱  が  度  た     え  人 └   年  な  ひ  で  れ  現  ん  ゐ  て  て  
  し  我  仕  傳  て  い  で  て  て  し  あ  の  き   ┐ る  の  と  玉  い  錢   ` を  金  で  な  し  の  
  て  が  事  ひ   ` 代  あ   ` ゐ  て  ら  も  つ  お   ゜ 淺  話  は  童  を   ┐ 見  を  く  い  ま  使  
   ` 國  ぶ  な  丁  り  つ  住  る   ` う  と  か  年     は  し  誰  が  舊  お  て  與  れ  大  ふ  用  
  指  の  り  が  稚  に  た  み  商  童   ゜ で  け  玉     か  て  と   ` 舞  年  自  へ  な  人   ゜ 價  
  導  傳  を  ら  は   `  ゜ 込  人  の  昔  の  の └      さ  ゐ  誰  わ  ふ  玉  分  る  い  も   ┐ 値  
  者  統  觀   ` 自  生  そ  み  や  頃  の   ` 一  が     を  る  か  け  こ └   も  は  な   ` 縁  に  
  が  的  て  親  分  活  の  で  職  か  商  盆  つ   ┐    觸  の  ら  も  と  と  滿  う  ら  せ  起  換  
  手  な   ` 方  の  費  時  仕  人  ら  賣  正  と  小     れ  を  貰  判  に  稱  足  が   ` つ  物  算  
  と  職  自  や  出  は  の  事  の   ` 人  月  し  遣     回  見  ひ  ら  な  し  す   ` 喜  か └   し  
  り  業  分  先  來  ヘ  修  を  家  そ  や  の  て  ひ     つ  る   ` ず  る  て  る  相  ん  く  の  て  
  足  訓  で  輩  る  へ  學  見  に  の  職  藪   ` 錢     て  と  全  に   ゜  `  ` 手  で  の  意  値  
  と  練  學  の  日  る  費  習   ┐ 道  人  入  昔 └      ゐ   ` 部   ┐ 年  子  と  は  貰  縁  味  段  
  り  は  ん  生  常  側  用  ふ  丁  で  は  り  の  に     る  身  で  今  端  供  い  喜  へ  起  が  づ  
  ヘ   ` で  活  雜  が  は  の  稚  身  奉  の  徒  變     姿  近  何  年  の  に  ふ  ぶ  る  物  判  け  
  へ  原  行  ぶ  事  負  出  が └   を  公  習  弟  は     に  の  圓  の  行  小  わ  し  品  を  つ  を  
                                                                     `             

     あ  單     一     へ  味  で     る   ┐ の  か  産  物  許  盆  で  先  丁  と  と  い  捨  の  る  
     る  に     月     る  の  新     こ  お  延  の  物  を  さ  と  あ  人  稚  い  い  者  選  姿  こ  
      ゜ 濟  自  二      ゜  ┐ 年  こ  と  年  長  小  を  新  れ   ` る  の  は  ふ  ふ  に  擇  を  と  
        ま  分  日        お  に  の  が  玉  と  遣  持  調  る  新   ゜ 生  日  言  の  一  し  觀  は  
        せ  が           年  く  や  始 └   し  ひ  た  し   ゜ 年  し  活  常  葉  が  方  て  察  な  
        て  童  -         玉  れ  う  ま  と  て  錢  さ  て  そ  を  か  を  雜  が  基  的  學  し  く  
        朝  の          └   た  に  つ  し   ` を  れ  貰  の  祝  し  み  事  端  本  に  ん  て   ` 
        風  頃  仕        に  紅  考  た  て  新  與  た  ふ  時  ふ   ` な  の  的  に  ヘ  で   ` 學  
        呂   ` 事        近  白  へ  の   ┐ 年  へ  り  た  に  正  先  ら  手  に  あ  へ  行  そ  習  
        へ  父  始        い  の  る  で  小  に  ら   ` り   ` 月  祖  ふ  傳  そ  る  て  く  の  者  
        這  は  め        物  菓  と  あ  遣  奉  れ  そ   ` 奉  に  供  の  ひ  れ   ゜ も   ゜ 中  が  
        入  仕           で  子   ` ら  ひ  公  た  し  田  公  は  養  で  を  を   ┐  ` 學  か  自  
        つ  事           あ  は  昔  う  錢  先  り  て  舎  先   ` を   ` し  示  み  効  ぶ  ら  發  
        た  始           つ  本   `  ゜└   が  し   ` の  か  里  す  年  な  し  な  果  意  自  的  
        も  め           た  來  小     を  丁  た  幾  親  ら  歸  る  中  が  て  ら  は  思  分  に  
        の  を           と  の  學     與  稚   ゜ ば  へ  は  り  盂  無  ら  ゐ  ひ  無  の  で  先  
        で  簡           い  意  校     へ  に  そ  く  土  着  が  蘭  休   ` る └   い  弱  取  人  
                                                                  ゜     `          

  が  を  で  區  達  十  人     の  區  い  さ  童  焼  十  新      ┐ 氣  生  苦  月  區  こ     人  一  
  選  祝  あ  切  成  歳  の     だ  切  ふ  れ  の  き  五  年     年  持  か  あ  を  切  と     の  月  
  擧  ふ  る  つ └   に  日  數  ら  の  の  た  頃  な  日  を  正  の  を  さ  り  正  を  で   ┐ 日  十  
  制  こ  が  て  を  達 └   年  う  日  は   ゜  ` ど  に  祝  月  始  新  れ  樂  月  つ   ` 正 └   五  
  度  と   ` 人  祝  し  と  前   ゜ で   ` こ  十  で  は  つ  は  め  た  た  あ  と  け  日 └      日  
  を  自   ┐ と  ふ  た  稱  ま     あ  こ  の  五  焼  正  て  玄 └   に   ┐ り  言  て  々  は        
  基  體  選  成  た  人  し  で     る  の  區  日  き  月  ゐ  關  を  す  し  を  ふ   ` の   ┐    -   
  礎  は  擧  る  も  の  て  は     と  月  切  ま  捨  飾  る  口  祝  る  あ  經   ゜ そ  暮  た        
  と   ` 權 └   の   ┐  `  `    の  の  の  で  て  り  姿  に  ふ  き  は  て  日  の  ら  だ     小  
  し  我  獲  と  で  選  國  一     意  中  日  は  て  を  を  正  慣  つ  せ   ` 々  年  し  し     正  
  て  が  得  い  あ  擧  の  月     識  で  を  お  日  降  外  月  は  か └   ま  の  の  の  く     月  
  ゐ  國  の  ふ  る  權  祝  十     が   `  ┐ 正  常  ろ  に  飾  し  け  を  た  暮  始  中  す      ` 
  る  の  年  の   ゜ 獲  日  五     働  元  小  月  生  し  も  り  が  と  噛  一  ら  ま  に  る     以  
  の  政  齢  も   ┐ 得  と  日     い  日  正  だ  活   ` 示  を  あ  し  み  つ  し  り   ┐└      前  
  で  治  達  變  年  の  し  を     て  に  月  と  へ  ど  す  飾  る  て  し  の  の  と  歳  と     の  
   ` 體  成  な  齢  年  て   ┐    ゐ  次 └   聞  歸  ん  が  り   ゜  ` め  歳  中  な └   い      ┐ 
  納  制 └   話  で  齢  二  成     る  ぐ  と  か  る  ど   `  `        ` を  で  る  の  ふ     成  
                                          ゜                       `                

                                         ふ  て  の  を  に  典  と  や  傳  を  は  解  合  得  
                                         た   ` 日  定  合  も  し  う  聞  休  正  出  は  で  
                                         日  選 └   め  は  そ  て  に  で  ま  月  來  せ  き  
                                         に  擧  は  る  せ  の  祝 └   は  せ  の  る  た  る  
                                         改  制   ┐ 意  て  一  日  と   ` る  第   ゜ こ  こ  
                                         め  度  選  味  祝  つ  の  の   ┐ 目  二  こ  と  と  
                                         る  施  擧  が  日  の  主  理  成  的  月  の  も  で  
                                         べ  行  權  無  を  手  旨  由  人  で  曜   ┐  ` あ  
                                         き  の  の  か  移  段  を  と  の  日  日  成  一  る  
                                         で  日  日  ら  動  に  徹  の  日  を  な  人  つ   ゜ 
                                         あ  な └   う  す  過  底  こ  の  設  ど  の  の  そ  
                                         る  ど  と   ゜ る  ぎ  す  と  式  定  と  日  方  れ  
                                          ゜  ` で  今  の  な  る   ゜ 典  さ  い └   便  を  
                                            主  も  の  で  い  に  國  を  れ  ふ  が  と  小  
                                            旨  改   ┐ は   ゜ は  の  し  て   `  ` し  正  
                                            に  稱  成  祝  手   ` 祝  易  ゐ  國  今  て  月  
                                            沿  し  人  日  段  式  日  い  る  民  で  理  に  
                                                                     ゜             

二月十一日 紀元節

 と  算  布  六  日  日  明  西  明  た  に  め  ひ  と     日  二 
 定  し  告  年  と  神  治  歐  治  の  納  來  こ  言    └┘ 月 
 め  て  し  に  被  武  五  諸  政  が  め  た  の  は  由     十 
 た   ┐  `  ┐ 定  天  年  國  府   `  ` り  み  れ  來     一 
  ° 二  明  紀 └   皇  十  の  は  睦  橿   ` こ  る        日 
 現  月  治  元  と  御  一  建  近  月  原  大  と   ┐ -      ・ 
 在  十  七  節  布  即  月  國  代  二  の  和 └   か        紀 
 の  一  年 └   告  位  に  記  國  十  宮  國  が  む  後     元 
  ┐ 日   ` と  し  相   ┐ 念  家  九  に  邊   ` や  に     節 
 建 └   太  稱  た  當  第  日  建  日  政  り  西  ま   ┐   ┌┐
 國  を  陽  す  が  に  一  に  設  と  府  を  國  と  神     建 
 記  紀  暦  る   ` つ  月  倣  に  の  を  支  か  い  武     國 
 念  元  に  む  明  き  廿  ひ  當  こ  置  配  ら  は  天     記 
 の  節  換  ね  治  祝  九   ` り  と  い  下  攻  れ  皇     念 
                          `  °            └        

 念  て  び  際  が  て  在  な  な  る  忘  記  捕  國  一  家  日 
 の  ゐ  て  場  定  受  す  古  國  の  れ  念  ら  家  日  の └  
 日  た  行  裏  め  け  る  い  に  は  さ  を  へ  建  に  や  は 
 が  時  け  で  ら  容  こ  安  例   ` せ  梃  て  設  し  う  こ 
 定  代  る  近  れ  れ  と  定  が  歴  な  子  記  事  て  な  れ 
 め  で  か  代  た  ら  は  し  多  史  い  に  念  業  な  巨  を 
 ら  あ  否  國  の  れ  當  た  い  の  仕  國  の  の  る  大  繼 
 れ  つ  か  家  は  て  り  國   ° 淺  組  家  時  何  物  な  ぐ 
 た  た  の  と   ` ゐ  前  で  我  い  み  建  日  ら  で  組  も 
 の  し  危  し  我  る  の  は  が  國  を  設  と  か  は  織  の 
 は   ` 機  て  が   ° こ   ` 國   ` 必  の  し  の  な  の   °
  ` 建  に  生  國  紀  と  國  の  不  要  印   ` 節  い  誕  近 
 我  國  面  き  が  元  と  が  や  安  と  象  そ  目  が  生  代 
 が  記  し  延  國  節  し  存  う  定  す  を  の  を   ` は  國 
                                                   

                                  に  れ  既  後  民  國 
                                   ` た  成  の  族  が 
                                  そ  時  事  米  精  敗 
                                  の  代  實  軍  神  戰 
                                  時  で  化  駐  が  に 
                                  代  あ  と  留  破  よ 
                                  は  つ  永  に  壞  る 
                                  今  た  續  よ  さ  占 
                                  も   ° 化  り  れ  領 
                                  續  遺  が  占   ` 政 
                                  い  憾  確  領  占  策 
                                  て  な  か  政  領  を 
                                  ゐ  こ  め  策  終  受 
                                  る  と  ら  の  了  け 
                                   °              `

二月十四日、「チョコレート販賣促進日」

  げ  ヘ  當  の  と  執  結  説   ┐ 教  千     こ  チ  女  こ  た  言  ン  日  を  が  ン  で     い  二  
  る  會  ら  網   ゜ り  婚  明  バ  の  七     と  ョ  性  の  こ  ふ  タ  は  聞  し  タ   `    ふ  月  
  ほ  で  な  上  こ  行  禁  に  レ  僧  百   ┐ ら  コ  は  日  と  の  イ   ` き  い  イ  テ  こ   ┐ 十  
  ど  の  い  葉  の  ふ  止  拠  ン  侶  年  バ  し  レ  男  は  が  で  ン  朝  な   ゜ ン  レ  の  チ  四  
  の  結  が  は  あ  た  令  る  タ  だ  以  レ  い  |  性  チ  あ   ` だ  か  が  以  だ  ビ  日  ョ  日  
  効  婚   ` も  た  こ  に  と  イ  と  上  ン   ゜ ト  に  ョ  る  厭   ` ら  ら  前   ` 放  の  コ   ` 
  力  式  こ  と  り  と  逆   ` ン  の  も  タ     を   ` コ   ゜ に  バ  番  作   ` チ  送  數  レ   ┐ 
  を  が  の  よ  の  で  ら  こ  と  こ  前  イ     買  相  レ  理  な  レ  組  業  ラ  ョ  な  日  |  バ  
  持  法  當  り  事  死  ひ  の  は  と  の  ン     ひ  手  |  由  つ  ン  が  を  ジ  コ  ど  前  ト  レ  
  つ  令  時   ` 情  刑   ` 僧  ど   ゜ ロ └      與  の  ト  は  て  タ  變  し  オ  レ  で  か  販  ン  
  て  に  の  詳  に  に  兵  は  ん  あ  |  と     へ  好  販  よ   ` イ  る  て  の  |  は  ら  賣  タ  
  ゐ  よ  ロ  し  つ  な  士   ` な  る  マ  は     な  み  賣  く  ラ  ン  た  ゐ  エ  ト   ┐ 翌  促  イ  
  た  る  |  い  い  つ  の  政  人  網  の   `    さ  に  促  判  ジ  だ  び  た  フ  だ  さ  日  進  ン  
  の  禁  マ  説  て  た  結  府 └   上  キ  い     い  拘  進  ら  オ └   に  ら  エ └   あ  あ  日  デ  
  だ  止  で  明  は  と  婚  の  と  葉  リ  ま     と  は  日  な  を  と   ┐  ` ム  と   ` た └   |  
  ら  を  は  が   ` の  式  兵  い  の  ス  か     い  ら  で  い  消  煩  バ  こ  放   ` バ  り    └   
  う  妨   ` 見  こ  こ  を  士  ふ     ト  ら     ふ  ず   ` が  し  く  レ  の  送  騒  レ  ま     と  
                                             `     `                               


  う   ┐ も  あ  の  に  代  と  取     ん  け  で  る  ン  れ  イ   ┐    知  も  と  ヘ  ん  教   ┐ か  
   ゜ 愛   ` り  特  物  で  は  り     だ   `  ` や └   る └┘ バ     れ  つ  は  家  な  と  古   ゜ 
    └   儀  え  定  を  も  あ  す  こ  風  イ  こ  う  と  イ  や  レ  ロ  な  と  よ  が  事  婚  代  別  
     の  式  な  の  贈   ` る  る  の  に  タ  の  で  か  タ  鞄  ン  |  い  別  く  聖  情  姻  ロ  の  
     次  的  い  日  る  好  ま  日  日  言  リ  チ  あ   ┐ リ  な  チ  マ   ゜ の  あ  人  は └   |  網  
     元  な   ゜ を  の  き  い  だ  は  ふ  ア  ョ  る  バ  ア  ど  ン  人     意  る  と  考  の  マ  上  
     と  日  そ   ` に  合   ゜ と  戀  の  語  コ   ゜ レ  の   `└   の     味  こ  し  へ  記  人  葉  
     は  で  ん  わ   ` ふ  ど  い  人  だ  を  レ  な  ン  商  身  で  名     で  と  て  に  述  の  の  
     別  あ  な  ざ  二  二  こ  ふ  同  ら  わ  |  ぜ  チ  品  に  あ  前     聖  で  後  く  を  結   ┓ 
     の  り  日  わ  人  人  の   ゜ 士  か  ざ  ト   ` ノ  の  つ  ら  だ     人  あ  世  い  見  婚  西  
     次   ` は  ざ  の  に  世  そ  が   ゜ わ  屋  國 └   名  け  う  か     に  る  に   ゜ た └   洋  
     元   ┐  ` 選  事  と  界  ん  贈     ざ  の  語  と  は  る   ゜ ら     な   ゜ 崇  処  限  や  結  
     の  戀  あ  ぶ  情  つ   ` な  り     英  宣  の  言   ┐ 小  土   `    つ  こ  め  刑  り   ┐ 婚  
     話  ひ  る  こ  に  て  い  馬  物     語  傳  文  は  バ  物  圭  本     た  の  ら  さ  で  キ  史  
     で └   と  と  無   ` つ  鹿  を     式  聖  脈  れ  レ  で ┌┐ 來     の  僧  れ  れ  は  リ ┗   
     あ  と  し  な  關  相  の  な  遣     に  人  の  て  ン  知  ト  は     か  は  る  た   ` ス  の  
     ら  か  て  ど  係  手  時  こ  り     讀  だ  中  ゐ  チ  ら  ケ        も   ` こ  宗  そ  ト     
                                                                                   


                 る  マ  く  が  甘  ア  で  か  へ  ン     ア  レ  ん  売  ミ  ン  森  ョ  會  で     
                 劣  ス  れ  て  い  メ  は  な  る  デ     語  |   ` を  を  タ  永  コ  の  あ     
                 等  コ  る  は  味  リ   `└    ゜ |  以  を  ト   ┐ 促  通  イ  製  レ  網  る  日  
                 意  ミ  に  マ  に  カ  ど  精  チ └   上  英  に  バ  進  し  ン  菓  |  上   ` 本  
                 識  人  至  ス  く  語  ぎ  神  ョ  と  を  語  は  レ  し  て  企  で  ト  葉  日  の  
                 が  士  つ  コ  る  と  つ  を  コ  い  ま  式  直  ン  ま  行  画  は └   の  本  チ  
                 見  の  た  ミ  ん  西  い   ` レ  ふ  と  に  接  タ  し  な  を  19  の   ┐ チ  ョ  
                 て  英   ゜ が  だ  歐  の  そ  |  珍  め  讀  の  イ  た  い  新  60  説  バ  ョ  コ  
                 取  語  こ  自  の  趣  で  の  ト  現  る  ん  關  ン   ゜  ` 聞  年  明  レ  コ  レ  
                 れ  や  の  ら  が  味   ` ま  屋  象  と  で  係 └  └   チ  広  昭  に  ン  レ  |  
                 る  西  珍  お  大  を  マ  ま  さ  は   ` 言  は  ち  と  ョ  告  和  は  タ  |  ト  
                  ゜ 歐  現  先  當  組  ス  表  ん  次   ┐ ふ  無  う  あ  コ  な  35   ` イ  ト  屋  
                    風  象  棒  り  み  コ  に  の  の  バ  理  い  僧  る  レ  ど  年   ┐ ン  ・  さ  
                    俗  の  を  し  合  ミ  出   ┐ や  レ  由   ゜ と   ゜ |  の  )   例  デ  コ  ん  
                    に  底  擔  て  は  好  し  賣  う  ン  も  イ  チ  も  ト  マ  に  え  |  コ  の  
                    對  に  い   ` せ  み  た  ら  に  タ  無  タ  ョ  ち  の  ス  バ  ば  と  ア  組  
                    す  は  で  や  て  の  の  ん  言  イ  い  リ  コ  ろ  販  コ  レ   ` チ  協  合  
                        `        `                 ゜                               
(參考)
バレンタインは、どんな人
『西洋結婚史』・「古代ローマ人の結婚」、「キリスト教と婚姻」
「日本チョコレート・ココア協會」の「バレンタインデーとチョコレート」の説明
五月三日、被占領下の憲法記念日

  際  國     た  和  影  の  統  置  的  の  強  正  正  を  亞  制     の  體  制  ら  の  を        五  
  法  の      ゜ 條  響  存  制  か  隔  傳  制  案  を  支  戰  定     も  を  定  さ  經  記        月  
  で  基  占     約  を  在  が  れ  離  統  し  を  命  配  爭  の  現  と  禁  の  ま  緯  念  こ     三  
  堅  本  領     以  永  す  實   `  ` の  た  破  じ  し  に  實  在  に  忌  違  に  は  す  の     日  
  く  法  軍     降  續  ら  施  そ  日  斷   ゜ 棄   ` た  勝  情  ま  曝  と  法  紹   ` る  日      ` 
  禁  制  が     は  的  も  さ  の  本  絶  米  し  我  米  利  は  で  さ  す  性  介  近  日  は     憲  
  じ  を  軍      ` な  秘  れ  實  文   ` 軍  て  が  軍  し   ` に  れ  る   ` さ  年  で  現     法  
  ら  い  政     日  も  匿   ` 行  化  死  の   ` 政  は  て  次  明  る  知  憲  れ  に  あ  在     記  
  れ  ぢ  下     米  の  さ  米  の  の  に  日  米  府   ` 占  の  ら  に  的  法  る  な  る  の     念  
  て  る  で     安  と  れ  軍  た  否  逝  本  軍  が  我  領  や  か  至  怠  を  や  つ   ゜ 憲     日  
  ゐ  こ  憲     保  す  た  に  め  定  き  統  作  作  が  軍  う  に  つ  惰  議  う  て  こ  法        
  る  と  法     條  る   ゜ よ  に  な  し  治  成  成  政  と  で  な  た   ` 論  に  や  の   ┐       
  こ  は  な     約  た  こ  る  厳  ど  者  は  の  し  府  し  あ  つ   ゜ な  す  な  う  憲  日        
  と   ` ど     が  め  の  言  重  に  と   ` 憲  た  に  て  る  た     ど  る  り  や  法  本        
  で  戰  被     結  に  軍  論  な  重  の  我  法  憲  憲  我   ゜  `    が  こ   ` く  の  國        
  あ  時  占     ば   ` 政  統  言  點  精  が  案  法  法  が  大  憲     白  と  そ  あ  制  憲        
  り  國  領     れ  講  の  制  論  が  神  國  を  改  改  國  東  法     日  自  の  か  定  法        
   `                                                                     └         

  年  い  論  意  と  家  の  て  に  ま  ひ  合  ち  る  な  難     て  効  我  全  ら  憲  の  あ  あ  憲  
  寄  物   ` 志  強  訓  家   ` 負  で  に  ひ  に   ゜ 状  し     の  を  が  て  れ  法  や  ら  ら  法  
  り  に  家  で  制  の  の  色  け  持  は  で   ` 澤  況  い  こ  法  宣  國  の  て  は  う  う  う  の  
  が  な  族  書  さ  書  家  々  た  ち  實  ま  特  山  に  概  の  制  言  政  法  き  あ  な  と  と  條  
   ` つ  の  き  れ  き  訓  と  は  出  力  と  定  の  あ  念  事  の  し  府  律  た  ら  法   `  ` 文  
  今  た  中  變  た  換  ま  約  う  し  行  め  の  人  て  を  情  再  て  は  は  の  ゆ  律  惡  不  が  
  の  と  に  へ  の  へ  で  束  は  て  使  る  人  々  は  出  は  檢   `  `  ` で  る  そ  意  利  敗  
  家  喜  は  た  で  は  書  事   ` の  と  努  と  の  め  さ   ` 討  そ  直  そ   ` 法  の  に  で  戰  
  訓  ん   ` と   `  ` き  を  拳  喧  と  力  仲  中  れ  な   ┐ を  の  ち  の  占  律  も  滿  あ  國  
  は  で  昔  言  表  家  換  さ  銃  嘩  な  を  違  で  ば  く  戰  始  上  に  正  領  の  の  ち  ら  民  
  無  ゐ  の  わ  向  族  へ  せ  を  と  り  し  ひ  暮  容  て  時  め  で  日  當  下  基  が  て  う  に  
  理  る  家  せ  き  會  さ  ら  突  な   ` た  が  ら  易  も  國  る  敗  本  性  に  礎  無  ゐ  と  と  
  矢  人  訓  ら  は  議  せ  れ  き  つ  拳  も  あ  し  に   ` 際  べ  戰  國  が  制  と  効  よ   ` つ  
  理  も  よ  れ   ` で  ら  て  つ  た  銃  の  り  て  理  次  法  き  以  憲  疑  定  位  で  う  好  て  
  に  ゐ  り  た  自  決  れ   ` け   ゜ や  の   ` ゐ  解  の └   で  降  法  は  さ  置  あ  と  意  有  
  書  る  も   ゜ 分  め  た  自  ら  喧  刃   ` 話  る  で  や  な  あ  の  の  れ  れ  づ  る   ` 的  利  
  き   ゜ 良  勿  の  ろ   ゜ 分  れ  嘩  物  遂  し  う  き  う  ど  る  全  無  る  た  け   ゜ そ  で  で  
                                                   `  ゜        ゜                   

  我  は  り  憲  當  下  る  れ  法     思  分  友  言  ま  す  の  げ  は  方  直  し  て  家  か  ま  換  
  が   `└   法  性  で   ゜ て  律     を  で  達  ひ  す   ゜ 鍛  ま  取  の  り  た  ゐ  訓  ら  は  へ  
  國  昭  正  の  が  制  占  ゐ  は  占  示  決  だ   ` と  念  錬  す  り  安  が  り  ろ  よ   ` り  ら  
  の  和  當  も  あ  定  領  て   ` 領  し  め  し   ┐ い  の  を  か  上  全  濟   `  ` り  黙  の  れ  
  中  二  性  と  つ  さ  下  も  い  軍  た  た   ` 今  ふ  た  す  ら  げ  は  ん  す  時  も  つ  ひ  た  
  で  十  に  で  て  れ  の   ` か  の  も  も  貴  は  契  め  る   ` ま  守  で  か  代  現  て  と  も  
  の  年  疑  作  も  た  事  法  に  軍  の  の  方  喧  約  に  場  用  す  り  も  し  遅  代  ゐ  は  の  
  法  の  ふ  ら   ` 法  情  律  形  政  で  で  の  嘩  書  何  所  心   ゜ ま   ` た  れ  的  ろ   ` だ  
  的  夏  餘  れ  そ  律  が  そ  式  下  す  す  家  も  を  か  を  棒  貴  す  勝  り  の  な   ` あ   ` 
  行  以  地  た  れ  も  繼  の  的  で  よ  か  の  す  交  あ  差  が  方  か  つ   ゜ 分  家  と  の  と  
  爲  降  が  も  が   ` 續  も  な  制 └   ら  家  ん  は  つ  し  住  の  ら  た  喧  か  訓  か  拳  事  
  の   ` あ  の   ┐ 形  し  の  正  定  と   ` 訓  で  し  た  だ  み  家   ` は  嘩  ら  だ   ` 銃  實  
  正  現  る  で  無  式  て  が  當  さ  言  ご  は   ` ま  ら  し  着  は  危  う  が  ず  か  時  で  を  
  當  在   ゜ あ  効  的  ゐ  無  性  せ  ふ  自  貴  仲  せ  駆  て  い  守  な  は  終  屋  ら  代  撃  言  
  性  ま  そ  る  で  に  る  効  が  ら   ゜ 身  方  の  う  け  貰  て  つ  い   ` り   `  ` 遅  た  ふ  
   ` で  れ  か  あ  は  状  で  保  れ     の  が  よ └   つ  ひ  日  て  道   ┐  ` と  黙  れ  れ  と  
  と  の  で  ぎ  る  正  況  あ  た  た     意  自  い  と  け  ま  頃  あ  具  貴  仲  脅  つ  の  る   ` 
                                                                                   

                    べ  法  た  直  て  て  束  拳  中  押  し  々  を  れ     か  我  扱  事  く  り  
                    き  が  法  ち  貰   ` は  骨  で  し  か  よ  論  る     否  が  ふ  實  行  わ  
                    で  必  律  に  は  差  無  で  條  つ  し  り  ず  や  現  か  國  の  と  爲  け  
                    あ  要  の   ` ね  し  効  毆  文  け   ` も  る  う  在  を  の  み  し  の  占  
                    る  な  無  現  ば  だ  で  ら  を  ら  不  望  こ  に   ` 檢  慣  で  て  有  領  
                     ゜ ら  効  行  な  し  あ  れ  變  れ  當  ま  と  な  憲  討  習  あ  法  効  下  
                       ば  を  憲  ら  た  る  て  更  た  な  し  自  つ  法  す  法  る  的  性  で  
                        ` 宣  法  な  も   ゜ 泣  せ  條  壓  い  體  た  改  る  や   ゜ 行  は  制  
                       新  言  と  い  の  拳  き  う  文  力  状  が   ゜ 正  必  國  個  爲  あ  定  
                       し  す  占   ゜ は  銃  な  と  に  の  態  禁  こ  と  要  情  々  が  る  さ  
                       い  べ  領  我   ` を  が  す  從  元  で  忌  の  い  が  か  の  行  の  れ  
                       憲  き  下  が  當  突  ら  る  ひ  で  あ └   こ  ふ  あ  ら  事  は  か  た  
                       法  で  で  國  然  き  約  こ   ` 無  る  で  と  こ  る  見  實  れ   ゜ 法  
                       を  あ  制  政   ` つ  束  と  そ  理  と  あ  は  と   ゜ て  に  た  そ  律  
                       制  る  定  府  返  け  し  で  の  矢  い  つ   ┐ が      ` 就  と  れ  に  
                       定   ゜ さ  は  へ  ら  た  あ  枠  理  へ  た  憲  言     正  い  し  ら  基  
                       す  憲  れ   ` し  れ  約  る  の  に  る  日  法  は     當  て  て  は  づ  
                                             ゜        ゜                 `     `    

◎占領下で作られた憲法に就いて、法律の專門家の立場から、素人に判りやすく解説したページがあります。是非とも、一讀されることをお勧めします。それは、南出喜久治さんの現行憲法無効宣言問答集です。


  七月二十日 海の記念日

  觀  海  日  た  ら  船  こ  乘   ┐ な     く  な  と  日  七  た  國  昭  に  り  巡  日  頁           
  な  水  で  こ  す  は  と  り  海  知     な  經   ┐└   月  が  民  和  お  に  幸 └   に           
  ど  浴  あ  と  燈  單  を  に  の  識   ┐ つ  緯  海  と  の   ` の  十  着  な  の  は  拠  財     七  
  で   ` る  か  臺  な  記  な  記  は  燈  た  は  の  な  第  平  祝  六  き  ら  帰   ` る  團     月  
  は  海   ゜ ら  の  る  念  り  念  自  臺   ゜ あ  記  つ  三  成  日  年  な  れ  途  明  と  法     二  
  な  洋  海   ` 維  旅  し   ` 日  分  視     つ  念  た  月  十   ┐ に  さ   `  ` 治   ` 人     十  
  く  資  を  海  持  客  た  海 └   に  察     て  日  の  曜  三  海  制  れ  青  燈  九  七  日     日  
   ` 源  記  上  管  船  も  路  は  は  船     も └   で  日  年  の  定  た  森  臺  年  月  本        
  海   ` 念  交  理  で  の  を   ` な └       ` と   ` が  か  日  さ  日  か  視   ` 二  海     海  
  上  海  す  通  に  は  か  御  天  い  に     直  の  現  國  ら └   れ  を  ら  察  天  十  事     の  
  交  の  る  を  用  な   ゜ 利  皇  が  つ     接  間  在  民  は  と  た  記  函  船  皇  日  廣     記  
  通  生  と  重  ゐ  く  し  用  陛   ` い     の  に  の  の   ` し   ゜ 念  館  明  陛  の  報     念  
  に  物  い  視  る   ` か  に  下  思  て     繋  は   ┐ 休  こ  て  平  す  を  治  下   ┐ 協     日  
  重   ` ふ  し  船  海  も  な  が  ふ  の     が   ` 海  日  れ  施  成  る  經  丸  が  海  會        
  き  海  て  た  で  路   ` ら  船  に  具     り  歴  の   ┐ を  行  八  も  て  に  東  の  の        
  を  の  も  記  あ  を  そ  れ  に   ` 體     は  史  日  海  廢  さ  年  の  横  お  北  記  網        
  置  景   ` 念  つ  照  の  た  お     的     な  的 └   の  し  れ   ` で  浜  乘  御  念  上        
                                                   `        `                      


  ふ  を  そ  目  休  月  ど  日  祝  が  自  ん  な  と  記  り  み  紀  國  國  は  節  三     考  國  い  
  あ   ` の  は  日  の   `└   ふ  本  分  で  ど  つ  念  上  や  元  民  の  單  目  月     へ  と  て  
  り  誰  日  何  が  第  元   ` た  來  で   ` が  て  日  げ  成  節  の  祝  に  の  曜  海  る  結  ゐ  
  さ  か  に  で  續  何  來   ┐  ┐ の  そ  祝  あ  記  や  て  り  や  慣  祭  國  日  日  は  日  び  る  
  ま  が   ` あ  く  曜  の  敬  成  目  の  賀  り  憶  海   ` 立  天  習  日  民  で └   常  で  つ   ゜ 
  で  や  名  れ  方  日  節  老  人  的  日  會   ` す  軍  制  ち  長  を  は  を  も  は  に  も  い  海  
  あ  れ  目   ` 向 └   目  の  の  で  の  や  そ  べ  記  度  に  節  制   ` 休  あ   ` 眼  あ  て  に  
  る  ば  に  と  で  と  の  日  日  あ  こ  記  の  き  念  と  關  の  度  正  ま  り  海  前  る  ゐ  活  
   ゜  ` 關  に  變  い  日 └  └   る  と  念  日  重  日  し  聯  や  と  月  せ  え  に  に   ゜ る  き  
  國  名  係  か  更  ふ  を   ` を   ゜ を  行  は  大  な  て  し  う  し  や  る  な  纏  あ     我   ` 
  家  目  あ  く  し  ふ  無   ┐ は  す  考  事  日  事  ど  祝  た  に  て  お  だ  い  は  り     が  海  
  が  が  り  休  て  う  視  體  じ  で  へ  に  常  件   ` ふ  特   ` 是  彼  け   ゜ る   `    國  を  
  國  立  さ  め  ゐ  に  し  育  め  に  た  參  の  を  國  場  定  國  認  岸  の   ┐  `  ┐    の  通  
  民  つ  う  ば  て   ` て  の   ` 小  り  加  仕  思  民  合  の  家  す  の  日  海  如  七     在  し  
  に └   な  よ   ` 國   ` 日   ┐ 正  す  し  事  ふ  全   ` 日  の  る  や  で  の  何  月     り  て  
  号  と  行  い   ┐ 民   ┐└   海  月  る  た  を  場  體  陸  を  仕  場  う  あ  日  な  の     方  諸  
  令  い  事   ゜ 名  の  何  な  の  を  の  り  休  合  に  軍  採  組  合  に  る └   る  第     を  外  
                                    `     `              `  `  ゜                   


  が  第  第  こ  る  に  に  背  を  し  り  ど  と  こ  い  あ  よ  い   ┐    あ  せ  日  い  の  日  し  
  日  三  二  の  こ  休   ` く  求  て  え  と  し  れ   ` げ  り  日  第     る  る └   を  こ  を  て  
  曜  条  条  法  と  む  尤  こ  め  休  な  い  て  を  感  る  よ  本  一   ┐  ゜ と  と  持  と  祝   ` 
  の  に  に  律  と  こ  も  と  て  み  い  ふ  ゐ   ┐ 謝  た  き  国  条  国     い  詐  た  で  ふ  制  
  場  は  は  は  も  と  ら  で  や  を  し  日  る  国  し  め  社  民     民     ふ  稱  な  あ  と  度  
  合   `  `  ┐  ` は  し  あ  ま  取   ` は  が  民   ` に  会  は  自  の     こ  し  い  る  い  と  
  は  祝  祝  三  相   ` い  ら  な  ら  無   `  ` の  又   `  `  ` 由  祝     と  て  日   ゜ ふ  し  
  翌  日  日  条  ひ   ┐ 名  う  い  さ  意   ┐  ┐ 祝  は  こ  よ  美  と  日     は  全  を  し  の  て  
  日  を  の └   反  美  を   ゜ 日  れ  味  記  何  日  記  こ  り  し  平  に      ` 國  指  か  は  全  
  を  休  名  か  す  し  付  勿  本  る  な  念  月 └   念  に  豊  い  和  関     け  一  定  し   ` 國  
  休  日  稱  ら  る  い  け  論  国  こ  日  す  の  と  す  国  か  風  を  す     し  齊  し   ` あ  一  
  日  と  と  な  こ  風  て   ` 民  と  を  る  第  名  る  民  な  習  求  る     か  に  て  特  る  律  
  と  し   ` る  と  習   ` 無 └   は   ┐ 日  何  づ  日  こ  生  を  め  法     ら  休   ` 別  意  に  
  し  て  そ  も  で  を  全  意  の   ` 祝 └   曜  け  を  ぞ  活  育  て  律     ん  み   ┐ の  味   ` 
  て   ` の  の  あ  育  國  味  求   ┐ 日  に  日  る  定  つ  を  て  や └      こ  を  何  意  で  特  
   ` 祝  意  で  る  て  一  な  め  自 └   は └    ゜ め  て  築  つ  ま  に     と  取  々  味  當  定  
  祝  日  味   `  ゜└   齊  日  に  由  と  な  な └    ` 祝  き  つ  な  は     で  ら  の  合  然  の  
         `                                            `     `                      


                                                                 の  の  の  定  る  日  
                                                                 堕  法  名  め  と  の  
                                                                 落  律  を  て   ` 前  
                                                                └   で  借  ゐ  そ  後  
                                                                 を  あ  り  る  の  に  
                                                                 こ  る  て   ゜ 間  一  
                                                                 こ   ゜  ` 何  の  日  
                                                                 に  被  一  の  日  置  
                                                                 觀  占  齊  こ  を  い  
                                                                 る  領  休  と  休  て  
                                                                 思  國  日  は  日  日  
                                                                 ひ  日  を  な  と  曜  
                                                                 が  本  定  い  す  や  
                                                                 す  の  め   ` る  休  
                                                                 る   ┐ る   ┐ こ  日  
                                                                  ゜ 法  た  祝  と  が  
                                                                    律  め  日  を  あ  
                                                                         └         

  八月十五日 大東亞戰爭戰闘停止の日

  の  な  國     は  始  聯  ル  ル  項  本  ス  支  伏  闘  首  艦  續  戰  を  詔     る              
  國  ど  サ      ` ま  合  ル  聯  ヲ  國  ル  配  の  行  席  ミ  き  闘  命  勅     が              
  と  一  ン  ま  昭  つ  國 └   合  實  政  無  下  骨  爲  全  ズ   ` 行  ぜ  を  昭   ` 一     八     
   ` 部  フ  た  和  た  に  と  國  施  府  條  ニ  子  が  権  リ  九  爲  ら  發  和  誤  般     月     
  講  の  ラ   ` 二   ゜ よ  い  最  ス  ノ  件  在  は  完  と  |  月  が  れ  せ  二  解  に     十     
  和  國  ン  昭  十  從  る  ふ  高  ル  國  降  ル   ` 全  し  号  二  停  た  ら  十  の   ┐    五     
  條  を  シ  和  年  う   ` こ  司  爲  家  伏  一   ┐ に  て  に  日  止   ゜ れ  年  多  終     日     
  約  除  ス  二  九  て  我  と  令  適  統 └   切  日  終  降  置   ` し  こ  て  の  い  戰      `    
  が  く  コ  十  月   ` が  で  官  當  治  お  ノ  本  了  伏  い  東  た  れ   ` こ  記  の     戰     
  結   ` に  六  二   ┐ 國   ` ノ  ト  ノ  よ  軍  國  し  文  て  京  の  に  陸  の  念  日     闘     
  ば  聯  お  年  日  戰  へ  こ  制  認  權  び  隊  軍  た  書   ` 灣  で  よ  海  日  日 └      停     
  れ  合  い  九  と  闘  の  の  限  ム  限   ` ノ  隊   ゜ に  重  上  あ  り  軍   ` で  と     止     
   ` 國  て  月  言  終  占  時  ノ  ル  ハ   ┐ 聯  及  こ  調  光  の  る   ` に  天  あ  言     の     
  昭  の   ` 四  へ  結  領  點  下  措  本  天  合  日  の  印  葵  米   ゜ 我  戰  皇  る  は     日     
  和  大  ソ  日  る  の  支  か  ニ  置  降  皇  國  本  時  し  外  海  こ  が  闘  陛   ゜ れ           
  二  多  聯   `  ゜ 日  配  ら  置  ヲ  伏  及  ニ  國  の   ` 相  軍  れ  軍  停  下     て           
  十  數  邦  米    └   が   ` カ  執  條  日  對  ノ  降  戰  が  旗  に  の  止  は     ゐ           
                                                                  `                


  の  こ  國  と     る  で  イ  戰  と  と  が  が  共  國  る  も  表  が     十  戰  態  な  と  和  七  
  閣  の  が  総     こ  ゐ  ン  場  も  で  使  國  榮  の  者   ┐ 現   `    八  爭  を  つ  に  締  年  
  議  戰  行  稱  世  と  る  ド  と   ` あ  用  の  圏  戰  が  太  を  占  さ  日  終  終  た  な  結  四  
  決  爭  ふ  さ  界  は  の  ま  し  大  る  禁  戰  の  爭  ゐ  平  禁  領  て  と  了  結  が  つ  國  月  
  定  は  た  れ  史  不  で  で  た  東   ゜ 止  爭  確  の  る  洋  じ  軍   ` 言  の  し   ` た  と  二  
  で   ` の  る  の  適   ` 東  の  亞  し  を  の  立  大   ゜ 戰  ら  に  こ  へ  日  て  い   ゜ の  十  
   ` 昭  は  一  上  切   ┐ ア  で  戰  か  命  大 └   義   ┐ 爭  れ  よ  こ  る  は  ゐ  ま  ソ  間  八  
   ┐ 和   ` 連  で  で  太  ジ  は  爭  し  ず  義  を  の  大 └   て  り  で   ゜  ` な  だ  聯  で  日  
  今  十  大  の   ┐ あ  平  ア  な  は   ` る └   表  根  東  と  き   ┐ 言     昭  い  に  邦  は  に  
  次  六  東  戰  第  る  洋  の  く   ` そ  の  を  現  幹  亞  矮  た  大  ふ     和   ゜ 我  は  戰  發  
  戰  年  亞  爭  二   ゜ 戰  廣   ` 太  ん  は  否  す  で  戰  小  こ  東   ┐    二  し  が   ` 爭  効  
  爭  十  戰  の  次     爭  い  支  平  な  理  定  る  あ  爭  化  と  亞  戰     十  か  國  後  が  し  
  ノ  二  爭  う  世    └   地  那  洋  事  由  す  の  る └   し  も  戰  爭     七  し  と  に  終  た  
  呼  月  で  ち  界     と  域  大  域  情  の  る  で   ┐ は  て  あ  爭 └      年   ` は  ロ  了  の  
  稱  十  あ   ` 大     通  に  陸  の  が  あ  占   ` 大   ` 表  り └   で     四  大  戰  シ  し  で  
  並  二  る  我  戰     稱  及  か  み  無  る  領   ┐ 東  我  現   ` と  あ     月  東  爭  ア  た   ` 
  ニ  日   ゜ が └      す  ん  ら  を  く  こ  軍  我  亜  が  す  今  の  る     二  亞  状  と  こ  講  
                                                                                   


  が  を  に  へ  そ  に  法  戰        い  日     九   ┐ 突  た  十  で  ら  二  平     那  伴  次  平  
   ` 撃   ` ば  の  伴  的  爭        ふ  は     月  北  事  我  二  あ  れ  月  時  二  事  ヒ  ノ  戰  
  戰  ち  戰   ` 他  ふ  に  の  戰     こ   ┐ 以  二  支  件  が  年  る  た  八  戰   ` 變  生  對  時  
  場  殺  場  兵  の  國  確  名  爭     と  大  上  日  事  で  支  七   ゜ の  日  時  給  ヲ  起  英  ノ  
  で  す  で  と  事  民  定  稱  と     に  東  の  に  變   ` 那  月  な  で  午  ノ  与  モ  ス  米  分  
  な  こ   ` な  項  の  さ   ` は     な  亞  や  は └   政  駐  七  ほ   ` 前  分   ` 含  ル  戰  界  
  い  と  戰  つ  が  權  れ  開   `    る  戰  う   ┐ と  府  屯  日   ゜ 正  一  界  刑  メ  コ  爭  時  
  と  は  闘  た  確  利  る  始  國      ゜ 爭  に  支  命  は  軍  に   ┐ 式  時  時  法  大  ト  及  間  
  こ   ` 行  國  定  義   ゜  ` 家        の  考  那  名  十  と  蘆  支  名  三  期  ノ  東  ア  ビ  等  
  ろ  正  爲  民  出  務  さ  戰  が        戰  へ  事  し  二  中  溝  那  稱  十  ハ  適  亞  ル  今  ニ  
  で  當  と  の  來  の  も  場  行        闘  る  變   ` 年  華  橋  事  は  分   ` 用  戰  ベ  後  付  
  敵  な  し  一  な  有  な  區  ふ        停  と └   さ  七  民  付  變   ┐ ト  昭  等  爭  キ  情  テ  
  國  行  て  人  く  無  い  域  事        止   ` と  ら  月  國  近 └   大  ス  和  に  ト  戰  勢     
  人  爲  敵  が  な  や  と  な  業        の  八  改  に  十  軍  で  は  東 └   十  關  呼  爭  ノ     
  を  で  國  戰  る  効   ` ど  で        日  月  稱   ` 一  と  始   ` 亞  と  六  ス  稱  ハ  推  一  
  撃  あ  の  時   ゜ 力  戰  は  あ       └   十  し  同  日  の  ま  昭  戰  決  年  ル  ス   ` 移   ` 
  ち  る  兵  中  例   ` 爭   ` り        と  五  た  年   ` 衝  つ  和  爭  め  十   `    支  ニ  今  
                           `              ゜               └                        


  り        む  か  の  ウ  と  一  條  は  て  榮  は  て  千  を  ロ  亞     マ  單  に  が  法  大  殺  
   `       つ  ら  き  ラ  つ  方  件  不  ゐ  圏   ` 現  島  破  シ  戰     に  な  檢  盛  な  東  す  
  戰  な     か  奪  つ  ル  て   ` で  法  る  確  敗  在  全  棄  ア  爭  ソ  類  る  討  ん  殺  亞  こ  
  爭  ほ     し  ひ  か  山   ` 膨  返  占   ゜ 立  戰  に  島  し  は  の  聯  す  誤  す  に  戮  戰  と  
  状   `    い  取  け  脈  日  張  還  領  こ  と  國  至   ` て   ` 終  邦  る  解  れ  言  事  爭  は  
  態  英     の  つ  に  以  本  政  し  さ  の  い  な  つ  歯   ` そ  戰   ` も  や  ば  は  件  中   ` 
  は  米     か  た  な  西  か  策  て  れ  や  ふ  が  て  舞  我  れ  處  現  の  無   ` れ  が  に  殺  
  終  支     も  占  り  の  ら  を  貰  て  う  戰  ら  ゐ  色  が  ま  理  在  で  知  い  た  あ  南  人  
  つ  那     し  領  か  本  の  續  は  ゐ  な  爭   ` る  丹  國  で  が  の  あ  や  づ  が  つ  京  事  
  た  な     れ  地  ね  國  占  け  な  る  事  目  事   ゜ 諸  に  の  完  ロ  る   ` れ   ` た  で  件  
  が  ど     な  を  な  ま  領  て  け  領  情  的  實  さ  島  敵   ┐ 了  シ   ゜ 意  も  そ  と  我  と  
   ` と     い  返  い  で  地  來  れ  土  か  を  上  ら  を  對  日  し  ア     圖  證  れ  い  が  な  
  今  の      ゜ 還  の  の  の  た  ば  の  ら  ほ   ` に  不  し  ソ  て  と     的  拠  ら  ふ  軍  る  
  な  講        す  で  縮  放  ロ  な  全   ` ぼ  大   ` 法   ` 中  ゐ  は     な  は  は  反  に   ゜ 
  ほ  和        る   ` 小  棄  シ  ら  て  我  達  東  我  占  南  立  な   `    反  無  具  日  よ  近  
   ` が        の  日  撤  は  ア  な  を  が  成  亞  が  領  樺  條  い  大     日  く  體  宣  る  年  
  占  な        は  本  退   ` に  い  無  國  し  共  國  し  太  約   ゜ 東     デ   ` 的  傳  不   ` 
                              ゜                    `└                              


                                            國  が  速  あ  事  内  議  マ  國  し  占  在  領  
                                            柄  通  や  る  實  に  論  ス  か   ` 領  し  軍  
                                            を  じ  か   ゜ 上  蔓  を  コ  ら  中  下   ` の  
                                            取  る  に  占  の  延  し  ミ  の  共  の  米  根  
                                            り   `  ` 領  占  し  て  の  故  國   ┐ 軍  幹  
                                            戻  理  我  下  領  て  ゐ  後  無  や  日  の  を  
                                            す  性  が  の  政  ゐ  る  ろ  き  韓  本  制  な  
                                            必  的  國  憲  策  る   ゜ 盾  内  國  國  壓  し  
                                            要  で  本  法  が  こ  こ  を  政  な  憲  下  た  
                                            が   ` 來  に  續  と  の  得  干  ど  法  に  米  
                                            あ  自  の  無  い  自  や  な  渉  の └   あ  軍  
                                            る  尊  理  効  て  體  う  が  を  戰  を  る  が  
                                             ゜ 心  詰  宣  ゐ   ` な  ら  許  後  今   ゜ 我  
                                               に  め  言  る  い  風   ` す  獨  も  そ  が  
                                               滿  の  を  こ  ま  潮  幼  人  立  有  の  國  
                                               ち  議  し  と  な  が  稚  々  し  効  た  に  
                                               た  論  て  で  ほ  國  な  が  た  視  め  駐  
                                                      `     `        `        `    

太陽暦十一月三日、明治節

  る  の  が  現  が  が  が  で  は  知  と  十  れ  日     こ  太  
  尊  安  晴  象  晴  造  功  あ   ` ら  の  日  た  で     と  陽  
  敬  ら  れ  で  れ  ら  を  つ  近  れ  多  と   ゜  ` こ   ` 暦  
  の  ぎ  續  あ  る  れ  奏  た  代  て  い  並  こ  以  の  明  十  
  念  や  き  ら  こ  た  し  が  國  い   ` ん  の  前  日  治  一  
  が  明  で  う  と  時  て   ` 家  る  氣  で  日  は  は  節  月  
  よ  治  あ  が  は  代   ` 往  創   ゜ 象   ` は   ┐ 明     三  
  り  期  る   `  ` で  現  時  業  明  の  天  體  明  治     日  
  深  の  こ  明  單  あ  在  の  の  治  特  氣  育  治  天      ` 
  く  先  と  治  な  る  の  人  苦  と  異  が  の  節  皇      ┐ 
  感  人  で  を  る   ゜ 繁  々  難  い  日  晴  日 └   の     文  
  じ  に   ` 思  偶  明  榮  の  の  ふ  と  れ  の  と  お     化  
  ら  對  一  ふ  然  治  の  努  時  時  し  る  十  言  誕     の  
  れ  す  種  日  の  節  礎  力  代  代  て  こ  月  は  生     日  
                                                 └   

  う  な  ふ  明  と  の  を  天  あ  求  の  へ  治  た  で     る  
   ゜ い  我  を  い  で  大  皇  り  メ  御  る  節  の  あ     こ  
     し  が  ど  は  あ  い  を   ` 大  誓  の └   は  り   ┐ と  
      ` 國  ん  れ  る  に  君  外  ニ  文  は  を   `  ` 文  も  
     ほ  の  ど  た   ゜ 奮  主  國  皇  に   `  ┐  ┐ 明  化  事  
     ぼ  方  ん   ゜ こ  ひ  と  の  基   ┐ 誤  文  文  治 └   實  
     定  針  採  外  れ  起  す  文  ヲ  一  り  化  明  期  と  で  
     着  は  り  國  は  た  る  明  振   ` で  の └   を  は  あ  
     し   ` 入  か   ┐ せ  我  を  起  智  あ  日  で  も  民  る  
     た  今  れ  ら  文  よ  が  採  ス  識  る └   あ  つ  族   ゜ 
     と  も  よ  優  明  う  國  り  ヘ  ヲ   ゜ と  る  て  の     
     言  變  う  れ  開  と  の  入  シ  世  五  言   ゜ 變  生     
     へ  は  と  た  化  い  基  れ └   界  箇  ひ   ┐ は  き     
     よ  ら  い  文 └   ふ  礎  て  と  ニ  條  替  明  つ  方     
                                                     

                             一  制  で  も  開  文  も     
                             杯  壓  明   ┐ 化 └   の     
                             の  下  治  文 └   で  が  近  
                             抵  の  節  化  の  あ  明  代  
                             抗  敗  を └   み  る  治  日  
                             で  戰  殘  と  を   ゜ 元  本  
                             あ  日  し  曲  採  國  年  の  
                             ら  本  た  げ  り  是  の  國  
                             う  と  苦  て  上  の   ┐ 體  
                              ゜ し  心  稱  げ  中  五  を  
                                て  は  す  て  の  箇  闡  
                                は   ` る   `  ┐ 條  明  
                                 ` 米  こ  し  文  御  し  
                                精  軍  と  か  明  誓  た  
                                                     
  參考 五箇條御誓文
太陽暦十一月二十三日、勤勞感謝の日

 感  物  自  の  祭  御  に  お  地  ア  殿     日  太 
 謝  を  然  働 ┌┐ 即  い  ん  祗  マ  で        陽 
 す   ` の  き  ダ  位  な  自 ┌┐ テ   ` こ     暦 
 る  自  惠  を  イ  の  め  ら  テ  ル  今  の     十 
 こ  ら  み  感  ジ  後  ま  味  ン  オ  年  日     一 
 と  味  に  謝  ョ  の  つ  は  シ  オ  収   `    月 
 で  は  應  す  ウ  初  り  れ  ン  カ  穫  天     二 
 あ  ふ  へ  る  サ  め └┘ る  チ  ミ  し  皇     十 
 る  て  て  と  イ  て  と   ° ギ └┘ た  陛     三 
  °  ` 働  い └┘ の  い  こ └┘ を  米  下     日 
    自  い  ふ └   場  ふ  れ  に  は  を  は      `
    然  た  事  と  合   ° を  お  じ  天  皇     勤 
    の  末  で  い  を  特  新  供  め  照  居     勞 
    惠  の  は  ふ   ┐ に  嘗  へ   ` 大  の     感 
    み  成  な   ° 大  天  祭  し  天  神  神     謝 
    に  り  く  人  嘗  皇 ┌┐ て  神 ┌┐ 嘉     の 
           `              `               

 ゐ  明  は  離  せ  の  中     征  の  天  の  天    
 る  に  反  れ  よ  祝  に     服  神  照  祖  皇    
 が  憧  對  て  と  日  は  西  さ  々  大  先  こ  天 
  ` れ  で  人  の  に   ` 洋  れ   ° 神  神  と  照 
 こ  て  あ  の  異  し  五  の  た  地  を   °  ` 大 
 れ   ` る  勞  見  て  月  文   ` 祗  は  天   ┐ 神 
 に  収   ° 働  も   ` 朔  明  こ  は  じ  神  か  は 
 も  穫  ま  に  あ  勤  日  に  の   ` め  は  む   `
 反  祭  た  重  る  勞  の  あ  國   ┐  `  ┐ や  天 
 對  云   ` き  が  感  メ  こ  々  あ   ┐ あ  ま  皇 
 で  々  キ  を   ` 謝  |  が  の  ま  あ  ま  と  家 
 あ  と  リ  置  自  の  デ  れ  土  つ  ま  つ  い  の 
 る  言  ス  く  然  日  |  る  着  か └   か  わ  祖 
  ° ふ  ト  見  の  を  を  人  の  み  の  み  れ  先 
    人  教  方  惠  廢  國  々  神 └   一 └   び  神 
    も  文  に  を  止  民  の  々  に  族  で  こ  武 
                          °        `└     

太陽暦平成年十二月二十三日  天皇陛下御誕生日

 と  上  る  良   ┐ と  も  の  で  下  て  日   ┐          太 
└   げ └   い  我 └   な  和  お  で  は  は  天           陽 
 が  て  こ  場  々  が  ら └   祝  あ   `  ┐ 長  天     天  暦 
  ┐ ゐ  と  所  の   ┐ な  と  ひ  り  國  地  節  皇     皇  平 
 人  る  で  に  立  天  い  い  す   ` 全  久 └   陛     御  成 
 の  人  あ  立  つ  の  時  ふ  る  そ  體  節  と  下     誕  年 
 和  が  る  つ  大  時  の  が   ° れ  を └   言  が     生  十 
 を  お   ° こ  地  を  巡   `  ┐ 故  代  と  ふ  お     日  二 
 得  互   ┐ と  の  得  り   ┐ 天  に  表  言   ° 生        月 
 る  ひ  こ └   位  る  合  人  の  お  す  ふ  皇  ま        二 
└   に  の  が  置 └   は  の  時  誕  る   ° 后  れ        十 
 こ  仲  世   ┐ 關  こ  せ  力   ` 生  お  我  陛  に        三 
 と  良  の  地  係  と  に  で  地  日  人  が  下  な        日 
 で  く  中  の  の  で  出  は  の  を  が  國  の  つ          
 あ  す  を  利  中  あ  逢  ど  利  國  天  に  お  た          
 る  る  作  を  で  る  ふ  う   ` 全  皇  お  誕  日          
  ° こ  り  得   `  ° こ  に  人  體  陛  い  生  で          
                                         `         

 あ  味  類  無  時  原  れ   ┐ 幾  よ  ら  治  も  か  く  り  少 
 る  で  の  い  の  點  れ  時  久 └   み  者  の  ら  と  合  な 
 皇  あ  死  時  無  も  ば  の  し  と  こ └   だ   ┐ 考  ふ  く 
 后  る  に  も  い  改   ` 司  く  祝  と  を  と  と  へ  た  と 
 陛   ° 絶  な  大  ま  時 └   榮  ふ └┘ 意  の  き  ら  時  も 
 下  そ  え  い  地  る  を  の  え  こ └   味  考 └   れ  に   `
 の  こ  た   ° は   ° 測  象  る  と  の  す  へ  は  て   ` こ 
 存  で  時  勿  あ  そ  り  徴  こ  に  御  る  が   ┐ 來  全  れ 
 在   ` 間  論  り  れ   ` で  と  よ  長   ┐ あ  天  た  て  ら 
 を  天  空   ` 得  が  時  あ  を  り  壽  天  り ┌┐  ° が  三 
 母  皇  間  人  な   ┐ を  る  願   ` を  皇   ` あ  我  恙  つ 
 な  陛  の  の  い  改  示  天  ふ  こ   ┐┌┐  ┐ ま  が  な  の 
 る  下  概  ゐ  し  元  す  皇  の  の  あ  あ  あ └┘ 國  く  條 
 大  の  念  な   `└   物  が  で  世  ま  ま  ま └   で  進  件 
 地  お  は  い  大  で  差  交  あ  の  長  つ  族  が  は  ん  が 
 に  后  無   ` 地  あ  し  替  る  中  ら  す  の  司  大  で  重 
 な  で  意  人  の  る  の  さ   ° が  え  め  統  る  昔  行  な 
                 °                                 

 し  が  る  産  と  け  を  さ  中  で  ゐ  月  死  記     の  ぞ 
 て  國  わ  ま  し  る  始  れ  斷  あ  な  何  ん ┗      が  ら 
 祝  で  け  れ  て  こ  め  る  す  る  い  日  だ  に  我   ┐ え 
 ふ  は  で  て  歴  と  ら  が  る  か   ° に  と  は  が  地  て 
 こ  人  は  直  史  に  れ   `  ┐ ら  歴  産  言   ` 國  久   `
 と  の  な  ち  を  よ  る  人  死   ` 史  ま  ふ  誰  最  節   ┐
 は  産  い  に  刻  り  わ  は └   そ  は  れ  こ  そ  古 └   地 
 な  ま   ° 社  む  徐  け  産  は  の  人  た  と  れ  の  で  の 
 か  れ  そ  會  存  々  で  ま  重  人  の  と  は  は  歴  あ  幾 
 つ  た  の  的  在  に  は  れ  要  の  事  い  書  何  史  る  久 
 た  日  た  な  に  人  無  る  で  事  業  ふ  い  年  書   ° し 
 や  を  め   ┐ な  間  く  と  あ  業  を  こ  て  の  で     き 
 う  特   ` ひ  る  社   ` す  る  を  記  と  あ  何  あ    └  
 で  別  古  と  の  會  ヘ  ぐ  か  強  録  は  る  月  る     を 
 あ  な  來 └   で  の  育  に  ら  制  す  書  が  何   ┓    願 
 る  日   ` に  あ  一  を  事  記  的  る  い   ` 日  古     ふ 
  ° と  我  な  り  員  受  業  述  に  物  て  何  に  事     た 
              `                                    

 ヘ  滿  我  へ  に  大  も  な  利  へ  ふ  人  産  は  き  に  そ 
 育  年  が  方  産  雜   ┐ け  の  る  こ  が  ま   ` た  は  の 
 義  齢  國  が  ま  把  ど  れ  發   ° と  何  れ  予   °  ` こ 
 務  で  は  重  れ  な  の  ば  生  し  は  月  る  定  科  滿  と 
 を  區  西  き  た  こ  年  な  や  か   ` 何  こ  日  學  年  か 
 定  切  歐  を └   と  に  ら  繼  し  そ  日  と  よ  的  齢  ら 
 め  り  的  な  と  よ  産  な  承   ` ん  何  は  り  に  で   `
  ` を  な  し   ` り  ま  い  の  近  な  時  し  も  考  は  人 
 あ  付  法  て  詳  も  れ  こ  日  代  に  何  ば  早  へ  な  の 
 る  け  制  來  し   ┐ た  と  時  法  重  分  し  く  て  く  年 
 い  て  度  る  く  何 └   か  を  制  要  に  ば   ` も   ` 齢 
 は   ` を   ° 記  日  と  ら  嚴  で  で  産  で  あ   ` 數  を 
  ` 兵  取  明  す  の  い   ` 密  は  は  ま  あ  る  人  え  數 
 人  役  り  治  と  何  ふ  ど  に   ` な  れ  り  い  の  で  え 
 の  義  入  以  い  時  や  う  確  人  い  た   ` は  出  示  る 
 死  務  れ  來  ふ  何  う  し  定  の  と  と  そ  遅  産  し  と 
 亡  や   `  ` 考  分  な  て  し  權  言  言  の  く  に  て  き 
                                                   

 な  る  九  ま  は  月     を  日     る  ご  へ  考  人  す  時 
 表   ° 日  た  現  三     か  を      ° く  方  へ  の  る  刻 
 現  い  は   ` 在  日  な  ぶ  祝  天     最  は  る  誕  な  や 
 と  づ   ` 昭   ┐ は  ほ  せ  ふ  皇     近   ` と  生  ど  出 
 言  れ  現  和  文   `  ` た └   誕     の  歴   ` 日  と  生 
 へ  も  在  天  化  か  明  も  こ  生     も  史  我  が  定  時 
 よ   `  ┐ 皇  の  つ  治  の  と  日     の  的  が  重  め  刻 
 う  意  緑  の  日  て  天  と  に  は      ` な  國  き  た  に 
  ° 味  の  お └   の  皇  い   `  `    い  も  で  を  こ  從 
 せ  の  日  誕  と  明  の  へ  宮  西     は  の  は  な  と  ひ 
 め  通 └   生  言  治  お  よ  中  歐     ば  で  誕  し  に   `
 て  ら  と  日  は  節  誕  う  の  の     流  あ  生  て  よ  相 
  ┐ な  言   ` れ  で  生   ° 節  概     行  り  日  き  り  續 
 明  い  は  四  て   ` 日     会  念     り   ` と  た   ` 權 
 治  不  れ  月  ゐ  こ   `    の   ┐    物  そ  い   ° 國  が 
 の  適  て  二  る  の  十     概  誕     で  れ  ふ  か  民  發 
 日  切  ゐ  十   ° 日  一     念  生     あ  も  考  う  各  生 
└                                                  

                                              る   `
                                               °  ┐
                                          ┌┐    昭 
                                           平     和 
                                           成     の 
                                           十     日 
                                           四    └  
                                           年     と 
                                           十     で 
                                           二     も 
                                           月     改 
                                           二     め 
                                           十     る 
                                           六     べ 
                                           日     き 
                                            `    で 
                                           記     あ 
                                          └┘      

「煩惱菩提」の玄關頁
この網上頁の履歴
○平成二十九年四月二十三日、電子飛脚の宛先更新。
○平成十九年拾月弐拾七日、電子飛脚の宛先更新。
○平成十七年八月十日、「八月十五日 大東亞戰爭戰闘停止の日」の項目を追加。
○平成十七年七月十五日、「七月二十日 海の記念日」の項目を追加。
○平成十七年七月十一日、「憲法記念日」の項目に、「現行憲法無効宣言問答集」への引き紐を追加。
○平成十六年二月六日、「二月十四日「バレンタインデー」といふ「チョコレート販賣促進日」」の項目を追加。
○平成十六年一月三十日、更新。
○平成十六年一月二十六日、「五月三日憲法記念日」の項目を追加。
○平成十六年一月十九日、「一月一日から十五日」の項目を追記。
○平成十五年十一月朔日、「明治節・文化の日」の項目を追加。
○平成十五年十月二十八日、電子飛脚の宛先更新。
○平成十四年十二月二十七日、「天皇御誕生日」の項目を追加。
○平成十四年十一月二十六日、「勤勞感謝の日」の項目を追加。
○平成十四年十一月十四日、體裁を一部更新。
○平成十四年十月十九日、更新。
○平成十四年二月十一日、掲載。
御意見、御感想をお寄せ下さい。電子飛脚は、各ページの著作権者名またはこの★を押してお送り下さい。(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)
★ 御 注 意 ★
  この網上葉(ページ)およびここから繋がる『煩惱菩提』に所屬する網上葉(ページ)の著作權は下記に記した者が保有してゐます。これらの内容を閲覧するために、網際(インターネット)上から自分の機械へ電氣信號(データ)を取り込んで展開すること、ならびにその情報(データ)を網際通信(インターネット)を切斷して閲覧するために保存することは出來ますが、それ以外のいかなる複製・複冩・印字・譲渡・貸與行爲をも禁止致します。ご利用の際は事前にお申し込み下さい。
  ○引き紐を着けること(リンク)は御自由です。

著作權者    坊垣河原雲陳(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)  平成十四年、乃至平成二十九年
CopyRight © 2002 - 2017  Bonngaikawara Unntinn

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO